むしかじょぉるに  小さな町の音楽情報
波佐見混声合唱団
HASAMI MIXED CHORUS
いま明かされる衝撃の事実!?波佐見混声合唱団とはいったいどのような団体なのか・・・
混声合唱団設立秘話から感動の演奏会、そして未来へ・・!
混声合唱団として産声を上げたのは1993年、ただ、それをさかのぼること2年、1991年11月の九州交響楽団演奏会にて、團伊玖磨作曲の名曲「西海讃歌」を歌う合唱団を募り「西海讃歌を歌う会」が発足したのが発端だったのです。
今では団員約40名の混声合唱団となり、波佐見町を代表する(?)合唱団に育っています。
HMCトピックス
2018.9 波佐見混声合唱団第13回定期演奏会について
今年度開催予定の第13回定期演奏会を一旦は11月18日(日)午後から波佐見講堂で開催することにしていましたが、諸般の事情により、日程は来年の2月10日(日)午後2時から、場所はウェイブホールとなりました。日程が延びたのは現在取り組んでいる合唱絵巻「べんざらとかちがらす」のクォリティをより高めたいためで、会場については日程が延びると必然的に空調の整っていない波佐見講堂での開催が難しくなるためです。
今年度で結成25周年となり、若い団員も若干増えた波佐見混声合唱団、渾身の演奏会になることと思いますので、「乞うご期待!」といったところです。
2018.6 波佐見講堂改修記念コンサート
約2年間の改修を終えて蘇った講堂をお祝いする記念セレモニーとコンサートで、2年前にジョイントコンサートで波佐見町を訪れた九州大学男声合唱団コールアカデミーはじめ、町内のコール・はさみ、波佐見児童合唱団とともに出演し、人の声の響きを楽しんでいただきたいと思います。
波佐見混声のリハーサルは6月23日(土)19:00〜、本番6月24日(日)は12:00集合(昼食は各自済ませて)。場所は井石郷の旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂です。なお女性の衣装はグレーのドレスにコサージュ、靴は白です。
2018.6 東彼合唱祭
「第21回東彼合唱祭」、波佐見混声のリハーサルは6月9日(土)20:00〜、本番6月10日(日)は12:00集合(昼食は各自済ませて)。場所はどちらも東彼杵町総合文化会館(グリーンハートホール)です。なお女性の衣装はブルーのドレスに水色のケープ、靴は白です。
2018.3 今後の演奏会予定
毎年恒例の東彼杵郡内合唱団が一堂に集う「東彼合唱祭」今年は21回目で、6月10日(日)、会場は東彼杵町総合文化会館(グリーンハートホール)の予定です。
そのあとは、2年ほどかけて耐震・補修工事を終えた「旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂」の改修記念コンサートの出演があります。町内の合唱団3団体のほか、3年前にジョイントコンサートを行った九州大学男声合唱団コール・アカデミーも特別出演します。ぜひ講堂の美しい響きを多くの皆さんと分かち合いましょう。
2018.2.18 練習休止・再開
2月18日(日)の町民音楽祭お疲れ様でした。このあとはしばらく練習お休みとなり、波佐見児童合唱団定期演奏会終了後再開となります。練習場所は中央小学校音楽室ですのでお間違いなく!
