ホームへ 登山記録へ
牧ノ戸峠(9:00)→黒岩山山頂(9:50〜10:15)→牧ノ戸峠(10:50)
”山里の湯”は九重夢吊り橋の近くにある。

炭酸泉は温度が低いのが常識だがこの温泉は炭酸泉38℃と高温で、完全かけ流し加温・加水なしの源泉100%のお湯。

1995年の硫黄山の噴火により営業を停止した”すがもり小屋”のご主人が経営されているこの温泉は最近高温の炭酸泉が出たそうでいつまた泉質・泉温がかわるか分からないということだ。

店内に展示されている在りし日のすがもり小屋の写真を見ながら九重の山談義でしばし盛り上がった後、H氏夫妻との楽しかった雪山・氷の祭典を思い返しながら帰路につく。
星生山・九重連山
黒岩山山頂から星生山・九重連山を望む
2008年 2月11日(祝)

昨日星生山に一緒に登ったH夫妻と待ち合わせして牧ノ戸峠から手軽に登れる黒岩山に登り山頂からの景色を楽しんだ。

目の前に見える星生山に今日登る登山者は私たちがつけたトレースがあるので楽かなぁ。そんなことを考えながら登っていく。

黒岩山の山頂からは360度の大パノラマが広がる。今登ってきた牧ノ戸峠、そして星生山、降り積もった雪がまるで砂糖菓子のように輝く三俣山。遠く由布岳・阿蘇連山までよく見える。西には八町原地熱発電所。こんなに眺めが良いとは‥登ってきてよかった〜!

山頂でひと休みして下山しH夫妻とはここでお別れ。私たちは以前から気になっていた”山里の湯”へむかった。
牧ノ戸峠 牧ノ戸峠(8:30にはほぼ満車)
三俣山・硫黄山 三俣山・星生山
阿蘇連山 遠くに阿蘇連山
山頂から見た三俣山 三俣山
山里の湯 山里の湯

ここはお気に入りの温泉になった。すぐ近くには筌の口温泉があるが泉質が違うのは不思議だなぁ。大自然の恵みに感謝。(入浴料 ¥500)
注) 浴室内は炭酸ガスが発生するため窓が常時開いている。入浴してしばらくすると体中に気泡がつく。
黒岩山・山里の湯