アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター

 

HONDA Fit ETC

平成13年後期 HONDA Fit への取り付け

<目次>
■プロローグ:ETCを取り付けようと思った経緯

1.機器の購入
2.ETCカード申し込み
3.機器の取り付け
4.実際に使ってみて感じたこと

■最後に
付録:BBSによるディスカッション空間を追加しました。HONDA Fiit LOVE BBS


ETCを取り付けようと思った経緯 

最近仕事で高速を頻繁に使うようになって困ることは常に財布に
お金を十分入れておく必要があるということであった。
それも一応経費として後で給料と一緒に支払われるにしても毎日
出費するとなると結構な負担である。嫁さんに高速代をくださいと
顔色を見ながらお願いをするのにも疲れた。

そこでとりあえずETCを取り付ければ現金がなくても高速を
利用できるということ、そして何より高速を利用する時間帯によって
大幅に割り引きがあるなどのサービスを享受できるということ、
それと今申し込むと国から\5000が還元されるというのだからやらない
わけにはいかない。

ということで早速準備にとりかかったのだが・・・・。


1.機器の購入

まず、機種の選定である。
近所のイエローハットに出かけてみた。
形的にはPnasonicのものが良いように思えたが、それよりも第一に考えるべきは
利用する際にできるだけ便利であることであった。それだとアンテナと本体が分離して
いるもので、且つ、音声案内ができるもの、履歴を音声で確認できるものがよいと
思われた。

購入はYahooAuctionで購入することとなった。いろいろ見てみるとセットアップ込み
のものがあったので一番安い\11000のを落札した。商品はDENSOの「DIU-3500」。



DENSOの「DIU-3500


2.ETCカード申し込み
機器をオークションで落札したと同時に年会費無料ETCカードを契約しているクレジット
カード会社にて申請、カードは二週間後に自宅に届くということであった。


3.機器の取り付け <第一回目チャレンジ>


機器は二日ほどでセットアップ完了された状態で届いた。カードが届くには時間がかかる。
カードが届くすこしまえに取り付ければいいかと考えた。(※カードは10日くらいで届きました
それじゃあ時間ができ次第、機器を車に取り付けてみるべしと思ったがそれにはまず情報
収集だということでインターネットでFitに取り付けたという情報を探してみた。

いくつか参考になるものがあったのでそれらをプリントアウトしておいて準備は万全。あとは
時間を見てやればいい。


 参考サイト こことか、ここ それとここ 



某日某所、午前で仕事が終わったのでその後、高速の乗り口手前で「カードはすでに届いて
いて持参している、今取り付けたらETCで高速に乗れるな」と思い。取り付けを敢行。
調べておいた資料によるとアンテナをフロントガラスの内側や、ダッシュボードの上に設置するの
は配線なども含め見栄えがよくない。それでアンテナをメーターパネル等の奥、内部に隠して設置
するという方法を採用し実際取り付け方法が説明されていた。それを見ながらやっては見た。

う〜む、やってはみたがコンソールなどをはずす際にうまくはずすことができないのだった。
問題はETCへの電源の取り出しである。機器の説明書はラジオ、オーディオの電源に割り込んで
電源を引き出すように書かれていた。ただそのオーディオの電源までたどり着けない。コンソール
のはずし方も事前に調べてプリントアウトしたものを見ながらやってみたがちょっと実際のわたしが
乗っている車とその説明とは食い違いがあるようで構造自体が違っていて説明書の意味が
なくなっていた。仕方がないので手探りでコンソールをはずしてみようとしたが余計な力を入れて
数箇所かみ合わせの部品がいくつか欠けてしまった。

今回バラしてみて感じたのだが、最近の車ってほんとうにプラスティックの模型みたいである。
それもちゃちいのである。簡単に割れたり折れたりする。金属部品もブリキを使用していてすぐ
に断裂してしまったり。次に乗る車もHONDAと思っていたのだが、HONDAにちょっと失望感を
抱いたのは言うまでもない。