そして、そろそろ桜も開花しているであろう4月1日(日)は「燃え上がれ窯の火よ」の舞台でもある稗木場観音堂の花見を計画しています。今年秋の定期演奏会に向けていっそう団結を強める楽しい会になると思いますので、ご参加よろしくお願いします。
2018.1.26 第30回町民音楽祭
ウェイブホールにて2月18日(日)13:00開演です。最後の練習とリハーサルは16日(金)20:00〜、当日は昼食を済ませて12:00集合、控え室は2階の和室となります。衣装は女性が黒のロングスカートに白のブラウス、コサージュです。終了後折湯集落センターにて反省会の予定で、会費は男性が¥2,000、女性が¥1,000です。
2018.1.19 練習場所変更
さすがに暖房無しの音楽室はシニアの合唱団には厳しいため、1月19日(金)から練習場所を「改善センター」のホールに変更となります。ただ、2月2日は県知事選挙の投票会場になるため、2階の研修室を使います。2月18日(日)町民音楽祭のため、16日の練習はウェイブホールでのリハーサルとなります。新曲の「HANA」前半の曲に加え、「燃え上がれ窯の火よ」も披露します。インフルエンザが流行っているようですが、くれぐれもうっかりもらってしまわぬよう気をつけてくださいね!なお、町民音楽祭のあとは波佐見児童合唱団定期演奏会(3/25)のためしばらく練習はお休みとなり、3月30日からはふたたび中央小学校音楽室での練習となります。
H29.11.29 年末年始の練習
11月17日に練習が再開しましたが、12月8日は練習お休みで、次の15日が今年最後の練習。そして22日は役員会です。その代わり(?)来年の新年会は1月5日(金)で、その次の12日からは通常の練習に入ります。2月18日(日)の町民音楽祭に向けて、新曲の「HANA」前半の曲を仕上げるとのことです。練習場は少々寒いですが、風邪など引かぬよう気をつけて、練習に励みましょう!
H29.9.29 練習お休み
11月に開催のオールドダックス定期演奏会のため、混声の練習はしばらくお休みとなります。一月半という長いお休みですが、パート活動費もありますから有効に活用して下さい。練習再開は11月17日です。
H29.9.18 波佐見焼の歴史を辿るツアー&中尾山ミニコンサート
恒例のバス遠足、今回はぐっと身近にわが町の歴史を知ろうということで、波佐見焼の歴史を巡るツアーが企画されました。午後1時集合、資料館見学後、町内最古の「下稗木場窯跡」や陶石の採石場、初めて磁器を焼いた畑ノ原窯跡などをめぐり、最後は大量生産で賑わった中尾山の窯跡に登ってプロローグの合唱、そのあとは四季舎にてミニコンサートを開きます。コンサート終了後はそのまま宴となります。
H29.6.11 第20回東彼合唱祭(波佐見町ウェイブホール)
見つめてみようT、緑の揺篭、おひれをどうぞ、燃え上がれ窯の火よ、見つめてみようU
衣装は黒ロングスカートに白ブラウス、赤のコサージュ、男性は白スーツに黒蝶ネクタイ
今回それぞれのパートに新団員を迎えての嬉しいステージです。演奏会終了後は新入団員歓迎会も兼ねた打ち上げを予定しています。
H29.2.19 第29回波佐見町民音楽祭
再会たい、東・南・波佐見中学校校歌、波佐見高等学校校歌(創立40周年)、仰げば尊し
衣装は黒ロングスカートに白ブラウス、赤のコサージュ、男性は白スーツに黒蝶ネクタイ
H29.1.13 混声合唱団新年会
