ブーフーウーの章

HOME60〜80年代Q&A恐怖編アイドル燃える闘魂リンク集掲示板こども教育↑back↓next

番組進行役のお姉さん「さとみさん」(演・「里見 京子」) 「ブー」と「フー」と「ウー」と「おおかみさん」 bufu025.jpg (12980 バイト)


『ブーフーウー』の序章…

bufu01.gif (23252 バイト)1960(昭和35)年から1967(昭和42)年<最終回は、1967年3月27・28日に本放映>までの約6年半もの間、NHKの人気こども教育番組おかあさんといっしょの中で月曜日と火曜日のAM10時からのニュース後〜10時30分(同日、PM3時からのニュース後〜3時30分は、朝の再放送)に放送されていたbufu015.jpg (11519 バイト)正味15分間の「人形劇のコーナー」として、放送されておりましたのがぬいぐるみ人形劇の元祖ブーフーウーなのであります…。番組は、最初に番組進行役のお姉さんさとみさん(演・「里見京子」〜『ブーフーウー』の3兄弟や「ペロちゃん」などは、現代のこども番組の様に「さとみお姉さん」…とは呼ばず、「さとみさん」と淡白に呼んでおりました)と、オウム?だったかのペロちゃん声・「堀 絢子」)が登場…。「皆さん!こんにちは!ブーフーウーの時間です。さあ〜番組を始めましょう!」…と、まずは一言。そして、かばんの中から「ブー」と「フー」と「ウー」の3匹の子豚の人形を取り出して、3匹子豚の小さなお家の前にセッティングし、「じゃあ、ネジを回して…」と、いきなり壁にあるゼンマイのネジの様なハンドルを「さとみさん」が回し、「ペロちゃん」がネジの上にあるボタンを押すと、「ブー」、「フー」、「ウー」の3匹の子豚に生命が吹き込まれ、「さとみさん、ペロちゃん、こんにちは〜!」…と、着ぐるみの人形に変わり、動き出して『ブーフーウー』の楽しい世界の物語が始まるのでありました。

『ブーフーウー』の登場キャラ&おおかみさんについて…new-up.gif (2567 バイト)

bufu013.jpg (8392 バイト)メキシコの片田舎に住んでいる3匹のこぶた長男でブ〜ブ〜ブ〜のブツブツ屋のブー「ドラえもん」の「大山のぶ代」は、いばりん坊でわがままでいつもブツブツ怒ってばかりいる。bufu009.jpg (9772 バイト)次男でフ〜フ〜フ〜のくたびれ屋のフー「パーマン」の「三輪かつえ」は、泣き虫で弱虫、いつもフーフー言っている。末っ子でウ〜ウ〜ウ〜の頑張り屋のウー『徹子の部屋』の「黒柳徹子」)は、しっかり者で、いつも元気。3匹の性格はそれぞれ違うけれど、小さなお家で、なかよく楽しく暮らしておりました…。後、その他の人気登場キャラとして、3匹とからむ乱暴なおおかみさん「永山一夫」〜この着ぐるみ人形の中に入って熱演していたのは、意外な事に岡崎友紀さんのママはライバル1972・大映)番組中、国際線パイロットのパパ役で有名な、今は亡き、名俳優の高橋悦史さんだったそうです…。情報提供熱狂的な「おおかみさん」ファンの「アン」さん

「おおかみさん」は、いつも3匹をいじめようと企んでおり、「おおかみさん」が登場する時に流れる歌の題名は、解らないのですが「おおかみさん悲哀の歌」の存在…。「誰も俺の事を解かっちゃくれない〜?」…みたいな歌を歌いながら、のたうちまわりながら「おおかみさん」が登場して来るのが、本来であれば何とも可愛そうなシーンなのですが、子供の私には、何故かとってもおかしかったのでもありました…。

「ブーフーウー」でおおかみさんの声を担当していた”永山一夫”さんは、北朝鮮(朝鮮民主義人民共和国)へ向けて新潟港(北朝鮮へ向かう船はすべてここから出ていました)から帰った行ったそうです。これは新潟港まで見送りに行ったウーの声を担当した黒柳徹子がテレビで何回か話しているのを見ました。昨今の北朝鮮事情を考えると生死すらわからない状態ではないのでしょうか。またその他の出演番組は「遊星少年パピー」の怪力の”ストロング”の声も担当しておりました。声だけでなく顔も出しているものとなるとほとんどが単発のもです、しかしそのなかで唯一(私の知る限りでは)レギュラー出演だったのは「ゼロ戦黒雲隊」という番組です。これは萱沼洋原作の戦争物で、今は時代劇で悪い旗本などの役が多い”亀石征一郎”が主演、”石井伊吉”(現・毒蝮三太夫)が三番目にクレジットされていて、かれは二番目にクレジットされていたので準主役というところでしょうか。情報提供「キャプテンK・K」さんnew-up.gif (2567 バイト)

狼さんは永遠に〜その後、どうしても狼さんのことが気になり、無理を承知で黒柳徹子さんにお便りしました。そしたら、お返事を頂戴しました(お忙しいのに黒柳さんって、やっぱりすごい方ですね)。ユニセフの親善大使やTVスターを探す番組とかで、おおかみさんの消息を尋ねることができないかどうか、と。そしたら、やはり、今はまだ難しいそうです。そして悲しいことに、狼さんは本当に数年前に他界されてしまったそうです。黒柳さんがお二人とも亡くなってしまって、悲しいとおしゃってました。もう、おおかみさんにお会いすることはできませんが、おおかみさんは、やはり元気でいつまでも、いつまでも私の中で、永遠に元気なままです。おおかみさんファンの皆様も、おおかみさんの事を忘れないで下さいね。情報提供「アン」さんnew-up.gif (2567 バイト)

