2006年 5月5日(祝)

坂本竜馬も新婚旅行の時に登ったという高千穂峰に登った。
高千穂河原の駐車場から玉砂利の道を歩いていくと古宮址がある。遊歩道を通ってガレた急斜面を浮石に注意しながら登っていく。

この頃から硫黄の臭いが鼻を衝き始めた。御鉢に到着して噴気の上がってる火口を覗いてみると、その高さに思わず足がすくんだ。

ここから馬の背を登りきって今度は鞍部へと下っていく。ここから最後の上りで高千穂の峰頂上をめざす。頂上には天孫「ニニギノミコト」が降臨した際に地面に突き立てたといわれる鉾がある。頂上からは霧が晴れると時折、手前に御鉢、その向こうに中岳・獅子戸岳・韓国岳が見え素晴らしい景色が目の前に広がる。

復路は砂走りのような登山道を転ばないように注意しながら一気に下っていった。下山後は登山の疲れをとるため国民宿舎「新燃荘」へ。硫黄の臭いのする白色のお湯は疲れた体を癒してくれた。その後今日の宿「霧島ハイツ」へむかうと、ここからは今日登った高千穂峰が目の前に見える。お風呂も湯の花が浮いていて身体に優しかった。
地図
ホームへ 登山記録へ
古宮址 登りはじめると古宮址がある
御鉢をめざす 御鉢をめざす
噴気の上がる御鉢 噴気の上がる御鉢
高千穂峰頂上へ 頂上へ
中岳・獅子戸岳・韓国岳 霧が晴れると時折、手前に御鉢、その向こうに中岳・獅子戸岳・韓国岳が見える
頂上には天孫「ニニギノミコト」が降臨に際して突き立てたとされる鉾がある 高千穂峰山頂
ミヤマキリシマ 咲き始めたミヤマキリシマ
高千穂河原駐車場(10:10)→御鉢(11:15)→鞍部(11:30)→高千穂峰頂上(12:00)→高千穂河原駐車場(14:40)
高千穂峰(1,574m)