地図
ホームへ 登山記録へ
2008年 2月10日(日)

ネット仲間のH夫妻と日程が合い一緒に登ることになった。大曲登山口からトレースをたどりながら登るが思っていた以上に雪が多い。

先行者が「トレースがなく道が分からない」ということで同行のH氏と交替で膝まで雪に埋まりながら壺脚歩行でトレースをつけながら登っていく。

ガスの合い間から何とか星生山山頂が確認できた。踏み跡のない山頂になんとか到着。しかし吹き付ける雪交じりの風は顔面の感覚がなくなるほどの冷たさ。ペットボトルの中の飲料水がシャーベット状に凍るほどでとにかく寒い!!

しばらくするとガスも晴れ西千里浜に下る。思いの外星生山への上りに時間がかかったため久住分かれから御池(みいけ)にむかう。今回の目的は氷結した御池の氷の上を歩くこと。御池に到着してみると池は完全に氷結していた。恐る恐る歩いてみる。そばを通りかかった人がアイゼンをつけていないためすってんコロリン(-_-;)

氷の上で食事をとり北千里浜に向け帰途につく。(やはり、トレースのついた道は非常に歩きやすいということを実感)

夕食後、昨年時間がなくて素通りだった念願の”九重 氷の祭典”を見学した。ライトアップされた氷の彫刻は幻想的でとても綺麗でした。

:

登山者 アイゼンを着ける登山者
樹氷を見ながら星生山へ 星生山へ
第一登山者 ガスの中、踏み跡のない星生山山頂に立つ本日の第一登山者H氏
しばらくすると晴れ間が見えてきた 星生山山頂
三俣山・硫黄山 星生山山頂から三俣山・硫黄山を望む
西千里浜への急な下り 西千里浜へ
登山者ふたり 久住分かれから阿蘇山を望む中年登山者ふたり
※ マウスを合わせると氷結していない御池(みいけ)が表示されます
御池に立つ 今回の目標 氷結した御池の真ん中に立つ(私の体重でも割れない!)
久住分かれへむかう、後方は天狗ヶ城 久住分かれへ
氷の芸術 かわいい氷の芸術
北千里浜へ 北千里浜へ
すがもり越え すがもり越えから 後方に大船山
星生山・三俣山
左に星生山、右に三俣山
大曲駐車地(8:35)→星生山山頂(10:50)→久住分れ避難小屋(12:00)→御池(みいけ)昼食(12:30〜13:30)→すがもり越え(14:40)→大曲駐車地(15:15)
星生山御池