担当=Sop,Base 午後7時から割烹堀江にて新年会。会費は呑む人¥4,000、呑まない人¥3,000
アトラクションは恒例のイントロ曲当てゲームとビンゴ。今後の抱負を一人ずつ発表したり、2月の町の音楽祭に挙げる曲の発表をしたり、混声合唱団の未来を語り合った。
H28.9.2 第12回混声合唱団定期演奏会(H28.11.13)
今回は県下の名門、十八銀行混声合唱団をゲストにお迎えしてのコンサートとなります。メインステージには「みすゞこのみち」合唱曲集、もう一つは波佐見町政施行60周年の記念として、波佐見で生まれた歌を特集します。8月8日から開始されたパート練習、9月からも引き続き男性パートが月曜、ソプラノが火曜、アルトが水曜で毎週夜8時から井手先生宅で行います。
H28.9.18 熊本地震義援講堂コンサート
講堂改修工事直前に、オリジナルの響きをしっかり心に留めるコンサート。川棚高等学校合唱部の働きかけにより実現しました。
H28.7.24 混声旅行「金子みすゞのふるさとを訪ねて
今年の定期演奏会には金子みすゞの曲集を歌う予定になっているので、そのふるさとである山口県仙崎町を訪ねる旅を計画しています。日帰りですがバスを1台仕立てて久々の旅行です。
H28.6.25 東彼合唱祭反省会&定演に向けて
6時から役員会のあと7時〜レストラン・ジャンボにて開催。併せて転居のため退団されるテナーの西団員の送別会の意味もあり、記念の色紙が回された。また事務局から抜き打ちテストがあり、定演に向けて音取りや暗譜も相当頑張らねばという檄が飛ばされた。
H28.6.12 第19回東彼合唱祭
今年は川棚町フラワーコーラスの担当で、川棚町公会堂にて開催の予定です。
曲目は「くらわんか物語」「再会たい」「春の目玉」いずれも波佐見混声オリジナルの3曲。衣装は男性が黒ズボンに白ジャケット、女性はブルーのドレスに水色のケープです。
H28.5.14 小川減喜寿の音楽会
ヴォイストレーナーとしてご指導をいただいている作曲家の小川源先生が開催されるリサイタルに波佐見混声合唱団も招かれ、アルカスの中ホールの舞台に立つ事になりました。小川先生作曲のレパートリーの中から、「春の目玉」「愛と光のバトン」「くらわんか物語」などを歌います。開演は14:00、衣装は女性がグレーのドレスに赤いコサージュ、男性は白ジャケット黒ズボンです。
H28.2.21 第28回町民音楽祭
今年の町民音楽祭、我々の出番は8番目です。開場12:30、開演13:00、中休みのあと2組目の出演となります。卒業シーズンでもあり、学校にまつわる曲を選びました。衣装は黒のロングスカートにグレーのブラウスの予定です。
H28.1.9 新年会
担当=Tenor,Alto 担当はアルトとテナー、場所は三角屋別館で、参加者は30人ほど。乾杯のあとしばらく歓談し、最初の出し物は松林さん作の紙芝居「目隠し岩」で、テナーの皆さんの効果音もにぎやかに入って、地元に伝わる民話を鑑賞しました。そのあとはお正月らしくカルタ取り大会。はさみ弁の飛び交うカルタと、昔ながらのいろはカルタを混ぜて、ちょっと難しくしました。そして最後は井手ご夫妻の指導・ピアノ伴奏によりテナーとアルトの「365日の紙飛行機」合唱を披露し、曲の最後に飛ばした紙飛行機に仕込まれた番号でくじ引き、皆さんにお年玉が手渡されました。
H27.11.20 波佐見中学校創立40周年記念式典
