悪魔くん

HOME懐エピ60〜80年代Q&Aアイドル闘魂こども教育リンク集掲示板恐怖編↓next↑back

「悪魔くん」OPタイトル 「悪魔くん」と初代「メフィスト」(演・「吉田 義夫」 2代目「メフィスト」役を怪演?!の「潮 健児」…


実写版『悪魔くん』序章…

2代目「メフィスト」(演・「潮 健児」)今回の「禁断のHM〜恐怖編」は、モノクロ画面が異常に本作品自体の怖さを異常に醸し出し、東映制作のテレビ作品では、初めての本格的妖怪モンスタ〜特撮の実写版悪魔くんの検証紹介なのであります…。『悪魔くん』と言う番組は、1966(昭和41)年10月6日〜1967(昭和42)年3月30日(全26話)の期間、「水妖怪」サブタイトル少年マガジン連載の「悪魔くん」(S41.1号)毎週木曜日のPM7時〜PM7時30分に東映東京の制作で、NET(現・テレビ朝日)系列にて人気放映されておりました…。もちろん!原作は、水木しげる先生の作品で、昭和38年に「貸本まんが」の一編として発表された漫画『悪魔くん』を昭和41年〜42年の間に『週刊少年マガジン』誌上に連載し、テレビ放映とリンクさせ「少年マガジン」の漫画連載と同時進行させて行ったのが、このテレビ実写版『悪魔くん』(「少年マガジン」の漫画版の方は、お話が続く〜連載方式で進行していったのですが、テレビ放映版の方では、原作者の「水木」先生の「1話完結にした方がいい!」…と言う強い意見で、連載漫画のような続編方式ではなく、1話完結の方式になったそうなのであります)の原型ともなりました…。悪魔「メフィスト」の魔力と「悪魔くん」こと「真吾」少年の知恵と勇気が、妖怪達を打ち倒す!…。

『悪魔くん』のエロイムエッサイムな物語

第一話登場の妖怪「ガンマー」「悪魔くん」(中央)「貧太」(向左)「情報屋」(右)の3人組この物語は、主人公の悪魔くんこと山田真吾少年(演・『ジャイアントロボ』のキュ〜トな?主人公「草間大作」少年役もやっておられた〜当時の特撮テレビ界の名子役金子光伸くん)と彼の友人の情報屋貧太達が気味の悪い「妖怪」を発見すると、「悪魔くん」自身がファウスト博士によって伝授された「呪文」(エロイムエッサイム、我は求め訴えたり!エロイムエッサイム、くちはてし大気の聖霊よ!万人の父の名のもとに行う、我がもとめに答えよ!エロイムエッサイム!…)で古井戸の地下にある魔法陣から悪魔メフィストを呼び出し、「メフィスト」と「悪魔くん」2人の力を合わせて、悪の「妖怪」達をやっつけるのでありました…。その他にも「悪魔くん」は、「ファウスト博士」から悪魔「メフィスト」が言う事を聞かない場合に吹くソロモンの笛(この笛を吹くと「メフィスト」のトンガリ頭に激痛が走り、頭の先から煙が出て「悪魔くん」に止む無く服従する様になるのである)も授けられておりました…。後、「悪魔くん」に呼び出される悪魔「メフィスト」は、金にうるさく、なまけもので人の言う事を聞かない?などと言う、それまでの特撮のヒ〜ロ〜には、無いタイプの変わったキャラクタ〜であり、三千年ぶりに食べた食べ物の「チョコレ〜ト」をそれ以後、自身の大好物にする〜…など、何とも憎めないおじさんの悪魔なのでもあります(笑顔)…。

実写版『悪魔くん』と言う番組の特徴…

マネキン人形の恐怖「首人形」「首人形に襲われる「真吾」!…本作品の主な特徴としまして、モノクロ映像の中で、オドロ〜オドロ〜した怖さを異常に醸し出していた造形の素晴らしい「妖怪」達や色んな「テ〜マ」を持った作品作りの数々など、見るべき箇所などが本当に多かったのですが、本番組の特有&特徴で、他の番組に無いオリジナルな特徴として、「妖怪怪物特撮モノ」作品なのに本作品全26話の全部を改めて通して見直しても、作品の中で「妖怪」達などによって悲惨に殺される人達などの残虐的なシ〜ンや「死んだまま」と言う事がほとんどなかったと言う事なのであります…。仮に作品中、妖怪や怪物達の卑劣な行為等によって死んだと思われていた(現在のテレビ番組のような、比較的子供に悪影響を及ぼすと思われる露骨な殺戮シ〜ン自体が無い)人達が「悪魔くん」達の「妖怪退治」が終わると共にそれらの「妖怪」達の呪いから解き放たれるかのように不思議とほのぼのとした感じで(笑)生き返る(他の特撮番組だったら脇役の人々の目を覆うばかりの「ぐえぇぇ〜っ!」と言うような殺害シ〜ンあり、殺されたら殺されたまま何事も無かった様にエンディングを迎えて、終了〜!…などと言うケ〜スがほとんどである)ので、いつも気持ちよくさっぱりとした後味の良いEDを迎える事が出来るのでありました…。

