(立岩山)
ホームへ 登山記録へ
地図
2006年6月4日

各地で山開きが行われているが、ガイドブックに今日 大神ヶ岳(だいじんがたけ)で山開きが行われると書いてあるのを見て登ってみることにした。広島と島根の県境にあり、寂地山の北西に位置する山伏の修験場として知られた山である。

吉和村から三坂八郎林道を通って登山口に到着。駐車場で聞いた地元の登山者の話によると以前はこの登山口で山開きのイベントが行われていたが現在はここから離れた集落で行われているということだった。山開きで賑わっているのかと思っていたがちょっと寂しい感じ‥

鳥居のある登山口から登り始めしばらくすると、どこからか太鼓の音が響いてきた。山道を登っていくと、大きな”平岩”が見えてきた。更に登ると山葵(わさび)天狗社・三坂大明神があった。どうやらさっきの太鼓の音はこの神社で山開きの神事が行われていたようだ。もう少し早く到着していれば間に合ったのかな。

三坂大明神の祠の後には大きな岩壁がありその上に大神ヶ岳の山頂がある。頂上の岩は目のくらむような断崖絶壁、恐る恐る下を覗いてみると岩場にピンクのタニウツギが咲いていた。

分岐まで戻って赤谷山にむかう。エンレイソウやイワカガミの咲く登山道を歩いてササ原展望台に到着。しばらく行くと目の前に切り立った大きな崖が見えてきた。この立岩と呼ばれる岩の上に登ってみた。目の前には原生林が広がり山々の峰が何処までも続いていて素晴らしい眺めだった。

赤谷山(立岩山)頂上は少し広場があるがあまり見晴らしが良くないのでササ原展望台まで戻る。ここで目の前に広がる景色を楽しみながら鳥のさえずりをBGMに昼食をとる。復路は往路を引き返した。

下山後、匹見峡温泉”やすらぎの湯”で今日の疲れを取って帰路のつく。途中、多くの山菜取りの姿を見かけた。私も蕗を摘んで帰って甘辛く料理して食べたがとても美味しかった。
登山口 「大神ヶ嶽三坂大明神山葵天狗社」と刻まれた額を掲げた木の鳥居から登山開始
山開きの神事が行われた山葵天狗社 山葵天狗社
潜り岩 巨岩が重なり合った潜り岩(くぐりいわ)を通って頂上へ
「くにびき国体炬火採火場」と書かれた三坂大明神。この祠の後に大きな岩壁がありその上が大神ヶ岳の山頂
三坂大明神
大神ヶ岳山頂 大神ヶ岳の山頂 足元は切り立った崖になっていて目の前には原生林が広がっていて素晴らしい眺め
目の前に聳える立岩 立岩
立岩 立岩は垂直に切り立った懸崖
イワカガミ イワカガミ
エンレイソウ エンレイソウ
タニウツギ タニウツギ
ヤマアジサイ ヤマアジサイ
パノラマ
ササ原展望台からの景色
大神ヶ岳(1,177m)・赤谷山(1,180m)
大神ヶ岳登山口(8:40)→山葵天狗社(9:00)→大神ヶ岳山頂(9:20)→赤谷山(10:20)→ササ原展望台(10:50)→登山口(12:30)