アーネスト・サトウ
 (ああねすとさとう)
【生没】 1843(天保14)−1929(昭和4)
【出身】 メクレンブルク(ドイツ・ヴィスマール)
【実父】 ハンス・ダビッド・クリストファー
【別称】 サトー
【略伝】
 1861(文久元)年にイギリス外務省に入り、通訳見習として清国に渡る。
 翌年に来日し、公使パークスの右腕として活躍。1883(明治16)年にいったん帰国するが、シャム在勤代理総領事、ウルグアイ公使、モロッコ公使を経て、1895(明治28)年に駐日特命全権公使として再び来日する。
 1900(明治33)年には駐清公使に転じ、1906(明治39)年まで務める。その後、イギリスに戻り、枢密顧問官などを歴任するが、晩年は研究活動に専念した。
【配役】
堀川浪之助(43) 青年(1934・映画)
ゾロタリヨフ・デルゲー 神戸事件(1941・映画)
岡田眞澄(28) 巨人 大隈重信(1963・大映)
ジェリー伊藤(40) 三姉妹(1967・NHK)
レーニ・ヤーギ 天皇の世紀(1971・ABC)
ケン・フランケル 花神(1977・NHK)
ローラン・テッセイ 竜馬がゆく(1982・TX)
ケント・ギルバート(33) 必殺!ブラウン館の怪物たち(1985・映画)
ロバート・ガムリー 幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬(1986・東宝)
ケント・フリック(23) 野望の国(1989・NTV)
デーブ・スペクター(35) 奇兵隊(1989・NTV)
ヘンウッド・スチュワード 翔ぶが如く(1990・NHK)
ケント・フリック(24) 花燃える日日(1990・NTV)
ジェフ・バークランド(41) 勝海舟(1990・NTV)
アラン・パーナビー 維新の目撃者(1993・ANB)
コリン・リーチ 徳川慶喜(1998・NHK)
ニール・ベラド 篤姫(2008・NHK)
パトリック・ハーラン(40) 龍馬伝(2010・NHK)
ブレイク・クロフォード 八重の桜(2013・NHK)



相合元綱
 (あいおうもとつな)
【生没】 −1524(大永4)
【出身】 安芸国
【実父】 毛利弘元
【実母】 御袋様
【兄弟】 毛利興元毛利元就松姫など
【略伝】
 1523(大永3)年、甥の当主毛利幸松丸が没すると、毛利家家臣桂広澄渡辺勝などによってその後継に擁立されるが、元就に敗れ、翌年、殺害されたという。
【配役】
伊勢裕樹(6)→いしいすぐる(11)→西島秀俊(26) 毛利元就(1997・NHK)



愛加那
 (あいかな)
【生没】 1837(天保8)−1902(明治35)
【出身】 薩摩国(奄美大島)
【実父】 龍佐栄志
【実母】 枝加那
【妻子】 西郷吉之助(夫)、西郷菊次郎(子)、西郷菊子(子)
【略伝】
 1859(安政6)年、奄美大島に流された西郷吉之助と結婚し、吉之助との間に菊次郎、菊草(菊子)をもうける。
 1862(文久2)年に吉之助が赦免されて鹿児島へ戻る際には島に残留。同年、吉之助が再び徳之島に流されると、子らを連れて面会に訪れた。
 後に菊次郎と菊草を鹿児島の西郷家を送り出したが、自らは生涯島を出ることはなかった。
【配役】
藤村志保(25) 西郷隆盛(1964・CX)
浅茅陽子(26) 命もいらず名もいらず 西郷隆盛伝(1977・TBS)
多岐川裕美(36) 田原坂(1987・NTV)
石田えり(30) 翔ぶが如く(1990・NHK)



相木市兵衛
 (あいきいちべえ)
【生没】 1516(永正13)−1567(永禄10)?
【略伝】
 もとは信州長窪城主大井貞隆の家老を務めていたが、1543(天文12)年の武田晴信の進攻に際してこれに内応し、以後は晴信に仕えた。
【配役】
近藤芳正(46) 風林火山(2007・NHK)



