ホームへ 登山記録へ
2008年 7月6日(日)

日曜日ごとに雨が降りなかなか見に行けなかったオオヤマレンゲだが、ようやく晴れて今年最後のチャンスとばかりオオヤマレンゲを求めて吉和冠山へ。まだ咲いているかな‥

今回は松ノ木峠に自転車をデポし潮原温泉登山口から松ノ木峠を縦走する計画を立てた。
潮原温泉登山口から登り始めると先日降った雨で川は水量が増し少しひんやりする。時折谷筋を吹き抜ける心地よい風は天然のクーラーのようだった。登山道ははじめ快適だったが徐々に暑くなり山頂に到着する頃には玉のような汗が流れた。

山頂から少し下った景色の良い場所からは目の前に十方山・恐羅漢山が見える。晴れた日はやはり良いなぁ。今回は暑かったので昼食に食べた冷麦が美味しかった〜!昼食後ひと休みしてお目当てのオオヤマレンゲを求めて自転車をデポしている松ノ木峠方面に下る。

オオヤマレンゲの木のある場所に行ってみるとまだ花は咲いていた!匂いをかいで見るとなんともいえない香りがする。少しうつむいて咲くこの可憐な花に今年も会うことが出来た。これから咲きそうな蕾もいくつかありもう少し楽しめそう。

時間に余裕がありそうなので寂地山山頂まで行ってみることにした。分岐から寂地方面に行くと柵をしてオオヤマレンゲを保護している場所があるがここの花はすでに終わっていた。

寂地山の山頂に登山者の姿はなく静かだった。松ノ木峠への下りは山口県側は杉の植林地帯、広島県側は自然のブナ林と尾根をはさんで景色がまったく異なっている。

松ノ木峠に到着。気ままなダンナがデポしておいた自転車に乗って潮原温泉に駐車しておいた車を取りに戻った。潮原温泉までは約7kmあるが下りが続くため非常に快適だったそうだ。初めての挑戦だったが車一台で縦走するにはこの方法は良かった。下山後、スパ羅漢(¥800)に入り疲れを取る。

今回の目的であるオオヤマレンゲの花はまだ咲いていた。私たちが会いにくるのを待っていてくれたのかな。来年もまたこの美しい花に会いにくることにしよう。
松ノ木峠(8:50)→潮原登山口(9:15)→クルソン岩分岐(10:15)→冠山山頂昼食(11:15〜12:15)→冠山分岐(13:00)→寂地山山頂(13:40〜14:00)→冠山分岐(14:35)→松ノ木峠登山口(16:00)
吉和冠山(1,339m)・寂地山(1,337m)
エンレイソウ エンレイソウ
オオヤマレンゲの蕾 オオヤマレンゲの蕾
オオヤマレンゲ オオヤマレンゲ
オオヤマレンゲ オオヤマレンゲ
アマドコロ アマドコロ
コバノフユイチゴ コバノフユイチゴ
とぐろを巻いたマムシ とぐろを巻いて尻尾を振っているマムシに遭遇!
(今にも飛びかかってきそう 逃げるが勝ち)
架け替えられた橋 架け替えられて新しくなった橋
ブナの大木 ブナの大木
臥龍山・十方山 山頂近くから臥龍山・十方山を望む
昼食は冷麦。暑かったので美味しかったぁ! 昼食
オオヤマレンゲ 可憐に咲くオオヤマレンゲ
静かな寂地山山頂 寂地山山頂
登山道 登山道 右は杉の植林地帯の山口県、左はブナの自然林の広島県側
自転車で潮原温泉に向かう。
 「行ってらしゃい〜! 頑張ってね」
自転車で潮原温泉へ
自転車を載せる 無事自転車を載せ帰路につく