まあ〜、『悪魔くん』と言う作品自体が、露骨に怖がらせると言うより、作品に漂うモノクロの怖い空気のようなモノを感じるような恐怖映像の中に、妖怪コメディ〜的な要素を随所に入れて子供達の御機嫌を覗っていた?と言う事なんでしょうか?(笑)…。とにかく、前例の無かった当時の子供達の未知なるジャンルへの子供向けテレビ「恐怖」作品だったのに…どう言う訳か?毎週、ほんわかとした楽しい感覚で、余裕で(笑)見ていられた〜本当に私達子供思いの特色をたくさん持って制作された番組だったからこそ、「恐怖」と言う物語内容だったにも関わらず、絶大なる人気を獲得する事が出来たのだと思いますよネ…。

『悪魔くん』の後味が良いさっぱり〜とした最終回…

「透明怪人」最終回「透明怪人」サブタイトル『悪魔くん』最終話のエピソ〜ドは、「透明怪人」となって忍び寄る、全くつかみどころの無い(笑)強敵「死神」との対決なのであります…。自分の姿を自由自在に透明に出来きる〜と言う神出鬼没の「死神」の落とした大切な商売道具の「むしめがね」を「悪魔くん」の友達が、偶然にも拾ってしまったが為に、「悪魔くん」達が恐ろしい「死神」から執拗に狙われる事となる…。困り果てた「悪魔くん」達が「メフィスト」に助けを求めに行っても相手がやっかいな「死神」と言う事で「メフィスト」は、全然相手にしてくれない?…。そんな事をしているうちに、「悪魔くん」達は恐怖の「死神」により「死者」にさせられる為に、「霊界」へと連れて行かれる事となった…。それを見て、はじめて驚いた「メフィスト」が「霊界の扉」の前から「悪魔くん」達を間一髪!救い出す事に成功…。しかし、その行為に怒った「死神」が、ついに「メフィスト」と、戦う事となったのであります…。

「すがすがしい朝じゃ…アッハッハ…」「悪魔くん」ラストシ〜ン自由自在に透明になる「死神」に手を焼いている「メフィスト」を見た「悪魔くん」達は、友達みんなで知恵を絞り出し合い、透明な「死神」の居場所を掴む為に…と、「死神」の足元に絵の具をたらし、透明でも絵の具の付いた足跡で「死神」の居所がわかる様にと考え、即!実行に移したのでありました…。その「絵の具たらし」作戦がまんまと成功し、どこに行っても居所が分かるようになってしまった哀れな「死神」を遂に捕まえ〜、その上から布団をかぶせ(それにしても、子供にしか思い付かないようなモノ凄い発想ですよネ…笑)オロ〜オロ〜させて弱らせたところで「メフィスト」が現れ〜「死神」に対して魔力の一喝!で弱らせ、弱った「死神」は、何故か?「こうもり」へと変身し、「パタパタ…」と、空のかなたへ消えて行ったのでありました…。

…と言う、非常にあっけなく間抜けな「死神」の最後と、相成りましたのですが、実は、これですべてが終わった訳ではなかったのです…。それは、今回が番組の最終回だったにも関わらず「悪魔くん」に秘法を授けて死んだ「ファウスト博士」の意志であった「人類の夢、不幸のない世界を作ること」…は、いまだに実現しては、いなかったのであります…。しかし、改めて『悪魔くん』の作品全体を通して見ますと、子供達の力で、協力しながら勝利を導いた事や「潮・メフィスト」が最後の戦い済んでの夜明けのシ〜ンで、教会の鐘と共にポッリ〜と言ったセリフ…「すがすがしい朝じゃ〜、アッハッハ」…と言う、やや淡白ですが、最終シ〜ンでのその淡白な最後のセリフ自体に、と〜っても見ていて重みと情緒を感じ、本作品『悪魔くん』を象徴していて、たいへん充実した感じに終わらせる事に成功したのでもありましたですネ…。

