10:15(板堂峠登山口)→12:30(東鳳翩山山頂)→13:45(板堂峠登山口)
地図
ひがしほうべんざん
ホームへ 登山記録へ
2006年 10月8日(日)

「東鳳翩山」という一度聞いたら忘れそうにないこの山名は「方便山」と記するのが正しく、方便とは仏教用語で「悟りを開かすための方法」つまり「うそも方便」としてお馴染みのことばから来ているそうです。

山口市内から21世紀の森、森林学習館を通り過ぎて板堂峠の駐車場に到着。車を停めてここから登山を開始しました。アップダウンを繰り返しながら尾根道を登っていきました。しばらく行くとショウゲン山との分岐がありベンチでひと休みして眼下に広がる山口市内の展望を楽しみました。

さらに歩いて行くと天花畑(てんげばた)と書かれた二ツ堂コースとの分岐がありここを過ぎると展望のよい幅広い道になり頂上はもうすぐです。実は二ツ堂コースから登る予定でしたが登山口が分かりませんでした(-_-;)

頂上からの眺めは素晴らしく山口市内とその向こうに瀬戸内海・西鳳翩山・県境の山々などを見渡すことができました。翌日は秋吉台を散策後、柚木慈生温泉に入って帰路につきました。
アザミ アザミ
シラヤマギク シラヤマギク
何の花かな? 何の花かな?
イヌタデ イヌタデ
オオウラヒョウモン オオウラヒョウモン
板堂峠登山口 板堂峠登山口
階段になった尾根道をを歩く 尾根道
分岐 二ツ堂コースとの分岐
ススキの原が続く登山道 登山道
東鳳翩山山頂 東鳳翩山頂上は360度の展望が広がる
山口市内を望む 山口市内
東鳳翩山を望む 一の坂ダム湖越しに東鳳翩山を望む
東鳳翩山(734.2m)