ホームへ 登山記録へ
雪の比婆山連山
下山後は、”かんぽの郷 庄原”の温泉で登山の疲れをとる。フロントで話題の総領町の節分草の話を聞いて早速行ってみることにした。

会場の”道の駅 リストアステーション”でボランティアの方に説明していただきすぐそばにある自生地でかわいい節分草や福寿草を見ることが出来た。
2006年 3月5日(日)

朝6時に自宅を出て3時間かけて県民の森駐車場に到着。多くのスキー客で駐車場は混みあっていたがなんとか駐車スペースを確保して出雲峠に向けて出発。

今日はお天気が良いので雪山を十分楽しめそう。烏帽子山に向かう尾根の辺りから風が強くなり積雪も多くなってきた。踏み跡を辿って頂上へ直登する。

烏帽子山頂上に着くと周囲の山々は雪に覆われ素晴らしい雪景色だったが、楽しみにしていた大山は霞んで見ることが出来なかった(-_-;)。
登山者は皆通り過ぎて行ったが、お腹も空いたし風除けになる場所を確保して昼食タイム。暖かいおでんを食べながら広い頂上を二人占め。目の前に聳える吾妻山がとても美しい。

比婆山頂上は、キャッツや謎の覆面を被った楽しいグループをはじめ多くの登山者で賑わっていた。下山コースは越原峠から県民の森管理センターに向かうことにした。途中かなりの雪があり、ワカンを履いてふわふわの雪の中を下ると気分は最高!雪がなければこの気分は味わえない。うん〜やっぱり雪山は良い(^^♪
県民の森駐車場(9:40)→出雲峠(10:20)→烏帽子山(11:20)→比婆山(御陵)(12:40)→越原峠分岐→県民の森駐車場(14:20)
福寿草 福寿草
節分草 節分草
節分草のアップ 節分草
出雲峠の避難小屋 雪に埋まった出雲峠の避難小屋
いざ烏帽子山へ いざ烏帽子山へ
昼食タイム 烏帽子山頂上で昼食タイム
誰もいない烏帽子山頂上。目の前に見える吾妻山が美しい 烏帽子山頂上から見た吾妻山
毛無山をバックに 誰も歩いていない雪の上で毛無山をバックにハイポーズ!
御陵は雪の中 御陵は雪の中
ブナ林を下山中 ブナ林の中を下山
比婆山(1,264m)