ホームへ戻る 戻る

三瓶スキー場(10:00)ー女三瓶山(10:50)ー太平山(11:15)ースキー場(13:20)
三瓶山
2005年 2月26日(土) 

昨年、秋に登った三瓶山へ今回は不安と期待を胸に、初めて雪の山に挑戦。
国道375号で三瓶に向かう途中降り始めた雪は結局夜まで降り続いて気がかりなのは明日の天候。今晩は、三瓶温泉の簡保の宿「三瓶」に宿泊する。

2月27日(日)

 前日から降り続いた雪で登れるかどうか心配したが、なんとか晴れたので女三瓶山まで行ってみることにする。
 スキー場の駐車場に車を停めてリフトに乗る。リフトを下りてみると雪は思った以上に柔らかかったが登山者の足跡を頼りに登っていくと以外に歩き易かった。あたり一面雪景色。スキーで来た時とはまた違った山の雰囲気。登ってきて良かったと実感。二人っきりで展望台でのコーヒーブレイク。

電波塔へはだれも登ってなかったがラッセルしながらなんとか到着。女三瓶山頂上からの雪山の景色に感激!!

 太平山山頂で昼食。正面にそびえる雪に覆われた男三瓶山、子三瓶山、孫三瓶山に思わずシャッターをきる。

 一休みして、リフトに乗ってスキー場へ戻った。
 今日一日、お天気に恵まれて初めての雪の登山は最高。これで、登山の楽しみがまた一つ増えたようだ。
  
 帰る途中、三次のそばにある「常清滝」に寄ってみる。雪が降って気温が下がると凍ることもあるが今回は残念ながら凍っていなかったが、やっぱりいつ見ても落差のある迫力のある滝だ。        
女三瓶山 女三瓶山の電波塔
約1.5mの積雪
女三瓶山電波塔にて
何年ぶりかで着たスキーウエアー
女三瓶山にて
太平山山頂 太平山山頂
雪に埋もれた案内板 雪に埋もれた案内板
女三瓶山とスキー場 女三瓶山とスキー場
雪の残る常清滝
常清滝
三瓶山(1,126m)