愛甲季隆
 (あいこうすえたか)
【生没】 −1213(建保元)
【実父】 山口季兼
【略伝】
 弓の名手として知られ、1205(元久2)年、畠山重忠が幕府への謀叛の疑いにより討伐を受けた際には、執権北条義時に属して、重忠を弓で討ち取る活躍をみせた。
 1213(建保元)年、義時に対して挙兵した和田義盛に属し、敗れて討死した。
【配役】
多田幸男(43) 草燃える(1979・NHK)



相田康安
 (あいだこうあん)
【略伝】
 伊達輝宗に招かれて、その嫡男梵天丸(政宗)に儒学を講義した。
【配役】
左奈田恒夫(52) 独眼竜政宗(1987・NHK)



饗庭局
 (あえばのつぼね)
【生没】 −1615(元和元)
【実父】 田屋明政
【実母】 海津殿(浅井亮政女)
【略伝】
 浅井長政の家臣の子に生まれ、長政の娘茶々(淀殿)の乳母となる。茶々の成人後も側近くに仕え、1598(慶長3)年の豊臣秀吉の没後、その側室だった淀殿が秀吉の後継豊臣秀頼の生母として事実上豊臣家を差配するようになると、大蔵卿局らとともに淀殿の側近として豊臣家中で権勢を誇った。
 1614(慶長19)年、京都方広寺の鐘銘問題を機に豊臣家と幕府との関係が悪化すると、大蔵卿、正栄尼とともに幕府側との折衝に当たり、駿府城で大御所徳川家康と直接面会して弁解することに成功。大坂に戻った後、逆に家康に強硬な態度に出られたと主張する片桐且元を糾弾し、これが且元の大坂城退去につながった。
 翌年5月8日の大坂城落城後、淀殿らに殉じて自害した。
【配役】
北城真記子(52) 大坂城の女(1970・KTV)
新道乃里子(41) 春の坂道(1971・NHK)
茅島成美(41) 徳川家康(1983・NHK)
大橋芳枝(45) 真田太平記(1985・NHK)
赤座美代子(45) 春日局(1989・NHK)



青柳捨三郎
 (あおやぎすてさぶろう)
【生没】 1855(安政2)−
【略伝】
 1891(明治24)年、川上音二郎らとともに一座を結成し、役者として活躍した。
【配役】
岸部シロー(36) 春の波涛(1985・NHK)



赤尾清綱
 (あかおきよつな)
【生没】 1514(永正11)−1573(天正元)
【略伝】
 浅井家に仕える。
 1560(永禄3)年には主君浅井久政の隠居と長政の家督相続を画策してこれを成功させる。
 1573(天正元)年、織田信長の攻撃によって浅井家の本拠近江小谷城が落城した際、織田方に捕縛されて斬首された。
【配役】
最上龍二郎(44) 国盗り物語(1973・NHK)
仲野文梧(63) 功名が辻(2006・NHK)
油井昌由樹(64) 江 姫たちの戦国(2011・NHK)



赤座直保
 (あかざなおやす)
【生没】 −1606(慶長11)
【実父】 赤座直則?
【略伝】
 豊臣秀吉に仕え、越前今庄で2万石を与えられる。
 1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いでは、はじめ石田三成に属したが、小早川隆景の寝返りと機を同じくして徳川方に転じる。しかし戦後、所領を没収され、その後は加賀金沢城主前田利長に仕えて同国松任城代を務めていたが、1606(慶長11)年、氾濫した越中大門川の視察中、濁流に巻き込まれて溺死した。
【配役】
本田清澄(45) 葵 徳川三代(2000・NHK)



