おてんしょうだけ
2007年 8月15日(水)

燕山荘を出発して大天井岳にむかう。今日も晴れて槍ヶ岳・穂高連峰がよく見える。尾根道を歩いていると全身から汗が流れるが足元に咲くコマクサが心を和ませてくれる。行き交う登山者も少なく静かな山行、振り返れば今歩いてきた尾根道の遥か彼方に燕岳が見える。

頭上を何度もヘリコプターが行き交う。燕山荘で「大天荘では水の補給は出来ません。」と注意書きがしてあったがどうやらポンプが壊れて水不足になり水を運んでいるようだ。これは大変だー!

大天荘に到着後ザックを置いて大天井岳を往復する。楽しみにしていた大天井岳山頂から槍・穂高連峰の展望は、午前中は晴れてよく見えていたのに午後からはガスがかかる夏特有の天候で残念ながら見ることが出来なかった。

途中、今年も雷鳥に出会うことが出来た。可愛い5羽のヒナを連れていたがヒナは動きが早く写真に撮れなかった。

東天井岳直下のハイマツの斜面を通り横通岳の岩礫の山腹を横切って樹林帯を抜けようやく2日目の宿 常念小屋に到着。同室のご夫婦と仲良くなり山の話題で話が弾んだ。定員12人部屋を4人で使えることになり疲れた身体をゆっくり休めることが出来た。

翌朝、朝日に映える槍ヶ岳を楽しんで常念岳にむかう。
ホームへ 登山記録へ
槍ヶ岳 槍ヶ岳を正面に望みながら尾根道をたどる
尾根道に咲くコマクサを見ながら大天井岳にむかう 大天井岳へ
燕岳 振り返れば遠くに燕岳が見える
尾根道にはガスがかかりはじめた
槍ヶ岳喜作新道を開いた小林喜作のレリーフ 喜作レリーフ
大天荘 大天荘はポンプが壊れて水不足で緊急事態!!
大天荘に水を運ぶヘリコプター ヘリコプター
大天井岳山頂 大天井岳山頂
今年も雷鳥に会えました

※ 画像にマウスを合わせると雷鳥が大きくなります
モルゲンロード モルゲンロード
翌朝常念小屋を出発して常念岳をめざす

※ 画像にマウスを合わせると山小屋の夕食が表示されます
常念小屋 常念小屋から見る槍ヶ岳
燕山荘(6:00)〜大天荘(9:30)〜大天井岳(9:45)〜大天荘(コーヒータイム)(10:00〜10:30)〜昼食(12:20)〜常念小屋(13:30)
大天井岳(2,922m)