吾妻山山頂からの眺望
牛曳山・伊良谷山・毛無山のむこうに大山
地図
2008年 3月2日(日)

”休暇村吾妻山”が来年から冬期営業停止となり道路の除雪がされないためこちらからの入山が出来なくなるという情報を知り、今年のうちにと思い晴れ間を見つけて吾妻山へ。休暇村への道路は雪のレール状態で中央部は10cmの雪があり時折車のそこをゴリゴリこする感じ。

”休暇村吾妻山”の駐車場でプロ写真家の田原一久氏にお会いした。お話によると大山は暴風雪で撮影が出来ないため吾妻山に早朝入られ日の出を撮影されたそうだ。

登山口から今日の先行者の踏み跡を辿りながら直登する。山頂付近の雪面はアイスバーン状態でワカンの刃を立てながら滑らないように注意深く登っていく。山頂は風が強く写真撮影をして早々に大膳原キャンプ場に下り昼食を摂る。

キャンプ場から吾妻山の稜線に登り返すが、南ノ原の道標が見つからずそのまま真直ぐ下り車道に出た。駐車場に向かって歩き始めるとちょうど通りかかり休暇村の車に「乗せていってあげましょう」と声をかけていただき、駐車場まで乗せてもらえることになった。ラッキー! 優しい休暇村の職員さんありがとうm(__)m 

下山後は、”かんぽの郷 庄原”の温泉で登山の疲れをとった後、節分草を見に旧総領町にむかう。神社近くの自生地には前回来た時よりたくさんの節分草が咲いていた。白く可愛い花を咲かせた節分草を見学した後帰路に着く。
吾妻山休暇村(10:00)→吾妻山山頂(11:00)→大膳原キャンプ場(11:45〜12:30)→吾妻山休暇村(13:50)
ホームへ 登山記録へ
節分草 節分草
節分草 節分草
節分草 節分草
節分草 節分草
神社 神社のそばの自生地に節分草がたくさん咲いていた
雪景色 車窓からの雪景色、道路には雪のレール
吾妻山が見えてきた 吾妻山
田原一久氏 撮影中の田原一久氏
雪に埋まった山頂への道標 道標
山頂付近 山頂付近 アイスバーンの雪面を注意深く登っていく
山頂からは遠くに大山が見える 山頂
登山者たち 厳寒の山頂に立つ登山者たち
氷の芸術 雪の芸術
モンスター 山頂で牙をむくモンスター発見!
山頂を振り返る 山頂を振り返る
大膳原へ 大膳原へ下る
大膳原キャンプ場炊事棟で昼食 炊事棟
昼食 鍋で心も身体もぽっかぽか
南ノ原にむけ下山、途中スカイボードに挑戦しました。
※ 画像にマウスを合わせると表示されます
氷柱 吾妻山休暇村の氷柱は夜にはライトアップされる
吾妻山と節分草