かつては南と東、2つに分かれていた町内の中学校が統合されたのが1975年で、今年が40年目の節目ということで、お祝いの式典が開催されるにあたり、波佐見混声合唱団が以前の2つの中学校と現在の中学校の校歌をご披露して式典に花を添えるお役目をいただくことになりました。平日のことでもあり、また2日後にはオールドダックスの定期演奏会も控えていて井手先生には特にご苦労をおかけすることになりますが、ぜひ卒業生の皆さんや現役の生徒さんたちに母校への愛と誇りを持ち続けていただきたいという気持ちで一生懸命歌いたいと思います。
H27.8.30 九州大学男声合唱団コールアカデミージョイントコンサート
60年あまりの伝統を持つ「九州大学男声合唱団コールアカデミー」の学生正指揮者となった鶴羽君が、小学生時代は波佐見児童合唱団に、そして高校生の時、我が団のテナーに席を置いて活躍していたことから、このたびこのジョイントコンサートが実現することとなりました。レベルの高い男声合唱団の迫力ある歌声と、故郷の合唱団との共演は、指導された井手先生、小川先生にとっては感慨ひとしおでありましょうし、我々合唱団員としてもたいへん楽しみです。
コンサート日時は8月30日(日)開場13:30、開演が14:00、会場は波佐見町総合文化会館(ウェイブホール)、出演は九州大学男声合唱団コールアカデミーから50名のほか、オールドダックス、波佐見児童合唱団、波佐見混声合唱団です。入場は無料となっております。
団員へ:衣装は女性がブルーのドレスに水色のケープ、男性は白ジャケットです。
H27.6.14 第18回東彼合唱祭
会場は東彼杵町のグリーンハートホール。今回は定期演奏会で児童合唱団や長崎ロマンツアー合唱団と合同で演奏した、童声・混声合唱とピアノのための「ながさき歌の旅」の中から「ながさき」「長崎めがね橋」「島原の子守唄」「まちでまんじゅう買うて」「長崎の鐘」を抜粋して披露します。
H27.2.22 第27回波佐見町民音楽祭
2015年最初のステージは、波佐見町総合文化会館(ウェイブホール)での町民音楽祭です。混声の出番は7番目、休憩後2番目の演奏となり、今回は唱歌の良さを後世に伝えようとの思いから、「ふるさとの四季」を演奏します。団員の集合は12時半、声出しをしたあと男性は舞台裏でお手伝い、女性は客席で鑑賞。衣装は男性が白ジャケットに黒ズボン、女性はグレーのドレスにオレンジのコサージュです。
H27.1.10 新しい年の始まり
担当=Sop,Bass 2015年の始まりはやはり恒例、新年会です。今年の担当はソプラノとベースで、最初の出し物・団長による「秀吉と利休」という怪しいタイトルの手品に始まって、イントロ当てクイズや文字のクイズ、きれいどころのソプラノによるフラ、そして豪華景品つきのビンゴなどで盛り上がり、最後は全員で輪になって合唱の歌い初めで締めくくりました。お料理もお酒もおいしく、楽しい合唱ライフがまた始まる予感でした。
H26.11 第11回定期演奏会終了後のスケジュール
11月9日(日)の定期演奏会はおかげさまで大成功のうちに終了しました。ご来場いただいたお客様はもとより、賛助出演してくださった長崎大学ロマンツアー合唱団および波佐見児童合唱団の皆様、そして裏方で支えていただいた多くのスタッフの皆様に心より感謝いたします。
例年、演奏会の翌週は練習はありません。ちなみに11月14日(金)は川棚町の町制80周年記念事業として川棚町公会堂で開催される、「岡村喬生 歌と映画の集いinかわたな」に、姉妹(兄弟?)合唱団・オールドダックスが出演しますので、是非鑑賞しましょう!
