地図
気ままな山登りのひとりごと

後立山連峰縦走に最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今回の山登りも晴天に恵まれ無事終えることが出来た。

晴れた日の山の景色は本当に美しい。山頂に立ち遥か遠くまで続く峰々を見渡した時なにものにも変えがたい達成感を感じる。これだから北アルプス行きは止められない。

しかし、山歩きは天気の良い日に限る、天気が悪ければ回復するまで見合わせるべきだと思う。自然条件の厳しい北アルプスでは特に大切なことだ。晴れていれば楽しく登れる山も天候が荒れ一度牙を剥くと自然の厳しさの中では人間の無力さを思い知らされる。

山に入れば普段の煩わしい生活から開放され自然にその身を任せてみる。折角苦労して登った山もピークハントだけではもったいない。ゆっくりのんびり‥美しい花があれば立ち止まって心ゆくまで愛でる。それが”気ままな山登り”の山の楽しみ方です。

追記

五日分の洗濯物を洗おうと白馬駅近くのコインランドリーにて洗濯に初挑戦!使い方がが分からず困っていると手馴れた様子の隣の男性が親切に教えてくれた。利用してみるとこれは簡単で便利。何でもやってみるもんだなぁ。(外は雷雨になっていた)
ホームへ 登山記録へ
立山連峰を望む
立山連峰を望む
村営頂上宿舎 村営頂上宿舎を後にする
多くの登山者で賑わう山頂 白馬岳山頂
三国峠 ハイマツに囲まれた三国峠でひと休み
登ってきた鑓ヶ岳・杓子岳・白馬山頂を振り返る 振り返る
小蓮華岳山頂 小蓮華岳山頂
さらば白馬岳 さらば白馬岳
白馬大池 白馬大池が見えてきた
ここから岩だらけの登山道が続く 白馬大池
白馬乗鞍岳山頂 白馬乗鞍岳山頂のケルン
雪渓を下る 雪渓を下る
天狗原
天狗原の高層湿原
岩場歩きが続いた足元は木道歩きでほっと一息
栂池パノラマロープウェイ

栂池高原ゴンドラリフト(栂池高原駅〜栂の森駅)¥1,000
栂池ロープウェイ(栂大門駅〜自然園駅)¥720

行きも帰りもロープウェイに乗り経費はかかったが楽チンだった
ロープウェイ
2008年 8月13日

後立山連峰縦走も今日が最後となる。今日も快晴、4日間ずっと剱岳・立山連峰が見えて昨年に続き最高の天気だった。かすかに剱岳左手に黒部湖も見える。

白馬岳山頂に到着してみると百名山だけあって朝から多くの登山者で賑わっていた。立山連峰も一段とよく見えまさに360度の大パノラマは”すんばらし〜い!”の一言に尽きる。大雪渓を覗き込むと登山者が米粒のように見える。

後ろ髪を惹かれる思いで白馬岳を後にする。長野・新潟・富山の県境である三国峠の休憩地でひと休みし小蓮華岳を通り白馬大池に到着。ここで軽い昼食を摂り栂池に向けて下山する。

ここからは岩だらけの登山道になり浮石に気をつけてバランスを取りながら下っていく。思っていた以上に時間がかる。乗鞍岳は岩混じりのハイマツ帯で平坦な山頂部にはケルンが目印になっていた。途中雪渓を横切って再び岩場の急斜面をひたすら下っていく。

天狗原の高層湿原の木道を歩いていくとワタスゲが風に優しく揺れる。このあたりで小雨が降りはじめたが何とかロープウエイ駅まで天気がもちひと安心。ロープウェイで栂池に到着しバスで白馬駅まで戻り、ここからタクシーで八方ゴンドラ駅の駐車場に戻り今回の山旅も無事終了となった。地元のタクシーの運転手さんオススメの”倉下の湯”で家を出てから五日ぶりのお風呂に入り疲れを取る。
白馬頂上宿舎(5:45)→白馬山荘(6:00)→白馬岳山頂(6:30)→三国峠(7:30)→小蓮華岳山頂(8:30)→白馬大池(10:15)→白馬乗鞍岳(11:30)→天狗原(12:30)→栂池パノラマウエイ(自然園駅〜栂池公園駅)(14:00〜14:45)→白馬駅(15:10)→八方ゴンドラ駅駐車場(15:20)
後立山連峰縦走 W
                (白馬岳〜栂池)