八経ヶ岳方面
日出ヶ岳山頂から望む昨日登った八経ヶ岳方面
木々が立ち枯れた正木嶺
2007年 5月4日(祝)

紀伊半島の中央にある台高(だいこう)山脈の主峰、大台ケ原山の日出ヶ岳に登りました。

大台ケ原駐車場に到着して車中泊。翌朝シオカラ谷コースから歩き始める。シオカラ谷に架かる吊り橋を渡り急登を登るとシャクナゲ坂と呼ばれる登山道に出るが、ここのシャクナゲも満開の時期はもう少し先のよう。

狭い岩稜を慎重に歩いて大蛇ーに到着。先端には鎖の柵があり周囲は目もくらむほどの絶壁、昨日登った八経ヶ岳をはじめ大峰連山の絶景が目の前に広がり大感激!大蛇ーが見える少し離れたところで絶景を見ながらしばしコーヒータイム。

正木ヶ原周辺からは白く枯れた立ち木や倒木が目立ち、以前の緑の生い茂った様子と比べてその衰退ぶりに驚いた。原因は伊勢湾台風と鹿の食害によるものだという。

階段を登って展望台のある日出ヶ岳に到着した。頂上からは大峰山脈の景色が素晴らしかったが、太平洋熊野灘方向は生憎霞んで見えなかった。頂上で軽い昼食をとる。

大台ケ原駐車場に戻りビジターセンターを見学。大台ケ原に登って雨に遇わなかったらよほど精進のよい人。ここでは町で一年かかって降る雨が一月足らずで降ると言われているそうです。今日は天気が良くて本当によかった。やはり普段の行いがいいのかな ラッキー(~o~)!

下山後は上北山温泉に入って一日の疲れを取り宿泊地の十津川温泉郷 上湯温泉”神湯荘”に向かいました。
大台ヶ原駐車場(7:10)→シオカラ谷(7:40)→大蛇ー(だいじゃくら)(9:00)→正木ヶ原(10:30)→日出ヶ岳(ひでがだけ)山頂(10:45)→大台ケ原ビジターセンター(12:00)

※ コーヒータイムを取りながらゆっくり歩いたので時間は多めです
登山口 反時計回りに歩き始めシオカラ谷をめざす
シオカラ谷の吊り橋を渡る シオカラ谷
シャクナゲ坂 シャクナゲ坂に花はなく‥
大蛇ー(だいじゃくら) 大蛇ー
八経ヶ岳方面を望む 大蛇ーから八経ヶ岳方面を望む
正木ヶ原
正木ヶ原
昔は、「緑の山だった‥」と書かれた案内板 
 ※ 画像をクリックすると拡大します 
頂上から見た熊野灘方面
大台ケ原山 日出ヶ岳(1,695m)