ホームへ 登山記録へ
はげの湯温泉登山口(10:00)ー涌蓋山登山口(1050)ー涌蓋山山頂(11:50)ー下山開始(13:30)ーはげの湯温泉登山口(14:50)
2005年 9月25日

熊本県小国町のはげの湯温泉にある登山口から登り始める。
標識に従って登っていくと広い斜面の牧草地にはススキが今朝からの強風で波のように揺れている。何処で迷ったのか気がつけば登山道を外れて背丈ほどのススキとカヤの中。しばらく彷徨ってやっと登山道を見つけてホッと一息、秋のこの時期ならではのアクシデント(-_-;)

牧柵を出てしばらく歩くと林道に出た。林道は途中で土石流の為に崩れているところがあり、先日の台風の凄さを物語っている。

涌蓋山の登山口からは笹が茂る松林を急登する。しばらくすると視界が開け道の脇にはアキノキリンソウやマツムシソウが見られるようになってきた。

頂上は南北に広くなっていて、三俣山・平治岳など九重連山をはじめ阿蘇山そして昨日登った祖母山が遠く霞んで見えた。頂上にはあちらこちらにリンドウが咲いていて踏みつけないように気を付けて歩かなければならない。

大パノラマに後ろ髪を引かれながら往路を戻る。

下山後は、熊本を訪れた時にいつも立ち寄る南小国町にある”林檎の木”へ。相変わらずの人気でしばらく待って美味しいアップルパイを食べて大満足(~o~)
涌蓋山頂上から見える九重連山と祖母山・阿蘇山
アキノキリンソウ アキノキリンソウ
マツムシソウ マツムシソウ
ホソバノヤマハハコ ホソバノヤマハハコ
ヤマラッキョウ ヤマラッキョウ
リンドウ リンドウ
涌蓋山とススキの原 涌蓋山とススキの原
涌蓋山登山口 涌蓋山登山口
土石流で崩れた登山道 先日の台風で土石流の為に崩れた登山道
涌蓋山山頂 涌蓋山山頂
涌蓋山山頂 石祠の置かれた南北に長い山頂
牧草地は一面背丈ほどあるススキの原 ススキの原
はげの湯温泉と湧蓋山 白い噴煙を上げるはげの湯温泉と湧蓋山
アップルパイが美味しい熊本県南小国町にある”林檎の木” 林檎の木
涌蓋山(1,500m)