REAL McCOY'S JOE McCOY
926



ジェット・リンクTee 2008をインナーに(^^;




 ■定価/33,600円
 ■サイズ 46
 ■購入先/ソウエン(北海道)
 ■購入日/1998年
 今やKINJIROといえばフライトジャケット、A-2野郎の男前ですが(´ー`) 元々はジーンズ野郎であり、ジーンズスタイルに合うジャケットの一つとしてフライトジャケットが好きなわけで、我がスタイルとして最も優先すべきはジーンズなのです。
 どんなにフライトジャケットに合うとしてもチノパンは穿きません。

 そんなキンちゃんが、初めて気合を入れて買ったアメカジのジャケットがジージャン、リーバイスの70505でした。
 まだ当然のようにアメリカで作られていた時代、501は当たり前に赤耳だった1980年のことです。

 その、13歳の頃に買ったリーバイス70505は、19歳まで普通に着ていて、いい感じに擦れていたのだが、ある日横堀君という友人に「貸してくれ」と持っていかれたきり、21年音沙汰がありませんが(-_-;)

 それでもまあ、好きなのでめげずに70505はもちろん、ヴィンテージの507、557、557-70505等を手に入れ、それなりに着ていますが、やはりこの10年ちょいはジージャンの季節にA-2を着ることが多く、中々ジージャンもいい風合いに仕上がりません(^^;
 カバーオールなんかも全然だめ(≧▽≦)

 そんなキンちゃんが、唯一といっていいほど着込んだジージャンがこれ、ジョーマッコイの926です。
 まあ、まだ色濃いですが、肘の関節の皺落ちがいい感じに仕上がっています。勿論通常着用のみで、加工はしていません。
 ヴィンテージみたいでしょ(^^

 ジョーマッコイのジージャンは、921、925、そしてこの926という基本モデルがあり、他にもXHがあったかと思います。
 921は901、925は905、そしてこの926は906と同じデニムを使用しています。

 実は最初に921を買ったんだけど、あのズドンドカンとしたシルエットがどうも馴染めず、7年前にヤフオクで売ってしまいました(^^;

 前述の通り、ジージャンの季節にはA-2を着ることが多いため、ここまで色落ちさせるのは大変で、実に9年かかっています(^^;
 北海道のソウエンさんがリアルマッコイズを取り扱い始めて間もない98年に入荷したものを買ったのでした。

 一番驚いたのはサイズですね(^^;
 これ、46なんですよ。
 46というとジョーマッコイのジージャンの最大サイズなんです(≧▽≦)
 それでもね、A-2換算で40〜42というところです。
 A-2で42がピタピタ〜44以上という人はまず着れないでしょう。

 ソウエンさんで最初42を着て、着用不可能(^^;44だとピタピタ、そしてこの46で程よいというサイジングでした。マッコイLeeの101Jも46です。

 ちなみに、私のヴィンテージのジージャンサイズは、リーバイス・リーいずれも44がジャストです。
 実物の507と101Jはいずれもサイズ42ですが、かなりタイトです。

 もうジーンズは買わない・・・というのがキンちゃんの口癖ですが、ジージャンこそもう要らないだろうなあ(^^;
 それでも、ジージャンはA-2と共にきっと生涯愛用するアイテムですね。

 よくジージャンにジーンズというスタイルを野暮ったいとかダサいとか言うマヌケがいますが、とんでもない暴言です。
 デニムの上下はアメカジの基本!
 これでビシッと決められてこそ一流でしょう。

 アメカジ野郎なら、ジーンズは勿論だけど、ジージャンも一枚くらいはいい感じに育てたいものです。
 

※2008年6月9日 画像リニューアル

2007.8.29〜