ホームへ 登山記録へ
錦江湾と指宿方面
錦江湾と指宿方面
地図
登山口 二合目登山口
知覧・枕崎方面
梯子 九合目にある梯子を登ると頂上はすぐそこ!
多くの登山者で賑わう開聞岳頂上 頂上
開聞岳 傘雲を被った開聞岳
2006年 5月4日

薩摩半島の南端にある薩摩富士と呼ばれる開聞岳に登った。
駐車場から登山口にむかって歩いているとなんと蝉の声が聞こえてきた!今日は暑くなりそう。二合目登山口から本格的な登山になる。登山道は左に巻きながら展望のない樹林帯を歩く。

五合目まで登ってくると展望が開け時折眼下に海に広がる素晴らしい景色を見ることが出来た。九合目あたりから岩場が急になり、息を切らせながら梯子を登ると頂上は目の前。

あまり広くない頂上は物凄い数の登山者でごった返していた。頂上からは少し霞んでいたが錦江湾・池田湖・薩摩半島を見ることが出来た。今日は桜島や宮之浦岳は霞んで見えない‥。

復路は同じコースを戻るため上りと下りの登山者が交互に順番待ちの状態。家族連れが多く子供たちの元気な声が登山道に響いていた。

下山後は長崎鼻に行きここから今登った開聞岳の秀麗な山容を眺めた後、指宿温泉で汗を流した。夕食は鹿児島市内で黒豚しゃぶしゃぶに舌鼓を打ち、夜は桜島SAで車中泊。
開聞岳駐車場(8:50)→開聞岳頂上(11:20)→開聞岳駐車場(14:40)
開聞岳(924m)