十方山林道
ホームへ 戻る
 林道の入り口まで戻ってきたところで、救急車のサイレンの音。林道の先でバイクが転倒して怪我人が出たとのこと。私たちがすれ違った人かな?皆さん気をつけましょう!

 今日は 魅惑の里の温泉に入って疲れを取ることにした。

 
 道端で、葉っぱに産み付けた沢山の蛙の卵を発見。「いた、いた。」生まれたばかりのおたまじゃくし。水溜りに落ちたおたまじゃくしは元気に泳いでる。大きくなって立派な蛙になーれ。
 
 雨がりのブナ林はとても幻想的だったので思わずシャッターを押したけれど写真では上手く雰囲気が伝わりません。
 アジサイの花が沢山咲いていた。今日見つけたのはタマアジサイとコアジサイ。


赤い実をつけた木苺を見つけました。写真に撮って木苺の実を食べてみました。甘酸っぱ〜い味でした。。
 
 十方山林道の入り口が地図では分かりにくかったけどなんとか到着。吉和村への林道入り口に車を止めトレッキング開始。 右は十方山林道、左は匹見峡への道。

 中津谷川沿いに40分あまり歩くと峠があった。そこからは右手に細見谷を見ながらしばらく歩くと初めて見晴らしの良いところに出たのでここで昼食タイム。十方山が見えた。細見谷の川原まで行ってみたかったけれど時間がなかったので今日はここで引き返すことにした

 道は連日の雨で水溜りがあったが、それよりバイクやオフロードカーのツーリングのコースになっているらしくかなりの交通量。近くでバイクがスリップする音。熊さんもビックリ!熊除けの鈴の音がむなしかった。すれ違う登山者もなく歩いているのは私たちだけみたい。

2003年 6月29日(日)

 梅雨の中休み。久しぶりに晴れたので、今、話題になっている十方山林道を歩いてみることにした。
 戸河内の二軒小屋から国道488号線へつながる十方山林道(細見谷を経由)は、二車線にして舗装する林道整備計画がある。十方山林道は昭和34年に開通している。
おたまじゃくし タマアジサイ
生まれたばかりのおたまじゃくし タマアジサイ
ブナ林 コアジサイ 木苺 アザミ
幻想的なブナ林 コアジサイ 赤い木苺 アザミ
十方山林道分岐 細見峡 十方山林道 十方山?
左は匹見峡へ 
   右は十方山林道
細見峡 十方山林道 十方山