ホームへ マイアルバムへ
熊野古道とは

平成16年7月「紀伊山地の霊場と参拝道」がユネスコの世界遺産に指定された。
紀伊山地の三霊場「熊野三山」「高野山」[吉野・大峯」は11〜12世紀には代表的な霊場として多くの信仰者が訪れ、それに伴い三霊場を結ぶ道として熊野参拝道(大辺路・中辺路・小辺路・伊勢路)・高野山町石道・大峯奥駈道などが形成された。熊野古道とはこれらの道の総称である。


大辺路(おおへち) 紀伊田辺から海岸線を南下して熊野三山までの道
中辺路(なかへち) 紀伊田辺から山中を分け入って熊野三山を巡る道で皇族や貴人の参拝道として利用され、熊野神の御子神を祀った「王子」またはその遺跡が多く点在する。
小辺路(こへち) 紀伊半島中央部を南下し熊野三山にまでの道
伊勢路(いせじ) 紀伊半島東岸を南下する主に東国から熊野三山を目指す参拝者が歩んだ道
大峯奥駈道
(おおみねおくがけみち)
吉野・大峯と熊野三山を結ぶ修験者の修行の道で標高千数百メートルの山々の主稜線を踏破するよう開かれた道
八咫烏(やたがらす) 神武東征の際、天照大神によって神武天皇のもとに遣わされ熊野から大和への道案内をしたとされる3本足のカラス。日本サッカーチームのシンボルにもなっている。
翌日は雨に煙る円月島を見ながら”南方熊楠”(みなかたくまぐす)記念館に向かいました。幼少時代から記憶力に優れ、十数カ国語を自由に使いこなした熊楠は世界的な博物学者で生物や鉱物を独学で研究し粘菌の研究者として知られています。

最後にとれとれ市場に行きました。とても大きな市場で新鮮で豊富な種類の魚介類がならび多くの観光客で賑わっていました。お昼ご飯に海鮮どんぶりを食べました。新鮮な魚でボリュームがありとっても美味しかった〜!

南紀の旅は八経ヶ岳・日出ヶ岳登山に始まり温泉巡り・熊野古道そして美味しい魚と大満足の旅になりました。
宿泊した十津川温泉郷 上湯温泉から熊野大社に向かう途中、川に架かる乗り物を発見!これは籠に乗り引き綱を自分でたぐり寄せながら対岸に渡っていく”野猿”と呼ばれる橋がなかった頃の乗り物。早速乗って動かしてみましたが引き綱が想像以上に重く少し動かしただけで諦めました。

熊野本宮大社に到着しました。大鳥居をくぐり石段を登ると社殿があり、4つの社殿には家津美御子大神をはじめとする四柱の神が祭られていました。まだ車などなかった時代、古人はどんな思いでこの地に立ったのだろう‥。
熊野大社参拝後、田辺市本宮行政局内に新しく出来た和歌山世界遺産センターで熊野古道や紀伊山地の霊場に関する展示物を見学しました。

国道311号線沿いにある道の駅「熊野古道中辺路」に車を停め熊野古道を歩きました。道標に沿って静かな杉林の中を歩いて箸折峠を越えると牛馬童子像がありました。想像していたより小さくてかわいい像でした。
円月島
円月島(えんげつとう)

円形の海触洞が特徴の臨海浦に浮かぶ小島
とれとれ市場

堅田漁協が直営する西日本最大の鮮魚市場
とれとれ市場
マグロの解体ショー とれとれ市場名物のマグロの解体ショー

「マグロの頭 \10,000!」「かま \2、000!」の声が市場内に響いていました。
とれとれ市場で食べた昼食海鮮どんぶりは味噌汁付 (\1,500) うなぎにぎり(\600) 大トロにぎり(\800)也
 
海鮮どんぶり
野猿 野猿(やえん)

籠に乗って猿が木のつるを渡っている姿に似ているところから野猿の名が付けられた
熊野大社本宮の大鳥居

シンボルの八咫烏(やたがらす)が描かれている幟幡
熊野本宮大社の鳥居
熊野大社の石段 鳥居から「熊野大権現」と書かれた旗が並ぶ石段を上って行きます
この神門をくぐると大きな社殿が建っていました(社殿は撮影禁止でした) 熊野大社の神門
熊野古道の道標 熊野古道の道標、ここから歩き始める
昔の参拝者もこんな感じで杉林の中を歩いたのかなぁ‥ 林の中
牛馬童子の像 牛馬童子(ぎゅうばどうじ)の像

牛馬童子は花山法皇の旅姿を模したものともいわれている。隣は役の行者像
熊野古道の道端にたくさん咲いていたホウチャクソウ。
花の名前はいつもお世話になっているネット仲間のかずさんに教えていただきました。
何の花?
南紀の旅(熊野古道)