地図
白木山・可部の町
左に白木山・眼下に可部の町
ホームへ 登山記録へ
登山口 竜頭ヶ原園地登山口(加賀津の滝コース)
ここには駐車場と水洗トイレがあった
加賀津の滝

水量が多くマイナスイオンたっぷりの滝は必見
加賀津の滝
石采の滝 石采の滝
ミツバツツジ ミツバツツジ
ミツバツツジ ミツバツツジ
明神ダム堰堤 明神ダム堰堤
急登 急登を登る
可部冠山山頂後ろに堂床山 可部冠山山頂
昼食 昼食
アセビ アセビ
桜 山頂に残る桜
壊れた橋 壊れた橋
崩れた林道 崩れた林道
林道がなくなった! 林道がなくなった
全面通行止 登山者の方へ
   災害のため「全面通行止め」の看板
2008年 4月20日(日)

春を求めて可部冠山に登った。登山道に咲くピンク色のミツバツツジを見ると春を感じる。今回は滝を見ながら登っていく加賀津の滝コースを歩く。しばらく行くと落差30mの三段になった加賀津の滝があり、まじかで見ると迫力がある。滝のそばの階段を一気に登り滝の上部に出ると汗が流れる。更に行くと木々の間から石采(いしうね)の滝が見える。

中国電力のフェンスに沿って登っていくとトンネルの入り口に出た。ここから車道を歩いていくと左手に明神ダムの堰堤が見える。冠山山頂への分岐を過ぎたあたりから急登が続き尾根道へ出る。里山気分で登りはじめたが思っていた以上に登り応えがある山だった。

アップダウンを繰り返しながら西冠山を経由して可部冠山山頂に到着。入山禁止のため登山者は少ない。はっきりした案内板がなかったので赤いテープを目印に登ったが、携行した地図とガイドブックがとても役に立った。山頂で目の前に聳える白木山・備前坊山・堂床山、眼下に可部の町を見ながら昼食を摂る。

復路は可部峠から南原峡(なばらきょう)へ下る。途中、長助茶屋跡に立ち寄ってみる。看板には石州街道を通った人々の様子が書かれて当時を偲ばせる。可部峠からの下りは眺望がなく湿地帯が続く。

第二キャップ場から林道に出る。この辺りからところどころ道路は陥没し一部道路がなくなっていてかなりひどい道路状態で復旧はこれからという感じ。登山口に到着してみると「災害のため登山者全面通行止」の看板があった。すべての山登りは自らの責任で山に入ることを痛感した。
竜頭ヶ原園地駐車場(10:25)→加賀津の滝(10:35)→石采の滝(10:50)→西冠山(12:00)→可部冠山山頂昼食(12:15〜13:30)→長助茶屋跡(13:40)→第二キャンプ場(14:30)→駐車場(13:05)
可部冠山(735.7m)