「吉田 義夫」氏が肺の病気の為に降板!…『悪魔くん』のキャスト裏話

『悪魔くん』の制作途中に初代「メフィスト」役の吉田義夫氏が肺の病気の為に第10話で途中降板(物語上では、シバの神殿で魔法を使い、地獄警察に捕らえられたと言う設定で…)し、第11話より2代目「メフィスト」(初代「メフィスト」の弟と言う設定…)として「地獄大使」役などで有名な故・潮 健児氏が急遽登場する事になり…私自身、その後の物語の流れがどうなるのか?と思っていたところ、「潮」氏の怪演、怪優ぶりが見事に本作品にドンピシャリ〜とハマり、作品自体の流れや人気が変わる事なく、逆に最初から予定されていた設定だったかのごとく、番組は盛り上がりをみせてスム〜スに行ったのであります…。1つの作品の主なる人気キャラクタ〜が番組の途中で急遽変更されたのに全然違和感がなく、作品自体が以前よりパワ〜アップしたと言う例は後にも先にも本作品の『悪魔くん』しかなかったのでは?…と私なりには思っております…。

本放映当時の時代背景…

「悪魔くん」と初代「メフィスト」…「メフィスト」が言う事を聞かない時に吹く「ソロモンの笛」…最後に、残念だったのが当時、『悪魔くん』と言う作品には、不気味な「妖怪」物と言う事で「縁起が悪い!」…と、なかなかスポンサ〜が付かず、毎回違った会社がスポンサ〜に付くと言う…つぎはぎの形で制作放映され、実際には子供達の間で絶大な人気がありながらも、結局は、第26話以降の延長制作が出来なかったですし、ロケ現場自体もそんな理由で思う様に使わせて貰えなかった…と言う本当に苦労が絶えなかった制作裏話なども多々あったのだそうです…。

その後、実写版『悪魔くん』と同じジャンルの「妖怪」物のテレビ漫画ゲゲゲの鬼太郎が大ヒットするまでは、「妖怪」物に対する世間の認知度がたいへん低く嫌われ者だったと言う、現在からは到底考えられない様な現象と時代背景が当時あった様なのでもあります…。しかし、『悪魔くん』と言う以前に例の無かったジャンルの作品が世間一般の大人達に敬遠されながらも意欲的に制作放映され続けた!…と言う紛れも無い事実があったからこそ、その後に放映されていたテレビでの「妖怪」物番組が世の中に自然に受け入れられて、「妖怪」物の一代ブ〜ムになったのでもあります…。そう言うイロイロ〜な事を考えてみますと『悪魔くん』と言うテレビ番組の功績は子供達に対してだけではなく、社会的にもたいへん大きかったし、意味があったのだと、私は今でも強く思っております…。

『悪魔くん』の強力HPサイトの御紹介っ!…

TAKA@管理人のお薦めサイト〜「幼猫耳☆風」さんが運営管理されておられる『悪魔くん』や『河童の三平』、『ゲゲゲの鬼太郎』、etc…などの「水木しげる」先生原作の実写やアニメなどの番組放映資料デ〜タや登場「妖怪」達の画像などの情報が超満載!のねこみみぱらだいすと言う素敵なHPが妖気を漂わせておりますので、妖怪物に興味のある方は、是非!アクセスしてみて下さいネっ…。

制作著作東映(株)NET(現・テレビ朝日)水木しげる

実写版『悪魔くん』劇中、「山田真吾」少年役を熱好演されておりました名子役の金子光伸さんは、残念ながら1997年にお亡くなりになられました…。「金子光伸」さんと以前にお亡くなりの「潮 健児」さんの追悼関連ペ〜ジ金子光伸さんが亡くなった?を作成しておりますので、是非!ご覧くださいませ…。「金子光伸」さんと「潮 健児」さんの御冥福を心よりお祈り申し上げます…。TAKA@管理人

当ホームページで使用している画像や個人情報データなどの著作権は、すべて、それぞれの原著作権者に帰属し、無断で、商用や営利目的などでの二次利用や転用使用する事は厳禁されています!…。


HOME懐エピ60〜80年代Q&Aアイドル闘魂こども教育リンク集掲示板恐怖編↓next↑back

copyright(C)1998 禁断のハイブリッドマニアック
Takashi Hada all rights reserved.