三瓶山案内図
ホームへ 戻る
2004年 10月10日(日)

今日の宿は国民宿舎「さんべ荘」。三瓶温泉は鉄分、カルシウムなどのミネラルたっぷりの茶褐色のお湯。酒樽や檜、陶器などの露天風呂に入り日ごろの疲れをとって、明日の登山に備える。
気になるのが天候、朝から小雨が降ったり止んだり。夜中には大雨になりちょっとあきらめムード。

10月11日(月)

昨夜からの雨は朝まで残ったが、空は徐々に明るくなってきた。これは、期待出来そう。
前回の三瓶登山は天候に恵まれず、頂上からの眺望が悪かったので今回は祈るような思いで出発。定めの松を出発する頃にやっと雨があがった。ラッキー!

登り始めてしばらくは、足元が悪く放牧している牛の糞との格闘。突然、目の前に現れた牛にビックリ!?
男三瓶山頂上に着く頃には天候も回復し、雲の切れ間から多伎町も見えてきた。
女三瓶から太平山へ。ここで、昼食タイム。一休みして孫三瓶、子三瓶と登り定めの松まで戻って無事三瓶山を縦走することができた。秋の花々もたくさん咲いていて私たちを楽しませてくれた。
男三瓶山と多伎町
左に男三瓶山、右に多伎町その先には日本海
子三瓶と男三瓶山
子三瓶山と男三瓶山
三瓶山 秋の花々
頂上をめざして 孫三瓶山と子三瓶山 太平山山頂
男三瓶山頂をめざして 孫三瓶山と子三瓶山 太平山山頂
女三瓶山頂 男三瓶山頂 孫三瓶山頂
女三瓶山頂 男三瓶山頂上にて 孫三瓶山頂
子三瓶山頂 牛 男三瓶山とススキの原
子三瓶山頂 ドキッ! 熊かと思ったら牛だった 男三瓶山とススキの原
アキノキリンソウ ヤマラッキョウ マツムシソウ
アキノキリンソウ ヤマラッキョウ マツムシソウ
カワラナデシコ リンドウ シコクフウロ
カワラナデシコ リンドウ シコクフウロ

西の原 定めの松(8:50)→男三瓶山(10:50)→女三瓶山(12:15)→太平山(12:50)→孫三瓶(14:00)→子三瓶山(14:35)→西の原 定めの松(15:50)
三瓶山(1,126m)