明石掃部
 (あかしかもん)
【生没】 1566(永禄9)−1618(元和4)?
【出身】 備前国
【実父】 明石景親
【妻子】 宇喜多直家女(室)
【別称】 明石大学、明石全登
【略伝】
 宇喜多家に仕える。
 主君直家の娘を妻に迎えて重用され、1599(慶長4)年に家中の内紛が表面化して譜代の老臣たちが出奔すると、以後家中を取り仕切る。翌年の関ヶ原の戦いでは、石田三成に属した主君宇喜多秀家に従って出陣するが、石田方の敗北により秀家とともに戦場を離脱。戦後の宇喜多家の改易により浪人した。
 1614(慶長19)年、豊臣秀頼に招かれて大坂城に入城し、豊臣方の主力として同年からの大坂の陣で奮戦。翌年5月の大坂城落城後の消息には諸説あり、1618(元和4)年に潜伏先で没したともいう。
【配役】
清川荘司(26) 修羅城(1929・映画)
3市川小文治(37) 恋車(1930・映画)
葛木香一(62) 乞食大将(1952・映画)
有川正治 (1)(30) 忍術真田城(1960・映画)
有川正治 (2)(30) 忍術大阪城(1960・映画)
岡 譲司(58) あらくれ大名(1960・東映)
近衛十四郎(46) 花と野盗の群れ(1962・映画)
三船敏郎(44) 士魂魔道 大龍巻(1964・宝塚)
中村錦司(58) 真田幸村の謀略(1979・映画)
竜崎 勝(40) 風神の門(1980・NHK)
城所英夫(51) 関ヶ原(1981・TBS)
清水信一(35) 徳川家康(1983・NHK)
夏八木勲(53) 徳川家康の秘宝(1992・ABC)
松橋 登(56) 葵 徳川三代(2000・NHK)
京本政樹(44) 武蔵 MUSASHI(2003・NHK)



赤田次郎
 (あかだのじろう)
【略伝】
 奥州藤原氏に仕える。
 1189(文治5)年の源頼朝の奥州進攻の際に捕縛され、殺害された主君藤原泰衡の首実検に同道した。
【配役】
小林勝彦(68) 義経(2005・NHK)



あかね
 (あかね)
【略伝】
 吉次の妻。村上元三『源義経』の創作人物。
【配役】
月丘千秋 (1)(29) 源義経(1955・映画)
月丘千秋 (2)(30) 続源義経(1956・映画)
渡辺美佐子(34) 源義経(1966・NHK)
林 美里 源義経(1991・NTV)
萬田久子(47) 義経(2005・NHK)



赤根武人
 (あかねたけと)
【生没】 1838(天保9)−1866(慶応2)
【出身】 周防国(柱島)
【実父】 松崎三宅
【実母】 原田玄庵女
【略伝】
 医師の子に生まれるが、後に長州藩士浦家の家老赤根雅平の養子となる。
 吉田松陰の松下村塾に入って次第に尊攘思想に傾斜。1857(安政4)年、萩を訪れた梅田雲浜に付き従って京都へ上るが、翌年、幕府の命によって捕縛された雲浜とともに投獄される。釈放後も活発に活動し、1862(文久2)年には高杉晋作らとともに江戸品川に建築中のイギリス公使館の焼討ちに参加。翌年には奇兵隊総管となり、翌1864(元治元)年の四か国連合艦隊の馬関(下関)攻撃に際しては、奇兵隊を率いて奮戦した。
 しかし、その後、討幕への藩論統一を目指す高杉ら改革派(正義派)の挙兵に慎重な態度を示し、保守派(俗論派)との調停を図ったことから、改革派からの疑念を招き、1865(慶応元)年に出奔。やがて大坂で幕府によって縛されたが、ほどなくして赦免され、新選組局長近藤勇らの護衛を受けて広島まで護送される。同年12月には長州藩によって捕縛され、翌年1月に山口で処刑された。
【配役】
井川比佐志(32)→原田清人(33)  十一番目の志士(1968・NET)
秋元羊介(33) 新選組始末記(1977・TBS)
溝口舜亮(35) 花神(1977・NHK)
山本太郎 奇兵隊(1989・NTV)
中根 優 竜馬におまかせ!(1996・NTV)



