地図
ホームへ 登山記録へ
2008年 3月16日(日)

ネット情報を見てまだ雪山ハイクが楽しめる高岳に登ることにした。早々とスタッドレスタイヤを履き替えたためダム堰堤までの道路状況が心配なので昔のチェーンを携行して雪道に備えたが道路は除雪されていて路面に積雪はゼロ。樽床ダム堰堤そばの駐車地に車を停める。しかし駐車地には我々の車だけ。

堰堤から高岳登山口まで歩くが路面はシャーベット状態で滑りやすくなっている。除雪した雪の壁は約1mあり離合が難しい。

高岳登山口には数日前に登ったと思われるトレースはあるが、本日の踏み跡らしきものはない。ここでワカンを着ける。しばらく歩いていくと雪が積もった”ひらきばし”に到着。平均台の選手なら雪の上を歩くところだが‥雪が解けて凍ったわずかなスペースを恐る恐る渡る。気温が高いために雪が少し緩み歩きにくい。

やがて山頂に到着。やはり他には誰もいない。先人の掘った雪穴を拝借して目の前に広がる絵画のような景色を見ながらの昼食。時折聞こえる鳥の声を聞きながら雪に覆われた山頂でひとときを過ごす。冬期この山は静かなスノーハイクが楽しめるお勧めのスポット。

車に戻るまで結局誰とも会うことはなかった。ふたりっきりの静かな山登りもたまには良い。下山後は芸北オークガーデンの温泉に入りアイスクリーム(ドルチェ)を食べて帰路につく。
樽床堰堤駐車地(9:50)→高岳登山口(10:20)→高岳山頂(昼食11:30〜12:35)→高岳登山口(13:30)→樽床堰堤駐車地(14:00)
路面に雪はない 路面に雪はない、今日の登山者車一台
聖湖 聖湖
高岳登山口 高岳登山口 
 短い足をめいっぱい伸ばして登る登山者
恐る恐る”ひらきばし”を渡る ひらきばし
積雪は50〜60cm 積雪は50〜60cm
先人の掘った穴を拝借
(ここで聖湖の風景をひとり占めしながら豪華ランチ)
先人の穴を拝借
今日のランチ 今日のランチは”たこめし”と”山のお弁当”

(最近、ちょっと手抜きですが‥弁当にハマッてます。広島駅南口にある”広島駅弁”美味しいよ!)
不思議な枝発見! 不思議な枝発見!
ヤドリギ ヤドリギ 

雪の上には黄色い半透明な実がたくさん落ちていた
高岳山頂
誰もいない静かな山頂
山頂からの眺望
山頂から見る臥龍山・聖湖の眺望
高 岳(1,054.3m)