おそらかんざん
だいどころばら
ホームへ 登山記録へ
紅葉
恐羅漢山スキー場から望む紅葉
紅葉の絨毯 紅葉の絨毯を踏みしめて歩く
まるで絵画のような紅葉 紅葉
高岳・聖岳 高岳・聖岳が見える
管理林道を歩いて台所原へ 台所原へ
台所原平の紅葉 台所原平の紅葉
台所原平で昼食タイム 昼食
ホオノキ ホオノキ
紅葉の台所原を行く 紅葉の台所原
まるで撮影会 みごとな紅葉に登山を忘れて気分は撮影会
台所原の紅葉 台所原の紅葉
ブナの巨木 圧巻!ブナの巨木
黄葉の紅葉 紅葉
山頂からの紅葉 恐羅漢山山頂からの紅葉
スキー場から牛小屋登山口へ下る 牛小屋登山口へ
11月9日(日)

先週のくじゅうの紅葉に続き西中国地方最高峰 ”恐羅漢山”に登った。島根県境に位置する台所原付近はブナやミズナラ、トチの原生林が広がりツキノワグマ生息地でもある。以前から紅葉の時期に訪れたいと思っていたが今回ネット仲間のランボーさん・かずさん・息子さん・ガクさんと台所原に登ることになった。

登山口で牛小屋高原レストハウスの方から、最近熊の出没情報があるので熊避けの鈴や笛を持って気をつけていく様に声をかけられた。二人ならちょっと怖いが今回は人数が多いので心強い。

夏焼峠から砥石郷山へむかう途中、景色の良い所で休憩していると「気ままな山登りさんではないですか?」と声をかけられた。その男性こそ幾度となくニアミスが続いた”修行僧さん” いつかは山でお会いできると思っていたが遂に会うことが出来た。これには一同驚いたり喜んだり!!結局、修行僧さん一行に台所原への道を案内していただくことになり総勢9名の賑やかな山行になった。台所原平で昼食を摂った後、いよいよ台所原へ‥

ここ数日来、冷え込みが厳しかったのでブナやカエデ、ミズナラの色付きがとても良いまさに錦秋の赴きである。これまでいろんな山を歩いてきたがこんなに深い森は初めて。みな登山を忘れて撮影に夢中。しかし相変わらず曇り空、晴れていればもう少し紅葉の色合いが良いのだが‥
台所原にある案内板によると60分で登れる行程を90分かけて景色を堪能しながら恐羅漢山山頂に到着した。山頂の岩の上に立つと眼下にスキー場、目の前には秋色に染まった砥石郷山・臥龍山・深入山・十方山が望める。
恐羅漢山山頂で修行僧さん一行と別れてスキー場を下り牛小屋高原駐車地に戻る。道の駅”来夢に寄った後、ランボーさん一行とはここでお別れ。

台所原一帯の見事なブナの原生林の紅葉を堪能、修行僧さんにも会えネット仲間と過ごした楽しかった一日を思い返しながら帰路に着く。(今日は熊の活動の場で寝床でもある台所原にお邪魔したがとにかく熊に会わなくて良かった〜!)
牛小屋高原登山口(9:45)→砥石郷山(といしごうやま)分岐(10:15)→砥石郷山の肩(10:30)→夏焼の峠(なつやきのきびれ)(10:55)→早手のキビレ(11:15)→管理林道(11:25)→台所平で昼食(12:00〜12:45)→台所原(12:55)→恐羅漢山山頂(14:15〜14:30)→牛小屋高原登山口(15:05)
恐羅漢山 台所原の紅葉(広島)