その次の週21日には練習再開の予定です。
H26.9 第11回定期演奏会に向けて練習のスケジュール
11月9日(日)の定期演奏会に向けて、7月から指導者宅においてパート練習を行ってきましたが、まだ充分ではないということで、9月も引き続き行います。男性は月曜又は火曜日、女性は水曜日午後8時からです。また、9月の祝日または日曜日に強化練習を組むほか、10月12日(日)は前日から合宿を行っている波佐見児童合唱団に午後3時から合流して合同練習を行います。そのあとは観月会を計画しています。
H26.9 第11回波佐見混声合唱団定期演奏会
第11回定期演奏会、日時は11月9日(日)開場14:00 開演14:30です。
今回は「ながさき」をテーマに、長崎大学ロマンツアー合唱団をお迎えし、さらに波佐見児童合唱団にも共演をお願いして、童声・混声合唱とピアノのための「ながさき歌の旅」という大きな組曲をはじめ、さだまさしの曲集や、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入曲などバラエティー豊かなプログラムとなっております。また、若々しい長崎大学の皆さんにはアップテンポのABBAヒットソング集をご披露いただこうと我々も楽しみにしております。
なお、このコンサートを開催するにあたって多くの協賛をいただきました皆様には団員一同心より感謝を申し上げます。
H26.6.22(日) 第17回東彼合唱祭
今年は波佐見町のウェイブホールが会場です。土曜日に舞台にてリハーサル、当日は12:30集合。
衣装は男性が白ジャケットに黒ズボン、女性はブルーのドレスに白ブラウス。
波佐見混声合唱団のプログラムは
北の国から、天までとどけ、エーデルワイス、すべての山に登れ・・の4曲
H26.2.23(日)〜 第26回町民音楽祭
プログラムは
北の国から、天までとどけ、フィンランディア、ハレルヤの予定です。女性の衣装は黒ロングスカートにグレーのブラウス、コサージュはオレンジ色です。また2月最後の金曜日は役員会のため練習はお休み、そして3月は児童合唱団定期演奏会直前ということで練習がお休みとなり、再開は4月4日から、そして11日は練習開場にて総会を開催します。
H26.2.16(日)〜 日本フィルハーモニー交響楽団長崎公演
団員有志 日本を代表するオーケストラのひとつである日本フィルハーモニー交響楽団の長崎公演において演奏されるシベリウス作曲「フィンランディア」で合唱するアマチュアの合唱経験者を募集しており、波佐見混声合唱団からも有志9名が出演することになりました。1月11日(土)からほぼ毎週の土曜日に長崎市内で練習を行い、5回のうち4回参加することが条件となっていますが、波佐見でヴォイストレーナーの小川先生が指導して下さることで遠く長崎までの練習は免除していただけることとなりました。なお、この「フィンランディア」、当日はフィンランド出身の指揮者・ピエタリ・インキネン氏の指揮であり、1番は原語、2番は日本語での演奏です。
H26.1.10(金)〜 波佐見混声新年会
担当=Ten,Alto 会場は三角屋別館です。
H25.12.8(日) 生月・カトリック山田教会コンサート
指導者の井手先生が一時期、この生月島の小学校に勤務していたご縁で、念願であった教会での「鴻の巣物語」のご披露がようやく叶うことになり、我々波佐見混声合唱団団員と、朗読を担当する柿本さん、そして指揮と伴奏の井手先生ご夫妻など30名ほどが乗り込んだバスは、絶好のバス旅行日和に恵まれ、順調に生月島までたどり着きました。目指す教会は小高い丘の上にあり、石造りの小ぢんまりとした教会の前庭では、ちょうどクリスマスに向けての飾り付けが済んだばかりとのことで、植えられたばかりのヴィオラパンジーが優しく風に揺れて私たちを歓迎しているようでした。
