こどもの国支線

今回のこのページでは、他では余り紹介されていない 廃線跡@東急こどもの国線の支線であった 「こどもの国支線・弾薬輸送線(ウチが勝手に命名し た名前なので、他に正式な名前があるかもしれません w)」 を紹介して行くページですw。 こどもの国線は、今でこそ通勤輸送&こどもの国への 行楽客の輸送という名目で運行され、5年前に通勤線 化されて以来好評を博しているようでありますが、開 業当初は今現在の運行する名目とは全く逆とも言える ・・田奈弾薬庫(現こどもの国)から弾薬を輸送する 為の貨物線として開業した経緯があり、今の旅客主体 の業態からは想像が付きがたい輸送業務をこなしてい ました。 弾薬輸送線開業当時は長津田厚生総合病院の辺りに軍 事貨物ヤードがあった様で、そこに延びていた支線が ありました。 こどもの国線本線&支線は、前述しました通り戦争中 に弾薬を輸送する為に使われていた路線で、地下弾薬 庫が点在している場所がこどもの国となった現在は、 ほぼ全くその痕跡が残っていないので、気が付いた人 はごく僅かであると思います。 まず・・本線も含めたこの路線の現在の全体像なんで すが、東急田園都市線&JR横浜線の長津田駅を起点( 田園都市線へは保安装置の規格さえ対応していれば直 通可能です)とし、恩田駅(旧名・恩田信号所)を挟 んで終点のこどもの国駅までの全長3.4kmの短い3セ ク路線です。 運行形態としては横浜高速鉄道が資金運用&経営をし 、列車運行業務と駅務と保線&車両の定検と全検を東 急に委託している様です。 まず、長津田駅を出て最初の支線分岐ポイントは、長 津田駅出発後すぐの右R165カーブを抜けた所にあ る踏み切りを、ちょっと通り越した所の進行方向右側 に不自然に広がったマンション裏手の敷地があると思 います。 長津田駅寄りから分岐地点を望む(P11) 恩田駅寄りから分岐地点を望む(P10) そこから分岐していた路線がまず一つ目の支線だった のですが、今回は余りに昔の話過ぎて資料不足だった ため、残念ながら路線図等の詳細は割愛しますw。 ウチのお爺さんが生きていた時に聞いた話によると、 弾薬を行き先別に仕分ける為の軍事貨物ヤードがあっ たとの事です。 そして今回紹介する二つ目の支線の分岐ポイントなんですが、恩田駅下りホームを出発して二つ目の踏 み切りの少し手前に、草に埋まっている分岐していた線路が撤去されずに残っています。 これがその分岐地点の写真です(P9) この分岐地点と踏切を挟んだ反対側に当時使われていたと思われる錆び付いた鉄橋があります。 そのガーダーの向こうには往時敷かれていた物と思われるレールが放置されています。 ちょっと写真が切れていて見えないのですが、このガーダーの右側には線路が未だ残っています。 (草に埋まっていて見えませんが・・) 錆付いた鉄橋の写真です(P8) この鉄橋から奈良橋バス停付近まで本線と並走しています。 この分岐の部分に何故か一本だけ線路が取り残されており、ここが嘗て弾薬庫へと向かう支線との分岐 点であった事を物語っています アスファルトに埋められた線路(P7) ここからは文献や資料・痕跡が著しく乏しいので、憶測を交えた説明となりますw。その為内容や写真 ・線路のあった現場近辺の状況についても真相が判り次第書き換えて行きますw。 ここから下の写真の向きは、P1と航空写真を除いてすべて第2駐車場方面から分岐点方向を見た写真と なります。 途中、住吉神社の辺りから障害物(マンションや民家など)があって調べられなかった部分があり、そ の場所については少し場所を移動して撮影してあります。 この分岐点を過ぎた後に再度奈良川を超えて、今の「こどもの国第二駐車場」の辺りまで線路が続いて いたと思われ、元弾薬庫だったトンネルの近くまで線路が続いていた様です。 川を越えた所に2車線の道路があり、緩やかに第2駐車場方向にカーブしているので恐らくここが線路 跡であろうかと思われます。 川を越えた(であろう)地点(P6) 川を越えた所からは、分岐した本線の延長線上にある住吉神社を掠める様な形で線路が敷設されていた と思われ、事実下の写真の地点の手前から緩やかに右にカーブしていっています。 住吉神社を掠める様にカーブしている地点(P5) この場所を通過して緩やかなカーブを曲がりながら、住吉神社の前或いは横を掠めて行った物と思われ ます。 何故そう思うのかと言うと、そうすれば弾薬庫の裏手(こどもの国の裏門&第2駐車場)までほぼ 直線で行ける為です。(確証が在る訳では無いんですが・・w) 緩やかな右カーブの途中(P4) このカーブを抜けて住吉神社を掠めた後は、こどもの国臨時入場口辺りまでほぼ真っ直ぐな道のりが続 きます。 実際にこの場所に行って見ると、何となくではありますが鉄道敷跡であるかの様な趣があります。 カーブを抜けた後(P3) ここからは少しの間景色が一変しますw。周りを見渡すと民家と工場がポツリポツリあるだけで、後は 木と温室しかありません。(^^; 少しの間だけ景色が一変する場所w(P2) そしてここが弾薬の積み下ろし場所であったと思われる場所です。 この奥の入り口(こどもの国の第2駐車場側の入り口です)から入ってすぐの左側に、元弾薬庫であっ たとされているトンネルがあります。 (場所についてはうろ覚えなんですが・・・w) 弾薬積み下ろし場所であったと思われる場所(P1) 最後にちょっとした参考資料として、ウチの本家に眠っていた航空写真に弾薬輸送線の線路が写ってい たので、その画像を掲載しておきますねw。(見易い様に赤い線を引いてあります) 一つ目の支線の航空写真 二つ目の支線の航空写真 作成年月日 2005年5月8日 茸 2005年5月9日・内容文の一部を変更&追加、写真を追加。