ききょうやま
あしたけやま
ホームへ 登山記録
シロオニタケ
キノコ
拾って帰った栗は早速栗ご飯になりました
これで茶碗蒸しに松茸があったらなぁ‥

※ マウスを合わせると我が家の夕食が現れます
2008年 9月23日(祝)

県北の山に登る時、庄原市内でいつも見かける葦嶽山”日本のピラミッド”と書かれた案内板が以前から気になっていた。今回は葦嶽山に登ってみることにした。

登山コースの”野谷ルート”とハイキングコースの”灰原ルート”の二つがあるが今回は野谷ルートから灰原ルートを周回するコースを歩いた。

簡易トイレのある野谷登山口駐車場に車を停め登りはじめる。駐車場までの道の両側はロープが張られていて立ち入り禁止の看板が設置してある。ロープの内側には赤松の木が点在している。たぶん松茸だろう‥

今日のこの山の登山者は私たちが最初らしく気ままなダンナは蜘蛛の巣をストックで払いながら登っていく。足元には白・紫・ピンク‥様々なキノコが生えていた。

渓谷を登りつめると急登の先には東屋がありここが鬼叫山と葦嶽山の分岐になる。、ひと休みすると鞍部に吹き上がる風が心地よい。鬼叫山は葦嶽山の拝殿とも言われ方位岩・獅子岩などの奇岩・巨岩がある。古代の遺跡か?自然石か?太古のロマンが感じられる。

鞍部まで戻り葦嶽山山頂へ。山頂は北側の見晴らしが良く庄原市内から中国山地の山並が見渡せる。昼食を摂った後灰原コースを下る。車道を歩いて途中、秋の味覚栗を拾いながら駐車地に戻る。しかし舗装したアスファルトの道は歩きにくかった。下山後、国営備北丘陵公園に行く。
野谷登山口駐車場(10:20)→東屋(鞍部)(11::10)→鬼叫山(11:30)→葦嶽山山頂昼食(11:50〜12:50)→灰原コース登山口(13:20)→車道(13:45)→野谷登山口駐車場(14:40)
野谷登山口 野谷コース登山口から登りはじめる
川を渡って沢沿いの登山道を歩く 登山道
東屋 鞍部にある東屋でひと休み
鬼叫山(ききょうやま)・葦嶽山分岐の案内板 分岐案内板
ドルメン ドルメン(供物台)

1メートルほどの大きな岩が積み重なっていてその上に一枚岩の供え物台がある
ライオンの顔に見える”獅子岩” 獅子岩
方位岩 割れ目が東西南北を示す”方位岩”
高さ3メートル、幅7メートルある巨大な”鏡岩” 鏡岩
神武岩 神武岩(屏風岩)

「高さ6メートルの大石柱の頂には、かつて光る球がはめ込まれていて日が昇ると太陽の光がこの球に当たりそれが鏡岩に反射して岩全体が光り輝いていた」と書かれている。

かつては、大石柱のすぐ隣には同じような石柱が数本並んでいて屏風のようだったという。大正時代初め、石柱に下に神武天皇の財宝が隠されているといううわさが流れ大勢の人たちが石柱を倒し宝を探したため今では一本の石柱しか立っていない。
葦嶽山山頂 葦嶽山山頂
昼食はイタリアン
メニューはぺペロンチーノ・サラダ・おむすび

※ 画像にマウスを合わせると出来上がった料理が現れます
鷹岩 鷹岩
灰原登山口 灰原ルート登山口に下山
葦嶽山(815m)  広島県庄原市