アルプスの花々へ
常念岳山頂からのパノラマ
常念岳山頂から槍ヶ岳・穂高連峰を望む
ホームへ 登山記録へ
常念乗越 眼下には常念乗越、常念小屋
前日登った燕岳・大天井岳・横通岳が見える三股への分岐 分岐
富士山・南アルプス 雲の上から頭を出す富士山・南アルプス
常念岳山頂 常念岳山頂
常念岳山頂 登山者で賑わう常念岳山頂
ニッコウキスゲ・ヤマトリカブトの咲くお花畑 お花畑
横尾へ 槍の穂先・穂高を望みながら横尾に向かう
氷壁の宿 ”徳澤園”

※ 画像にマウスを合わせると夕食が表示されます(夕食はステーキと岩魚の甘露煮)+生ビール
穂高連峰 上高地から見た穂高連峰
2007年 8月16日(木)

朝日に染まる槍ヶ岳の姿を楽しんだ後、常念岳をめざす。常念乗越からは岩だらけの急登をジグザグに登っていく。常念岳山頂付近にガスがかかりはじめた。

常念岳山頂に到着するころにはガスも晴れ、祠が祀られ方位盤が置かれた山頂からは槍・穂高連峰の見事な大パノラマ!!山頂からの景色を堪能して蝶槍をめざす。

岩場の稜線をペンキのしるしをたどりながらいっきに急下降する。いくつかのピークを越えてお花畑を楽しみながら蝶槍に到着。目の前に広がる穂高連峰、この景色を楽しみながら昼食タイム。

稜線をたどり分岐から横尾に下る。この下山道は登山者も少なく一組の団体と数組のパーティに出会っただけ。今にも熊が出そうな登山道を熊除けの笛を吹きながら下っていく。

ようやく梓川が見えはじめた、槍見台を過ぎしばらく行くと横尾に着く。梓川に沿って歩き徳澤園に到着、チェックイン後さっそくお風呂で汗を流す。登山で疲れた身体は湯船に浸かると本当に気持ちいい〜!最高\(^o^)/

2005年初めて槍ヶ岳へ、その頂上から眺めた穂高に憧れ2006年は穂高へ、今度は正面に聳える常念岳から槍・穂高を見たくなり2007年は常念山脈へ。それにしても今年の槍・穂高を見ながらの縦走は感動的だった。3日間とも午前中快晴、午後はガスがかかる夏特有の天気が続いた。気温が高かったので少しバテ気味だが無事下山することが出来た。
さて、来年は何処へ‥

翌日上高地におりて、帰り道観光のため飛騨高山で途中下車。
常念小屋(6:15)〜常念岳(7:30〜8:10)〜蝶槍(昼食11:30〜12:00)〜横尾分岐(12:15)〜横尾(14:25)〜徳澤(15:40)
常念岳(2,857m)・蝶ヶ岳(蝶槍2,664m)