赤橋守時
 (あかはしもりとき)
【生没】 1295(永仁3)−1333(元弘3・正慶2)
【出身】 相模国(鎌倉)?
【実父】 赤橋久時
【実母】 北条宗頼女
【兄弟】 登子
【別称】 北条守時
【略伝】
 北条義宗の孫。
 1311(応長元)年に鎌倉幕府評定衆に就任して幕政に参画。1326(嘉暦2)年には執権金沢貞顕の辞任を受けて幕府16代執権に就任したが、長崎高資らが幕政を掌握していたため、実権はほとんどなかった。
 1331(元弘元・元徳3)年に後醍醐天皇による倒幕計画が露見した後は、各地で蜂起した反幕府勢力の鎮圧に努めるが、1333(元弘3・正慶2)年5月に義弟高氏(尊氏)が幕府より離反すると、自らの許で人質となっていた登子らがそれに伴って赤橋邸からの脱出に成功したため、得宗北条高時らに疑念を持たれて一時謹慎させられる。
 その後ほどなくして赦免され、鎌倉に迫った新田義貞らの軍勢を鎌倉巨福呂坂などに迎撃するが、敗れて自害した。
【配役】
勝野 洋(42) 太平記(1991・NHK)



赤山靭負
 (あかやまゆきえ)
【生没】 1823(文政6)−1850(嘉永3)
【出身】 薩摩国
【実父】 島津久風
【兄弟】 島津下総桂久武など
【略伝】
 薩摩藩島津家に仕える。
 島津斉彬の薩摩藩主就任実現に奔走したことから、その異母弟島津久光の擁立を企図する一派に敵視され、1850(嘉永3)年、鹿児島にて家老島津壱岐らとともに切腹させられた。
 なお、切腹時の介錯人が西郷吉之助の父吉兵衛で、吉兵衛は靱負の血染めの肌着を吉之助に与え、吉之助はこれに大いに触発されたという。
【配役】
杉浦直樹(33) 西郷隆盛(1964・CX)
西岡徳馬(44) 翔ぶが如く(1990・NHK)



昭子内親王
 (あきこないしんのう)
【生没】 1625(寛永2)−1651(慶安4)
【出身】 山城国(京都)
【実父】 後水尾天皇
【実母】 和子
【妻子】 近衛基熈(子)
【兄弟】 明正天皇
【略伝】
 関白近衛尚嗣の正室。
【配役】
根本優海(5) 葵 徳川三代(2000・NHK)



秋庭元明
 (あきばもとあき)
【実父】 秋庭頼次
【略伝】
 細川勝元に仕えて摂津守護代に任ぜられ、福井城主を務めた。
【配役】
谷代浩幸 花の乱(1994・NHK)



阿久里
 (あくり)
【生没】 1648(慶安元)−
【実父】 大戸吉勝
【妻子】 牧野成貞(夫)、(子)
【略伝】
 はじめ徳川綱吉の母桂昌院の侍女であったが、後に牧野成貞に嫁ぎ、成貞との間に安ら3女をもうける。
 1672(寛文12)年ごろからしばしば牧野邸を訪れた綱吉の寵を得てその伽をしたと噂され、後世には成貞が出世のために妻を献上したと誹られた。
【配役】
小山明子(33) 大奥(1968・KTV)
小畑絹子(38) 徳川女系図(1968・映画)
佐藤友美(42) 大奥(1983・KTV)
渡辺えり子(44) 元禄繚乱(1999・NHK)
萬田久子 (1)(47) 大奥 華の乱(2005・CX)
萬田久子 (2)(47) 大奥 華の乱 スペシャル(2005・CX)
榎木孝明(56) 大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇(2012・松竹)



あぐり
 (あぐり)
【生没】 −1650(慶安3)?
【出身】 紀伊国(九度山)
【実父】 真田幸村
【実母】 竹林院
【兄弟】 真田大助お梅阿菖蒲なほ
【略伝】
 1615(元和元)年の大坂夏の陣で父幸村が討死した後、叔父滝川三九郎にその養女として育てられる。
 後に奥州会津藩蒲生家で家中最大の知行を有していた蒲生源左衛門郷喜に嫁いだ。
【配役】
葛西 円→清藤めぐみ→川島光代  真田太平記(1985・NHK)
山口このみ(13)  武蔵 MUSASHI(2003・NHK)



