朽木稙綱
くつき・たねつな

【生没】1605(慶長10)−1660(万治3)
【出身】近江国
【実父】朽木元綱
【実母】田中氏女
【別称】朽木民部
【略伝】
 江戸幕府の若年寄。
 徳川家光に仕えて小姓組番頭などを務め、1635(寛永12)年には若年寄に就任。翌年には加増により1万石となって諸侯に列する。
 1647(正保4)年に下野鹿沼2万5000石に加増転封となって父祖伝来の地近江朽木を離れ、さらに1649(慶安2)年には常陸土浦3万石に移された。
【特記】
【配役】Tweet
佐竹明夫(45) 春の坂道(1971・NHK)
山岡徹也(47) 忍法かげろう斬り(1972・KTV)役名は朽木遠江守
浜田光夫(36) 日本巌窟王(1979・NHK)
五十嵐義弘(38) 影の軍団 服部半蔵(1980・映画)
前川克紀 春日局(1989・NHK)

朽木元綱
くつき・もとつな

【生没】1549(天文18)−1632(寛永9)
【実父】朽木晴綱
【実母】飛鳥井雅綱女
【略伝】
 1550(天文19)年、父晴綱の死により2歳で家督を継承。父と同じく幕府に仕え、本拠近江朽木谷に逃れた将軍足利義輝を匿うなどする。
 1570(元亀元)年、越前に侵攻した織田信長の軍勢が浅井長政の離反によって潰滅すると、戦場を離脱した信長を朽木谷に保護。以後、信長に属し、その横死後は羽柴秀吉に仕えた。
 1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いでは、はじめ石田三成に属したが、小早川秀秋の寝返りと機を同じくして徳川方に転じ、戦後は朽木の本領を安堵された。
【特記】
【配役】Tweet
阿部六郎(64) 葵 徳川三代(2000・NHK)

大河ドラマ+時代劇 登場人物配役事典