地図
ホームへ 登山記録へ
ヤマブキショウマ ダイセンオトギリ ホソバノヤマハハコ
ヤマブキショウマ ダイセンオトギリ ホソバノヤマハハコ
ホタルブクロ シモツケ カラマツソウ
ホタルブクロ シモツケ カラマツソウ
ウバユリ ナンゴククガイソウ コオニユリ
ウバユリ ナンゴククガイソウ コオニユリ
ノリウツギ オオバギボウシ ナンゴククガイソウ
ノリウツギ オオバギボウシ ナンゴククガイソウ
大神山神社奥宮山門 大神山神社奥宮山門
       ただ今修復中
あじさいロードを行く
  あともう少しで下宝珠越
あじさいロード
崩落箇所 上宝珠越手前の崩落箇所
三鈷峰とお花畑 三鈷峰とお花畑
北壁上部の稜線はガスの中 北壁上部の稜線はガスの中
お花畑を見ながら三鈷峰へ お花畑を見ながら三鈷峰へ
三鈷峰山頂 三鈷峰山頂
米子方面 何処かの作品の真似をしてみました
分かるかな?最近山仲間で噂になっている‥
昼食 箸を忘れたのでお手製の箸で昼食
(次回からマイ箸を持参しよう)
ユートピア小屋とお花畑 ユートピア小屋とお花畑
砂ばしり 先行者が砂ばしり終点まで降りたのを確認し、気ままなダンナは私を追い越して走って降りていった。「あ-ぁ 先に行っちゃった〜!」
大山寺橋そばにオープンしたモンベル直営店
(モンベルのベストを着た熊さんがお出迎え)
モンベル直営店
秘密兵器(1) 登山道具 秘密兵器(1) 車中泊用安眠グッツ 

水はけのため斜度をつけてある駐車場は傾いているのでそれを修正する道具、今回使ってみて非常に良かった
登山道具 秘密兵器(2) 
インセクトポイズンリムーバー 

瞼を虫に刺されたため即使用したところ、あまり腫れずにすんだ。虫刺されの薬と共に山の必需品 
秘密兵器(2)
2008年 7月21日(祝)

この時期夏山気分を味わうならやはり大山かなぁ。20日に大山行きを計画したが雷注意報が出たため一日延期して21日に花を求めて三鈷峰に登る。

前日遅く大山寺橋駐車場に到着し車中泊。翌朝目覚めると外気温22℃、気持ちのよい朝をむかえた。日中の暑さを避けて登り始める。現在修復中の大神山神社山門を通って大神山神社へ。ここで朝食を摂り昼食用の冷麦を準備して出発。

下宝珠から中宝珠を通り三鈷峰にむかう。途中、下宝珠越まではまさにあじさいロード。一面に咲くあじさいを眺めながら登っていく。しかし、剣ヶ峰・弥山への稜線はガスの中。

山頂に近づくと勝間ケルンのあたりからお目当てのナンゴククガイソウ・シモツケソウが見られるようになった。今年は期待できそう。

分岐から三鈷峰にむかう。ナンゴククガイソウの穂先はまだ少し青いが花付は非常に良く三鈷峰への登山道にはみごとなお花畑が続く!!。三鈷峰山頂から眼下には大山スキー場。米子方面に目をむけると弓ヶ浜から日本海が一望のもとに広がる。だが、相変わらずガスで弥山山頂は望めない。

三鈷峰山頂は強い風のためユートピア小屋にむかう。どこまでも続くナンゴククガイソウの花が山頂を渡る風に吹かれ、まるで波のように揺れる様子は本当に美しいの一語に尽きる。

ユートピア小屋で早めの昼食を摂り今回も宝珠越から元谷へ砂すべりを楽しむ。元谷堰堤を通って大神山神社へ下る。駐車場まで戻る途中、茶店でソフトクリームを食べてひと休み。「美味しかった〜!」

、大山寺橋そばの土産物店が新しく”モンベル”の直営店になっていたのでさっそく行ってみた。入り口ではモンベルのベストを着た熊さんがお出迎え。しばらくウインドウショッピングを楽しんだ後、岸本温泉”ゆうあいパル”で疲れを取り帰路につく。
大山寺橋駐車場(5:35)→大神山神社奥宮朝食(6:00〜6:35)→下宝珠登山口(6:50)→下宝珠越(7:10)→中宝珠越(7:45)→分岐(9:00)→三鈷峰(9:25)→ユートピア小屋昼食(10:15〜11:00)→砂滑り(11:50)→下宝珠越登山口(12:30)→大神山神社奥宮(12:40)→大山寺橋駐車場(13:00)
さ ん こ ほ う
三 鈷 峰(1,516m)