おむすび岩から見た大野権現山・三倉岳方面
地図
観察の森駐車場(9:10)→管理センター(9:30)→学習広場分岐(9:40)→おむすび岩(11:10)→権現山分岐(11:40)→頂上(12:10)→駐車場
2006年 3月21日(祝)

久しぶりの里山歩きで宮島の対岸にある大野権現山へ行ってきました。
国道2号線から大野IC方面に向かって20分ほど走って”おおの自然観察の森”駐車場に到着、そばにある自然観察センターで記帳をしてから登山を開始。

ベニマンサク湖のそばを通って学習広場の分岐から観察を森をぬけていく。しばらく行くと大きな岩が見えてくる、これが”おむすび岩”。ここからの眺めは眼下に五日市の町や宮島をはじめとする瀬戸内海の島々が一望でき素晴らしい。
尾根道を歩いていくつかのピークを越えるとベニマンサク湖と権現山の分岐に出る。20分ほど登ると頂上に着く。山頂には祠があり広場にある岩の上からは佐伯町が良く見える。

WBCの決勝戦が気になってラジオをつけてみると、なんと日本がリードしている!気分を良くしてラジオを聴きながらの昼食タイム。
復路は分岐まで戻ってベニマンサク湖へ下る。湖のそばにある観察小屋から見ると対岸にはたくさんのマガモやオシドリたちが見える。帰りに自然観察センターでは、ホオジロがすぐそばまで飛んできて可愛い姿を見せてくれた。

下山後、車で近くにある経小屋山へいってみた。山頂眼下に宮島が見えた。
今日は登山・バードウオッチング・自然観察を楽しみながらの登山になった。秋のベニマンサクが紅葉する頃にまた訪れてみたい。
ホームへ 登山記録へ
大野権現山 ベニマンサク湖から見た大野権現山
おむすび岩

おむすびの形をした岩が大岩の上に載っている。ここからの眺めが素晴らしい
おむすび岩
分岐 権現山とおむすび岩の分岐
大野権現山頂上 大野権現山山頂
毒性があるといわれるアセビ
枝は仏事に使われる。この辺りでは”シキビ”と呼ばれているが正式には”シキミ”
シキミ
サンシュウ 自然観察センターの入口に咲いていたサンシュウ
経小屋山頂上から見た宮島 経小屋山頂上
大野権現山(699.5m)