平治岳への北尾根ルートは記憶を頼りに制作したため地図は正確なものではありません。案内標識がなく踏み跡はあるものの途中迷いそうな場所が2ヶ所あります。Bの大船林道の少し先に正式な平治北登山口があります。
地図
ホームへ 登山記録へ
吉部駐車場 吉部登山口は思ったより車が少なく道路脇に車を停めることが出来た。おかげで駐車料金(¥1000)を払わずにすんだ。ラッキー!
地図@ 吉部登山口
  鳴子川に架かる橋を渡ってゲート手前を入る
吉部登山口
地図A 大船林道に出る
地図B 大船林道にある小さな橋の手前を入る

このコースは見晴らしが良いという情報を聞き先行者に案内をしていただきここを登ることにした
登山道
男池が見える 地図C 左手に霞んでいるが男池方面が見える
地図D 梯子を上る 梯子
ロープ ロープを使って急登を登る
急登を登りきると視界が開けミヤマキリシマ越しに平治岳が見えた! 平治岳
平治岳山頂へ 北尾根ルートを登っていくといきなり賑やかな平治岳山頂に出る
まさにピンクの絨毯!! ピンクの絨毯
ミヤマキリシマ ミヤマキリシマに染まる斜面
平治岳山頂で満開のミヤマキリシマを眺めながらしばしドーナツタイム ドーナツ
ラーメン 坊がづるで昼食のラーメンを食べ始めた頃から大粒の雨が降りだした
雨に煙る平治岳 平治岳
暮雨の滝 暮雨の滝(くらさめのたき)
根の張った急な登山道下っていく 下山道
見晴らしの湯 九重町温泉館 見晴らしの湯(¥300)
温泉は登山客で大賑わい
2008年 6月8日(日)

翌日は生憎の曇り空。「このお天気お昼までもってくれるかなぁ。」吉部登山口から空模様を気にしながら平治岳をめざす。昨日ランボーさんから聞いた北尾根ルートのメモを頼りに大船林道ゲート手前から登り始める。

このルートはあまり知られていないため静かな山登りを楽しむことが出来た。登山道は途中から見晴らしが良くなり遠くに霞んではいるが男池が見えた。

平治岳山頂に到着すると今までの静けさがウソのような物凄い登山者の数。そして山頂周辺にはピンクの絨毯を敷詰めたような見事なミヤマキリシマが咲いていた!思わず感嘆の声が上がる。やはりこの時期、くじゅう連山のハイライトは平治岳のミヤマキリシマである。山頂近くに広がる満開のミヤマキリシマを眺めながら約1時間のんびりと至福の時を過ごす。

ミヤマキリシマを堪能した後、坊がづるにむかって下山する。大戸越から振り返ると山全体がピンクに染まり去年とは比べものにならないくらい見事な花付。今年はシャクトリムシ何処へ行ったのかなぁ。坊がづるに到着する頃からポツポツと雨が降り始めた。雨を避け炊事棟で昼食にラーメンを作って食べる。

帰りは暮雨の滝に寄って吉部登山口に無事帰着。下山後九重町の”見晴らしの湯”で汗を流して帰路につく。それにしても今年のミヤマキリシマはみごとだったなぁ〜!
吉部(よしぶ)登山口(7:10)→大船林道(7:50)→平治岳山頂(9:45〜10:45)→大戸越(おおとごし)(11:20)→坊がづる昼食(12:00〜12:40)→暮雨の滝(13:30)→吉部登山口(14:15)
平治岳(1,642.8m)