地図
車で走った道
地図
歩いた道
ホームへ 登山記録へ
冠山・羅漢山方面
冠山・羅漢山方面
十種ヶ峰方面
十種ヶ峰方面
安蔵寺トンネル登山口 安蔵寺トンネル登山口(木部谷温泉入り口の看板には安蔵寺トンネルまでは通行可能と書かれていた安蔵寺林道)
しかし、工事中につき通れなかった
当分通行出来ません(匹見方向も)
ミズナラの巨神木 ミズナラの巨神木
雪の残る登山道 白いシーツを敷いたようなベンチ
安蔵寺山山頂 安蔵寺山山頂
昼食 昼食は冷凍野菜チャンポン
展望地 展望地
ゲート 奥谷登山口より管理人に許可をもらってゲートをくぐり通る
※ 離合が難しいダート道四駆ならなお良い
駐車場は広くきれいなトイレがあり夏のPキャンに最高! 駐車場
ツルリンドウの実 ツルリンドウの実
紅葉 紅葉
柿木温泉 柿木温泉 はとの湯荘
塩化物炭酸水素塩泉(\400)
2007年 11月23日(祝)

島根県の安蔵寺山に登りました。高速道路を走る車窓から眺める山々はまだ紅葉が美しく、色とりどりの紅葉を楽しみながら登山口へむかう。

木部谷温泉のところから入ると看板に「安蔵寺トンネルまでは通行可能」と書かれていたので車を走らせたがトンネル手前3Kmのあたりで崖崩れの工事のためやむなく分岐まで引き返し杣の里まで車を迂回し、奥谷登山口まで行った。時間も遅くなり今日は行けるところまで行こうと駐車場で支度をしていたら公園で登山案内所の方から「ゲートを開けて林道を行けば安蔵寺トンネルに出られますよ」と教えていただきダート道を車を走らせようやくトンネル登山口に到着。(おかげで車が泥だらけ)

歩き始めて10分足らずで奥谷登山口との分岐に着いた。柔らかい落ち葉を踏みしめながら雪の残る登山道をルンルン気分で歩く。アップダウンを繰り返しながら山頂へむかう。

山頂で初めて二人連れの登山者に出会う。山頂を少し下ったところにある展望地で昼食をとる。山頂近くの紅葉は終わっていたが中腹から麓にかけての紅葉はまだみごろだった。雲ひとつない快晴で大パノラマを充分楽しんだ後往路を引き返す。頂上で出会った二人以外誰にも会うこともなく静かな山登りだった。下山後は柿木温泉に入り帰路に着いた。

※今回の教訓 林道を使うときには道路状況を前もって調べておくこと。
安蔵寺山トンネル登山口(11:15)→ミズナラの巨神木→安蔵寺山山頂(12:25)→展望所昼食(12:40〜13:30)→安蔵寺山山頂(13:40)→登山口(14:45)
安蔵寺山(1,263m)