確かに永山さんは最後の船で北朝鮮に帰られたそうです。そのときはNHKと二元中継をしたそうです。ただ、番組終了後暫くしてから帰国されたそうです。共演者は最後まで北朝鮮の方と言うことを知らなかったそうです。朝鮮人の名前では、朝鮮人差別があるのでNHKに受からないと、たまたま赤提灯で出会った気の良い日本人が「じゃあ、わたしの名前を使いなさい」と言ってくださりNHKを受けたそうです。悲しいいですね。このことは帰る間際にわかった事で当時週刊誌などで話題になったそうです。そして、帰国されるときは奥様と別れ、お二人のお子さんを連れ帰られたそうです。そして、やはり数年前に亡くなったそうです。お子さんは医学の勉強をされているということですがこれは定かでない。ということです。ユニセフの親善大使で、行こうと何度か試みられているそうですが、TVカメラとかがあり、黒柳さんの身の安全が確保できないと言うことでなかなか実現しないそうです。情報提供「アン」さんnew-up.gif (2567 バイト)

オオカミさんはビスケットが大好きで、よくお姉さんからビスケットを貰っていましたよね。僕もその場面が始まるとビスケットが食べたくなったものです。 それから出演したキャラクターに怖くない幽霊がいましたよね。「私はゆ〜れ〜、私はゆ〜れ〜、私はみ〜んなを、おどかしま〜すよ。…」と歌っていました。この後の歌詞をご存知の方はどなたかいませんか?情報提供「munoujin」さんnew-up.gif (2567 バイト)

ノッポさんがしゃべった日という高見 映さんの著書を古本で購入して読んでいたのですが、ブーフーウの狼さんの着ぐるみに高橋さんが入っていたのはHPで検証済みですが、その後高橋さんが本格的な役者修行の為途中で降りられその後、高見さんが狼さんの着ぐるみの中に入っていたそうです。同時期に放送していた黒柳さん司会の『魔法のじゅうたん』でも高橋さんが道化役をされてたのですが降りられ高見さんに道化役が回ってきたそうです。高見さんは『できるかな』のノッポさんからさかのぼってはるか昔から初期のNHKの子供番組に関わっているのには正直言って驚いたのと同時にのちにピンポンパンの新兵ちゃんの名で誰でも知っている坂本新兵さんも『魔法のじゅうたん』で道化役をされていたそうで、のちに2人とも子供達の人気者になられ私なんかそのビックな子供番組の世代ですから幼い日の思い出もあるので、この2人は懐かしい子供番組には欠かせない人達です、本当に。まだ本全部通して読んでいないのでまた情報あったら提供させて頂きます。情報提供「亜紀」さんnew-up.gif (2567 バイト)

bufu02.gif (25428 バイト)主題歌『ブーフーウーの歌』(TV放送バージョン)…

ブ〜♪フ〜♪ウ〜♪3びきの〜こ〜ぶ〜た〜♪
1番上が〜ブ〜♪ブ〜ブ〜ブ〜のブツブツ屋〜♪
2番目が〜フ〜♪フ〜フ〜フ〜のくたびれ屋〜♪
1番下が〜ウ〜♪ウ〜ウ〜ウ〜のがんばり屋〜♪
ブ〜フ〜ウ〜♪ブ〜フ〜ウ〜♪3匹のこ〜ぶ〜た〜♪

…以上ですが、その他にもこの『ブーフーウー』には、楽しい劇中歌(ちなみに最終回には、『おおかみさんの歌(登場版といじわる版)』や『じゅんばんの歌』などが挿入されておりました)などがたくさんありました。『ブーフーウー』の歌は現在、タイトルは、ちょっと違うかもしれませんが、『おかあさんといっしょ40周年』だったかの記念CDが発売されており、その中に当『ブーフーウーの歌』が原盤で収録されていますので、興味のある方は、是非!チェックしてみて下さいネ。

『ブーフーウー』のあっけない最終回のお知らせ…

「さとみさん」がいつも通り「ブーフーウー」の3兄弟達と物語を楽しく進行し、そして番組もエンディングにさしかかって来た所で、いきなり!みんなの前に半透明のおばけゆうれいさん声・「八木光生」が現われ、六年半続いてきたブーフーウーは、今日でテレビはおしまいです…。でもみんなは今まで通り、毎日こうやって遊んでいればいいんですよ…。ただ、テレビに出ないだけです。…と言い、「さとみさん」もその発言に追い討ちをかける様にみなさんも、いつでも遊びに来て下さいね!…と言う何とも淡白な挨拶でいきなり番組が終わってしまい、私自身、このいきなりの最終回通告にたいへん訳も判らずショックを受け、呆然としていた記憶があります…。

bufu024.jpg (11234 バイト)

制作著作劇団しいのみ劇団こぐまひとみ座NHK

当ホームページで使用している画像や個人情報データなどの著作権は、すべて、それぞれの原著作権者に帰属し、無断で、商用や営利目的などでの二次利用や転用使用する事は厳禁されています!…。


HOME60〜80年代Q&A恐怖編アイドル燃える闘魂リンク集掲示板こども教育↑back↓next

copyright(C)1998 禁断のハイブリッドマニアック
Takashi Hada all rights reserved.