カタクリ カタクリ
イチリンソウ イチリンソウ
ニリンソウ ニリンソウ
キランソウ(別名 地獄の釜の蓋) キランソウ
ムラサキケマン ムラサキケマン
カタクリ カタクリ
地図
2008年 4月27日(日)

ネット仲間の案内でカタクリを求めて初めて弟見山に登った。今回歩いたのは花の多い右ヶ谷キャンプ場から登るコースを歩く。

登山口からイチリンソウやニリンソウの写真を摂りながらのんびり川沿いを登っていく。沢を渡ると急登が始まる先週登った可部冠山は登山道が整備されていたが。今回は背丈まで熊笹に覆われた尾根道をテープを目印にヤブコキしながら上りが続く。

ひたすら急な登山道を登り莇ヶ岳から弟見山への縦走路の分岐に出る。このコースは案内板がなくワイルドなコースなので初めて登る時には目印のテープを見落とさないように!

弟見山山頂近くは下草が刈られていて歩きやすい。カタクリがたくさん咲いていてまさにカタクリロード!山頂手前、莇ヶ岳が正面に見える見晴らしの良い場所で昼食を摂る。

昼食を摂った後弟見山へむかうが山頂は眺望がきかない。ここから時間に余裕があったので後戻りし莇ヶ岳にむかう。二つの山を結ぶ稜線(分水嶺)の島根県側はブナの原生林が素晴らしい。莇ヶ岳への登山道にはカタクリはまったく咲いていない。

莇ヶ岳山頂からは少し霞んでいたが西中国山地の大展望が開けている。頂上直下には鎖場の中で最も長いコースのハイライト、三ノ鎖がある。さっそく腕と足を使って鎖に挑戦!!

復路は分岐まで戻り右ヶ谷キャンプ場へ下る。下山後、山野草スポット”山野草のえき”を見学した後”バーデンハウス三丘”で汗を流し帰路につく。

今回はイチリンソウ・ニリンソウ・カタクリなど多くの花を楽しみ、弟見山・莇ヶ岳両山に登ることが出来きた。案内をしていただいたネット仲間に感謝の一日だった。
ホームへ 登山記録へ
右ヶ谷キャンプ場 右ヶ谷キャンプ場
沢を渡る
(水量が増えると靴を脱いで渡らなくてはならない)
沢を渡る
藪の中を歩く 藪の中を歩く
莇ヶ岳遠望 莇ヶ岳
弟見山山頂 弟見山山頂
莇ヶ岳山頂 莇ヶ岳山頂
弟見山 弟見山遠望
第三の鎖場に挑戦しました!
画像にマウスを合わせると表示されます
A氏 ネット仲間のA氏
右ヶ谷キャンプ場駐車場(9:45)→分岐(11:40)→昼食(12:20〜12:55)→弟見山山頂(13:05)→分岐(13:35)→莇ヶ岳山頂(14:20〜14:40)→分岐(15:15)→右ヶ谷キャンプ場駐車場(16:30)
あざみがだけ
おととみやま
弟見山(1,085m)・莇ヶ岳(1,004m)