明 里
 (あけさと)
【出身】 山城国?
【略伝】
 京都島原の芸妓。
 山南敬助の愛妾となり、1865(慶応元)年の山南切腹の際には、新選組屯所であった前川邸の格子越しに対面したという逸話が残っている。
【配役】
森 光子(45) 新選組血風録(1965・NET)
島村昌子(37) 燃えよ剣(1970・NET)
北林早苗(28) 怪談(新選組 呪いの血しぶき)(1972・MBS)
池波志乃(19) 沖田総司(1974・映画)
大川栄子(30) 新選組始末記(1977・TBS)
結城しのぶ(29) 沖田総司 華麗なる暗殺者(1982・CX)
五十嵐めぐみ(29) 壬生の恋歌(1983・NHK)
松原千明(29) 新選組(1987・ANB)
長谷川稀世(44) 燃えよ剣(1990・TX)
有沢妃呂子(26) 新選組血風録(1998・ANB)
鈴木砂羽(32) 新選組!(2004・NHK)
中島愛里(20) 新撰組 PEACE MAKER(2010・MBS)



朱鼻の伴卜
 (あけはなのばんぼく)
【略伝】
 吉川英治『新・平家物語』の創作人物。
【配役】
進藤英太郎(56) 新・平家物語(1955・大映)
藤田まこと(39) 新・平家物語(1972・NHK)
露乃五郎2(45) 好色源平絵巻(1977・映画)



朱 実
 (あけみ)
【略伝】
 本位田又八の愛人。吉川英治『宮本武蔵』の創作人物。
【配役】
毛利峰子(21) 宮本武蔵 地の巻(1936・寛プロ)
大倉千代子(22) 宮本武蔵(1937・日活)
月宮乙女 (1)(25) 宮本武蔵 第一部・第二部(1940・日活)
月宮乙女 (2)(25) 宮本武蔵 第三部(1940・日活)
水川八重子(24) 決戦般若坂(1942・映画)
市川春代 (1)(30) 宮本武蔵 決闘般若坂(1943・大映)
市川春代 (2)(30) 二刀流開眼(1943・映画)
岡田茉莉子 (1)(21) 宮本武蔵(1954・東宝)
岡田茉莉子 (2)(22) 続宮本武蔵 一乗寺の決斗(1955・東宝)
岡田茉莉子 (3)(23) 宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島(1956・東宝)
中川弘子 宮本武蔵(1957・NTV)
丘さとみ (1)(26) 宮本武蔵(1961・東映)
楠 侑子(28) 宮本武蔵(1961・CX)
丘さとみ (2)(27) 宮本武蔵 般若坂の決斗(1962・東映)
丘さとみ (3)(28) 宮本武蔵 二刀流開眼(1963・東映)
丘さとみ (4)(29) 宮本武蔵 一乗寺の決斗(1964・東映)
野川由美子(21) 宮本武蔵(1965・NTV)
丘さとみ (5)(30) 宮本武蔵 巌流島の決斗(1965・東映)
加賀まりこ(27) 宮本武蔵(1970・NET)
倍賞美津子(27) 宮本武蔵(1973・松竹)
沢かをり 宮本武蔵(1975・CX)
池上季実子(25) 宮本武蔵(1984・NHK)
伊藤かずえ(24) 宮本武蔵(1990・TX)
鈴木紗理奈(24) 宮本武蔵(2001・TX)
内山理名(22) 武蔵 MUSASHI(2003・NHK)



阿 厳
 (あごん)
【別称】 宝蔵院阿厳
【略伝】
 宮本武蔵に敗れた槍術の名手。吉川英治『宮本武蔵』の創作人物。
【配役】
市川左正 宮本武蔵 一乗寺決闘(1942・日活)
クモイサブロー(33) 決戦般若坂(1942・映画)
玉村俊太郎(23) 腰抜け巌流島(1952・大映)
上田吉二郎(52) 宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島(1956・東宝)
山本麟一(35) 宮本武蔵 般若坂の決斗(1962・東映)
松崎 薫(33) 宮本武蔵(1965・NTV)
大前 均 (1)(35) 宮本武蔵(1970・NET)
大前 均 (2)(38) 宮本武蔵(1973・松竹)
伴勇太郎 宮本武蔵(1975・CX)
岡田正典(31) 宮本武蔵(1984・NHK)
佐藤京一(54) 宮本武蔵(1990・TX)
森永健司(37) 宮本武蔵(2001・TX)
武藤敬司(41) 武蔵 MUSASHI(2003・NHK)
大河ドラマ+時代劇 登場人物配役事典