小松島創作太鼓振興会






金長太鼓トップへ





たぬき一色のまち

金長神社

金長神社例大祭 巨大たぬき像
金長たぬき郵便局 なごやかモニュメント たのしいモニュメント
たぬきのウォールアート たぬきバス

金長神社
本宮
 昭和13年、新興キネマ(後の大映)が梅山家に残る言い伝えと、講談本をもとに「阿波狸合戦」という映画を作ったところ空前の大ヒットとなりました。戦後、大映によって再映画化された作品も大ヒットし、大映の永田雅一社長ら関係者の寄付によって建てられました。後に山(日峰山)のふもとに移され、それまで山の中腹にあった金長神社を「金長 神社本宮」と呼んでいます。
 ここは芸能上達・商売繁盛の神様として有名で、境内にはめずらしい狛狸があります。
↑Topへ
金長神社例大祭
 毎年5月の連休中に行われるお祭りで、子供たちが境内に集まっておみこしを担いだり、写生大会が催されたりでとってもにぎやかです。
↑Topへ
巨大たぬき像
 港の西にあるステーションパークという広場に建てられた巨大なたぬきの像で、高さ・胴回りとも5メートル、重さ5トンという世界一大きい銅像。このたぬき像の前で手をたたくと、バックの滝が流れるユニークな仕掛けになっています。
↑Topへ
金長だぬき郵便局
 ステーションパークの近くにある『金長だぬき郵便局』。
 ふつうの郵便局で建物自体は変わっていませんが、たぬきのスタンプなんかもあり、なかなかユーモラスな名前だと思いませんか。ここからハガキなどを出すとちょっとした話題になるでしょうね。
↑Topへ
なごやかモニュメント
 我が街のJRの玄関口、南小松島駅の前に建てられた像です。なんともユニークなぽんぽこ一家が、訪れる人々をなごやかに出迎えてくれま〜す。
↑Topへ
たのしいモニュメント
 これは、地元名産である「ちくわ」と「たぬき」を組み合わせたモニュメントですが、まあ、こんな感じのモニュメントが市内のあちらこちらにあって何とも楽しい街です。
↑Topへ
たぬきのウォールアート
 日本一短い路線として知られた旧国鉄「小松島線」の跡地に「自転車歩行者専用道路」がつくられ、その沿道の壁にみんなでこんなイラストを描いてしまいました。
↑Topへ
たぬきバス
 これも変わり種アイテムの一つ。
 市営バスまでこんなにしてしまうなんて、役所の考え方もなかなかユニーク。 全国的にも珍しい一品(?)でしょう。

お問い合わせは、小松島創作太鼓振興会事務局
〒773-8501 徳島県小松島市横須町1-1 PHONE 08853-2-3803 FAX 08853-3-4560