地図
ホームへ 登山記録へ
2008年 4月5日(土)

雪山シーズンの最後を飾って、四季を通じて唯一登っていなかった積雪の大山に登った。前日のうちに登山口に到着.してみると車は3台と思ったより少ない。翌朝夏山登山道から登り始める。

雪質をみながら二合目でアイゼンを着ける。このあたりから標識は雪の中に埋まり、トレースを辿りながらひたすら直登する。日差しが徐々に強くなり汗ばんできた。五合目あたりで雪をかぶった三鈷峰・北壁が見えてきた。丸太で作られた登山道は完全に雪の下で六合目避難小屋も半分雪に埋もれている。

山頂に到着。弥山からの眺めは烏ヶ山・三鈷峰・剣ヶ峰が目の前に広がりなんとも壮観な景色!!頂上付近は白一色の別世界。しかし、弓ヶ浜方面は霞んでいて景色はあまりよくない。山頂の登山者は天気が良いわりに10人あまりと少ない。スキーヤーは食事も取らずに早々に下っていく。私たちは景色を堪能しながらのんびり昼食を摂った後下山。

八合目を少し下った辺りにスキーヤーと登山者のトレースがあった。少し迷ったが雪質がザラメ状になっていたのでここから行者谷へ下る。雪が多く残る谷筋の斜面を尻セードしながら滑り降りていく。なんとも楽チン・気持ちいい〜!元谷の堰堤に到着して振り返るとまじかに雄大な北壁のパノラマが広がる。気ままなダンナは三十数年前、元谷から大山寺橋までスキーで滑った話を懐かしそうに話していた。

大神山神社を通って駐車場に戻る。下山後は”岸本温泉ゆうあいパル”で今日の疲れを取る。さて、明日は何処の山に登ろうか‥
大山夏山登山口(7:45)→二合目アイゼンを着ける(8:15〜8:30)→六合目避難小屋(9:25)→大山山頂昼食(10:30〜11:40)→元谷堰堤(12:50)→大神山神社奥宮(13:20)→大山駐車場(13:40)
大山スノーハイク
三鈷峰・剣ヶ峰
三鈷峰・剣ヶ峰・弥山を望む
大山登山口駐車場 車は思ったより少ない。登山届けを提出していざ出発
スキーを担いだ登山者 登山者
もうすぐ六合目避難小屋 もうすぐ六合目避難小屋
六合目避難小屋 六合目避難小屋
剣ヶ峰を望む 三角点ピークから剣ヶ峰を望む
剣ヶ峰 剣ヶ峰
山頂避難小屋 雪に埋もれた大山山頂避難小屋
山頂のスキーヤー 山頂のスキーヤー
スキーヤー スキーヤーが下っていく
谷筋を下る 谷筋を下る
谷筋に残るトレース

※ マウスを合わせると尻セードで下る様子が表示されます
大神山神社奥宮 大神山神社奥宮
大山遠望 大山遠望
伯備線が走る岸本町の菜の花畑。大山山麓はもう春  菜の花畑