西赤石山のアケボノツツジ
(遺跡を巡りながらゆっくり登ったため時間は多めです)
つなくりやま
とうなる
2008年 5月4日(祝)

翌朝、かつて別子銅山基地だった東平(とうなる)に到着。目の前に聳える西赤石山北側斜面にはアケボノツツジが咲き山肌をピンクに染めている。

第三広場(鉱山鉄道跡)を通って第三通洞跡そばの登山口から登り始める。柳谷(やなだに)沿いに登っていくと登山道には見ごろを迎えたトサノミツバツツジと淡黄色のヒカゲツツジが咲いている。鮮やかなピンクのトサノミツバツツジのトンネルを通るときには思わず歓声が上がった。花を楽しむなら昨日登った日浦登山口よりこちらからが断然オススメ。

登山道脇で多くの登山者が立ち止まっている。何かあるのかと覗いてみるとなんと湿地帯に”サクラソウ”が咲いていた。自生しているサクラソウの群生を見るのははじめて!可憐な姿に思わずシャッターをきる。銅山峰ヒュッテを通って鉄塔のそばから急登を登っていくと銅山峰への道に出た。

ここで登山者から「綱繰山のアケボノツツジが咲いている」という情報をゲット。さっそく行ってみると西山山頂から少し下っていくと綱繰山北側の斜面にみごとにアケボノツツジが咲いている!「登ってきてよかったー!」 満開とまではいかないが、まじかで見るアケボノツツジは実に美しい。見ごろは一週間先ぐらいかなぁ。ここでコーヒーブレク、暫し至福の時間を過ごして往路を下る。

下山後、東平歴史資料館・大山積神社そばの別子銅山記念館を見学し、”湯の谷温泉”に入り帰路につく。今回はまだ咲いていないと諦めていたアケボノツツジをはじめ満開のトサノミツバツツジそしてサクラソウの群生を見ることができサプライズの連続の大満足の花の登山だった。
地図
東平銅山峰登山口(8:40)→柳谷分岐(9:00)→銅山峰ヒュッテ(10:00)→西山山頂(10:50)→コーヒータイム(綱繰山が見える展望地)(10:55〜11:15)→銅山峰(11:35)→銅山峰ヒュッテ(12:00)→登山口(12:50)
ホームへ 登山記録へ
登山口 第三通洞そばの登山口

”第三通洞跡”は東平と昨日登った日浦とを結び、鉱石運搬に使わる駕籠(かご)電車が走っていた
変電所跡 変電所跡
トサノミツバツツジ トサノミツバツツジ
ヒカゲツツジ ヒカゲツツジ
ヒカゲツツジ ヒカゲツツジ
ヤマブキ ヤマブキ
サクラソウ サクラソウの群生
サクラソウ サクラソウ
銅山峰ヒュッテ 銅山峰ヒュッテ
(本格的な山小屋で食事付の宿泊が出来る)
綱繰山(つなくりやま)のアケボノツツジ
(画像ではあまり色が出ていないかなぁ)
綱繰山
アケボノツツジ アケボノツツジ
大山積神社 大山積神社
蒸気機関車 別子での第1号蒸気機関車
   (1893年開通)
湯之谷温泉 湯之谷温泉
東平から西山へ(1,429m)

       (アケボノツツジ咲く綱繰山)