ひ い じ だ け
地図
ホームへ 登山記録へ
原生林 幻想的な原生林
ブナの巨木 ブナの巨木
根性のある根っこ 根性のある根っこ!
男池でひと休み 男池でひと休み
杵島岳 杵島岳はガスの中
男池登山口 男池登山口
かくし水 かくし水
画像にマウスを合わせると前回登山のミヤマキリシマの画像を表示

※クリックすると前回の登山へジャンプ
ガスが晴れて坊がづる見えてきた ミヤマキリシマ
ミヤマキリシマ ミヤマキリシマ
ミヤマキリシマは3分咲き ミヤマキリシマ
平治岳山頂 平治岳山頂でワンちゃんと一緒
昼食はビーフンと雑炊 昼食
イワカガミ イワカガミ
今年もいました!シャクトリムシ シャクトリムシ
男池駐車場 男池駐車場(朝5〜6台だった車が‥)
2007年 6月2日(土)

今回は天気があまり良くないので距離の短い男池から平治岳へのコースを登りました。

前日午後11時に男池駐車場に到着して車中泊。目が覚めると霧雨が降っていた。登山口の男池園地で清掃協力金(¥100)を払い晴れることを願って登山を開始。幻想的なブナの原始林の中を歩いていくと「かくし水」がありここで水を補給する。(この水はとても美味しかった)

ソババッケの分岐から岩だらけの谷筋を登っていく。降り続いた雨がようやく上がるころに大戸越(うとんごし)に到着。登山道には数名の登山者がいるだけで大戸越には誰もいない。

到着して間もなくガスがとれて平治岳がその姿を見せてくれた。ラッキー!この頃から徐々に登山者が賑わい始めた。お目当てのミヤマキリシマは3分咲き。平治岳に登り始めると西に坊がづる、その先には中岳がよく見える。しかし凄い風が吹いている‥体が浮きそうな強風(体感風速20m?)に悩まされ、手元が定まらず思うように写真が撮れない。

風を避けながら大戸越で昼食を摂り、雨で滑りやすくなってる登山道を注意しながら往路を下っていく。しかし、雨上がりの原生林は幻想的な雰囲気に包まれている。男池に寄ってひと休みして登山口へ戻る。”くじゅう やまのおいちゃんの家”(オーナーが”くじゅう情報ランド”を配信中)に立ち寄り8年前のミヤマキリシマが満開の平治岳の写真を見て感激!(こんな景色が見てみたいなぁ。)

明日もお天気次第で山へ‥しかし翌朝目が覚めてみると雨、それでも杵島岳の登山口まで行ってみたが雨風共に強く山はガスがかかっていたため登山を中止、予定を変更して温泉と九州国立博物館へ。
男池登山口(7:10)→かくし水(7:40)→ソババッケ(8:25)→大戸越(9:35)→平治岳山頂(10:25〜10:45)→大戸越昼食(12:00〜13:00)→男池(15:00)→男池登山口(15:10)
平治岳(1,643m)