地図
ホームへ 登山記録へ
チゴユリ チゴユリ
キランソウ キランソウ
タチツボスミレ タチツボスミレ
オオカメノキ オオカメノキ
ミヤマカタバミ ミヤマカタバミ
ブナの純木を行く ブナの純木の森を行く
新しく設置された看板(砥石郷山分れ) 砥石郷山分かれ
砥石郷山山頂 砥石郷山山頂
振り返ればさきほど登った砥石郷山が聳える 砥石郷山
ブナの巨木 ブナの巨木
巨木に抱きつく美女?(^_^;)
カメラマン 「嫉妬するなぁ(笑)」
巨木
恐羅漢山山頂 恐羅漢山山頂
山頂から少し霞んでいるが高岳・聖山・臥龍山・砥石郷山が見える 恐羅漢山山頂
牛小屋登山口へ スキー場ゲレンデうを牛小屋登山口にむかって下る
内黒峠通行止めの看板(5月23日まで) 通行止め看板
虫除けスプレー 今回は恐羅漢山山頂にたくさんの蝿がいたので虫除けスプレーがとても役に立ちました。春の山に登る時には必携です。
2008年 5月17日(日)

新緑を求めて広島県の最高峰恐羅漢山に登った。恐羅漢山にむかう国道191号線の戸河内町と三段峡の間には新しく「発坂トンネル」が開通していた。戸河内から内黒峠経由の道路は今週末まで道路修復工事のため通行止めになっていた。

恐羅漢山牛小屋キャンプ場駐車場に到着してみるとエコロジーキャンプセンターハウス前では”新緑の恐羅漢山 2008”というイベントが行われていて参加者で賑わっていた。

夏焼峠からブナの純木の新緑を楽しみながら登山道を砥石郷山にむかう。ところどころに新しく設置された茶色い案内板が立てられていた。砥石郷山山頂は見晴らしがあまり良くない。山頂の写真を撮ってそのまま往路を夏焼峠まで戻りここから恐羅漢山にむかう。ふたたび続くブナの原生林に感激。「この景色、絶対比婆山にも負けていない!」と思う。登山道にはミヤマカタバミが徐々に咲き始めていた。

恐羅漢山山頂の岩の上に立つと東側の眺望が開けている。少し霞んでいたが目の前には十方山・臥龍山・高岳・聖山が見える。昼食を摂った後、スキー場ゲレンデを登山口ににむかって下山。その後いこいの村で入浴し(¥500)帰路につく。

恐羅漢山に登るのは2度目だったが、初めて登った時は右も左も分からずただ頂上をめざして登ったのだろう。どんな景色だったのかあまり記憶がない。それにしてもこんなにみごとなブナ林だったとは!紅葉が美しい時期にルートを変えて再び訪れてみたい。また一つお気に入りのコースがふえた。
牛小屋キャンプ場登山口(10:15)→夏焼峠(なつやけのキビレ)(10:40)→砥石郷山(11:20)→夏焼峠(11:50)→恐羅漢山山頂(12:50〜13:50)→牛小屋キャンプ場登山口(14:25)
といしごうやま
おそらかんざん
恐羅漢山(1,346m)・砥石郷山(1,177m)