ホームへ 戻る
2004年 11月21日

絶好の登山日和。早速、3年ぶりに紅葉を見に宮島へ。宮島口に着いたらものすごい人。潮が引いた大鳥居の周りもたくさんの観光客の姿があった。

今回は、多宝塔ー弥山ー紅葉谷のコースを登ることにする。多宝塔の登り口からは桟橋の賑わいがうそのように他の登山者と会うこともなかった。登っていくうち先日の台風でたくさんの木が倒れているのを見て改めて台風被害の深刻さを痛感した。

駒ヶ林に着くとハイキンググループの到着とも重なってにぎやかな昼食タイム。
今日のメニューは寄せ鍋。お隣さんはキムチ鍋。山での食事はやっぱり美味しい。

一休みして、弥山へ。途中、干満の岩に立ち寄ってみる。頂上近くにあるこの岩穴の水は満潮の時には溢れ、干潮の時には乾くという不思議な穴で水は何故か塩分を含んで少ししょっぱい。(弥山七不思議の一つ)

弥山頂上は人が多くてゆっくり出来ないので早々に下山することに。紅葉谷では紅葉のピークは少し過ぎていたが楽しみにしていた紅葉は十分楽しむことができた。出来立ての温かい紅葉饅頭も美味しかった。

帰りの船から振り返って見ると、さっき登った山の稜線が夕日に映えてとても綺麗だった。
朝日に映える大鳥居 夕暮れの宮島
朝に映える大鳥居 夕暮れの宮島
紅葉谷の紅葉 宮島の町を望む
紅葉谷の紅葉 宮島の町を望む
干満岩 鮮やかな紅葉
干満岩 鮮やかな紅葉
宮島弥山(529.8m)