地図
正面にひときわ高く聳える白馬岳 手前に杓子岳
ホームへ 登山記録へ
ご来光 ご来光
天狗山荘を出発 天狗山荘
剱岳 今日も剱岳がよく見える
白馬鑓ヶ岳の山容 白馬鑓ヶ岳
白馬鑓ヶ岳山頂 白馬鑓ヶ岳山頂 遠くに白馬岳が見える
これから歩く杓子岳・白馬岳を眺める 杓子岳・白馬岳
杓子岳山頂へ 杓子岳山頂へ、右手には崩落が続く東壁
眼下に広がるいろいろ問題が発生した大雪渓 大雪渓
頂上宿舎と白馬山荘 手前に村営頂上宿舎、遠くに白馬山荘が見えてきた
山の斜面にお花畑が広がる お花畑
昼食 白馬山荘”スカイレストラン”で昼食
  渇いた喉にビール旨い

生ビール ¥860
枝豆    ¥700
カレー ¥1000
ラーメン ¥1000
ちょっぴりリッチな昼食になった
村営頂上宿舎の夕食はバイキング
               (鰻の蒲焼付き)
夕食
2008年 8月12日

朝、目が覚めてみると天気が良さそうなので朝食前にご来光を拝むことにした。今日は行程が短いため朝はゆったり過ごす。

天狗山荘を出発、白馬鑓温泉との分岐を通りザレた稜線を登って白馬鑓ヶ岳山頂に到着。山頂では360度の大パノラマが待っていた。昨年登った常念山脈・穂高連峰・剱・立山連峰を一望の下に俯瞰する。登ってきて良かった! この景色を見るために登ってきたようなものだ。(自称天気予報士の予報通りだった。)

山頂は風もなく穏やかな天気、ここで眺望を楽しみながらゆっくりコーヒータイム。最高の気分で何とも贅沢な時を過ごす。気がつけば一時間が経過していた。

白馬鑓ヶ岳からいったん下って登り返し小鑓へ。分岐から左に巻いて行く道もあるが再びザレた稜線を直登して杓子岳をめざす。足元にはもう終わりかけたコマクサがあちらこちらに咲いている。杓子岳山頂に到着。ここからの眺めも素晴らしいが雪渓側を覗き込むと崩落のため大きく削られていて足がすくむようだ。杓子岳から白馬岳にむかう登山道周辺にはあちらこちらにお花畑が広がる。

白馬山荘に到着。今日の昼食はスカイプラザレストランでビールと枝豆・ラーメンとカレーライスをオーダーし久しぶりにのんびりした食事タイムになった。しかし窓から見えるはずの景色はガスの中‥

白馬山荘での宿泊も考えたが団体客も多く、昨夜泊まった天狗山荘の領収書を提示すれば村営頂上宿舎なら割引がある(¥1000)と聞いていたので結局頂上宿舎に宿泊することにした。今日もよく歩いたのでお昼寝タイム。夜は宿泊者が少なくカーテンもあり4人で寝るスペースを2人でゆっくり寝ることが出来た。
立山連峰
白馬鑓ヶ岳山頂からの北アルプスの眺望
天狗山荘(6:30)→鑓温泉分岐(7:05)→鑓ヶ岳山頂(7:30〜8:30)→杓子岳山頂(9:30〜10:00))→白馬山荘昼食(12:00)→村営頂上宿舎(13:30)
後立山連峰縦走 V 
         (白馬鑓ヶ岳〜白馬山荘)