美術の窓 09年5月号に掲載
       「作者の原点」 
       
美術の窓5月号「作家の原点」に私の記事が掲載されました。アルナルド ポモドーロを紹介しています。ぜひご覧ください。
■吉見公子主宰 「遊墨民」の活動

「Less is MORE」

 …装飾をつけないほど、そのものの本質が現れ、より豊かな表現となる


水墨画は 墨・水・紙 という極めてシンプルな材により表現される芸術です。
そのシンプルさがゆえにそれら作品は表現者である作家の意思と材のもつ自然
の意思による共作といえるでしょう。

表現家・吉見公子はそのような水墨画の本質を楚として、自らの意思を自然の
力に託すとともに、装飾のない本質を表現することによって,いままでにない
水墨画の表現に挑戦しています。

女史の作品の多くが「おおらか」かつ「力強い」のは そのような水墨画の
墨・水・紙 のもつ自然力と意思が共存しているからではないでしょうか。
                           

1
■吉見公子の活動
■お知らせ
ユーキャン 趣味の水墨画 09年9月号
       「墨を奏でる下総の秋」 
       
ユーキャン「趣味の水墨画」に特集として「吉見公子 墨で奏でる下総の秋」が掲載されています。基本の描法から構図まで幅広く水墨画の技法を詳しく紹介しました。ぜひ参考にしてみて下さい。

Copyright (C) 2009 YOSHIMI KIMIKO  All rights reserved.

更新日 2009.09.05.

HPの刷新とブログを開設しました。現代の日本人の感性にうったえる身近な水墨画による「アートのある生活」を表現していきます。HPとブログお楽しみください。