ホームへ 登山記録へ
キキョウ マツムシソウ フジバカマ
キキョウ マツムシソウ フジバカマ
ワレモコウ・ススキ ヤマハギ ハバヤマボクチ
ワレモコウ・ススキ ヤマハギ ハバヤマボクチ
ママコナ ホクチアザミ コオニユリ
ママコナ ホクチアザミ コオニユリ
ヤマジノホトトギス アキチョウジ オトギリソウ
ヤマジノホトトギス アキチョウジ オトギリソウ
ツリガネニンジン きのこ きのこ
ツリガネニンジン きのこ きのこ
東登山口 雨があがり東登山口から登り始める
深入山山頂はガスの中 山頂はガスの中
※ 画像にマウスを合わせると出来上がったお好み焼きが現れます
お抹茶 お抹茶
休憩小屋 ガスに煙る休憩小屋
振り返ると山頂はガスの中 深入山
2008年 9月7日(日)

残暑は厳しいが山はもう秋の気配が漂う季節。天気予報は午後から晴れると聞いて秋の花を求めて深入山へ。

いこいの村駐車場に到着すると雨が降っていた。しばらく雨があがるのを待って東登山口から登り始める。時折見えていた晴れ間もいつの間にかなくなり結局、山頂まで雨が降ったり止んだりの生憎のお天気。

それでも登山道にはハギ・ツリガネニンジン・リンドウなどたくさんの秋の花が雨に濡れながら咲いていて私たちを楽しませてくれた。特に今回はたくさんのきのこが目についた。

山頂はガスの中‥展望は今日は望めそうもない。小雨が降っていたので休憩小屋で昼食を摂ることにした。休憩小屋は登山者が次々到着し賑やかになった。今日の天候は、歩いている時には蒸し暑かったがじっとしていると徐々に汗で濡れた体が冷えて半袖では寒いくらい。

昼食は冷凍のお好み焼き。しかしフライパンで上手く温まらないので水を加えて蒸し焼きにしてみた。出来上がりは予想とはちょっと違ったが明石焼き風のお好み焼きの出来上がり。(ちょっと失敗だったかなぁ) 食事の後、隣の方に”深命水”を沸かしてあげたらお返しにお抹茶をご馳走になった。その方によるとお抹茶を点てて飲むと格別ですよというお話だった。美味しかった〜!

下山は足元が雨で滑るので林間コースを下る。下山後、時間が早いので八幡湿原に行くことにした。
東登山口(10:00)→山頂(11:10)→休憩小屋(昼食11:25〜12:30)→南登山口(13:35)→いこいの村駐車場(14:00)
秋の花を求めて
            深入山へ