個人のサイトで見つけた資料ではヒューズから電源を取り出しているのだったが詳細が書かれて
おらずお手上げであった。

そうして狭い車の中で悪戦苦闘、結局二時間くらい格闘しただろうか、そうしてわかったことがあった。


「これは俺の手に負えないな」

そうつぶやくと、ものすごい疲労がわたしを襲うのを感じた。

結局それからお金を出して高速に乗り帰路につくことになった。

その日は帰宅して食事もそそくさと済ませ仕事の整理をしたらすぐに寝てしまった。

つづく・・・・・。

時間がないのでこのページは未完成で、時間を見て完成させようと思っています。しかしながら、

 おいおい、で、どうやって付けたんだ?
こちとらは今すぐ知りてぇんだ!早く教えろこのぉ!


と、このページを探し出してくださった方に先に結論を書いておこうと思います。

結論はヒューズの15Aから電源を取り出すヒューズをカーセンターで買ってきます。
これは車のキーをACC電源の状態(ラジオを聴ける位置)において電源が供給される
ヒューズのものと取り替えます。機器の説明書に10Aとか規格が書かれていますが、
15Aでも問題ないとカーセンターのおじさんが言ってました。わたしの買った機器は10A
の規格のように説明書に書かれていましたが、(読み間違い?)実際問題なかったです。
それともうひとつの電源を確保します。それはキーを抜いても常時電源がオンの状態の
ヒューズから電源を取り出す
のです。間違いないのはルームランプ、キーレスエントリーなど
ドアロックなどの電源がそれに該当します。15Aから取り出したら15A以下のいわゆる昔の
形の丸いヒューズが付いているような電源取り出しヒューズを買ってください。ヒューズが
ついてないものもあります。
ヒューズがついているものとたとえばわたしが今回取り付けたDENSOの機種はヒューズが
付いていますが、電源取り出しヒューズに付いているそれとDENSOについているそれが
並列にならんでも問題はないです。



※今回カーセンターのおじさんに「もしここで買って自分で取り付ける場合はどうやるんでしょう?」
という聞き方で情報を得た。おじさんは丁寧に教えてくれた。それはそうだろう、買ってはくれる
のならと教えてくれたのだろうから。やはり直接フェースツーフェースで専門家に聞くのが一番
ですね。聞けば即答ですから。これにはインターネットも遠く及びませんねぇ。しかも情報は専門家
からのものですからA級の情報です。おじさんありがとうございましたぁ。


取り付けの流れを写真に収めておきました。参考にされてください。

電源取出しヒューズと配線止めテープ




ヒューズボックス、今回はシガーとドアロックから取出しました。


機器側のカプラーに挟み込み                         しっかり<かしめ>ます
カプラーは便利!
単に保護層そのままにかしめるだけです。


今回はメーターフードの中にアンテナを隠すのでバラします やり方は 参考サイトを見てください。

参考サイト こことか、ここ それとここ 


これでメーターフード内部にアクセスできます    一番上の奥にビルドインしました 配線止めも忘れずに!


 
あまった長い線類はヒューズボックス横の        本体からの線は弛みを持たせ配線テープで固定
空きスペースに押し込みました。

 
 りゃんめんてーぷで固定、こんな感じです。          違和感ない感じに仕上がりました。

DENSOはアンテナがシビアだと言われてましたが現在の所、問題なく使えてます。
ただ、早く通過しようとするとバーがあがらない気もしますのでいつもゆっくり目で
ゲートに進入しています。

It continues at the next time...............

何か質問とか、意見交換したいことあればこちらのBBSでディスカッションしましょう。
HONDA Fit LOVE BBS


4.実際に使ってみて感じたこと

取り付けてから数週間経ちました。今はもう慣れてゲートも結構スピード出して進入、
手前で減速、メーターフード内にアンテナ取り付けましたがアンテナ感度がシビアだと
言われていたDENSOのETC、まったく問題なしです。入り口で通行券を窓を開けて
取る、出口でオジさんにお金支払うために財布を取り出す。そんなすべての面倒な
作業から開放されました。ETC最高!割引された時はほんと得したなーと嬉しくなり
ます。

■最語に
時代はETCです。あなたも取り付けにチャレンジして喜びを実感してみてください。(^ ^)/~

HONDA Fit ETC