波佐見混声合唱団オリジナルの組曲「鴻の巣物語」にも重なる部分ですが、1614年のキリスト教禁止令発布から、1865年の「信徒発見」までの150年間、多くのキリシタンたちは山奥や離島などに逃れ、隠れながら信仰を続けていました。禁教令が解かれた後、カトリックに復帰する信者が増えていったため、長崎では離島を中心に多くの教会が建設されました。このカトリック山田教会もそのひとつで、長崎県内で数多くの優れた教会建築を手がけた鉄川与助の設計・施工により1912年に建てられたロマネスク様式の教会堂です。教会内部の壁面には、蝶の羽で作られた装飾画がいくつも飾られていますが、これは1990年頃に在任していた主任司祭が自ら蝶を採集して作り上げたものだそうです。教会の前庭には、1987年に列聖された生月島出身の聖人・トマス西の列聖記念碑が建てられています。
コンサートには多くの信者の皆さんが訪れ、地元の女声合唱団「メリーママ」さんとの合同演奏も含め2時間ほどでしたが、とても温かい雰囲気の演奏会となりました。
H25.6.14(金)〜 練習場所について
先に福祉会館の改修工事のため練習場所の変更を連絡しましたが、工事開始が8月からとなり、終了時期も未定で、これまでの軽運動室が使えない時は、同じ建物3階の会議室を練習場所として使います。
H25.6.9(日) 第16回東彼合唱祭
プログラムは
「いつの日か」よりしゃぼん玉、揺籠のうた、叱られて、七つの子、夕やけこやけ、月の砂漠、証城寺の狸囃子、里の秋、赤とんぼ。
会場:川棚公会堂。集合10:30。合同練習などのあと昼食。出演は14:28〜14:43の予定
衣装は女性ピンクのドレスに白ブラウス、男性は白のジャケット、黒蝶ネクタイ。
H25.6.2(日) 新緑を歩こう会
佐世保市烏帽子岳にある青少年の天地の企画で、標高670mの「隠居(かくい)岳」ハイキングに波佐見混声の有志5名が参加しました。午前10時に烏帽子岳8合目を他の参加者50名と共に出発、山頂はあいにく霧に包まれ、視界はいまいちでありましたが、山ツツジが咲き乱れる山道を歩くのは心地良く、途中ウォーカーズパークで昼食をとり、約3時間、15kmの山道を全員無事踏破しました。
団長の一瀬医師が測定したところによれば歩行数約2万1千歩、体重変化は-1.3kg、体脂肪が1kg減少したとのことで、翌日の筋肉疲労もなく、たいへん健康的な山歩きとなったようです。

H25.5.18(土) 蛍まつり宴会
18:00〜あたりやに集合。
指導者の井手ご夫妻に小川先生も参加し、一瀬団長、井手輝実事務局長の新体制になった新しい波佐見混声合唱団での初めての行事です。ひとしきり食べたり飲んだりしてお腹いっぱいになったところですぐ近くの川辺に繰り出し、出始めのゲンジボタルを一つ二つと数えながらそぞろ歩き。戻ってからはアカペラでの合唱に酔いしれました。
H25.3.31(日) 献眼感謝のつどい
農村環境改善センターに10:00集合、衣装換えと声出しのあと、鴻の巣公園のモニュメント広場で式典。
衣装は女性・白ブラウスに黒のロングドレス、男性はタキシード。
H25.2.24(日) 第25回波佐見町民音楽祭
プログラムは
翼をください、見上げてごらん夜の星を、愛と光のバトン、西海讃歌。
衣装は女性ピンクのドレスに白ブラウス、男性は白のジャケット、黒蝶ネクタイ。
終了後、折敷瀬集落センターで打ち上げ
H25.1.11(金) 波佐見混声新年会
担当=Bass,Sop 今回の担当はソプラノとベース。場所は一昨年と同じです。
H24.12.1(土) 波佐見再発見塾2012出演
昨年に引き続き自主開催となる再発見塾への出演です。昨年は鬼木でお昼の舞台(?)でしたが、今年は1日目の夜に行われる夕食交流会の折に出演することとなりました。演目は東彼合唱祭でもご披露した「ふるさとメドレー」を予定しています。お馴染みの唱歌「ふるさと」で口火を切り、まずは「おひれをどうぞ」でほっこりとお客様を歓迎し、そのあとは波佐見で生まれた歌をいくつか・・・というような内容です。
なお、まだ塾への参加枠も少し残っていますので町内外を問わずご参加をお待ちしております。
衣装
女性は黒のロングスカートに白のブラウス、赤のコサージュ
男性は白ブレザーに黒の蝶ネクタイ
H24.11.24(土) 第10回記念定期演奏会
結成から20年の節目となる今年、第10回の定期演奏会を11月24日(土)、波佐見町総合文化会館(ウェイブホール)にて開催することとなりました。今回は結成以来団員たちに歌い継がれてきた愛唱歌を集めた第1ステージ、第2ステージは数年前からヴォイストレーナとしてたいへんお世話になっている小川源先生の指揮による童謡メドレー「いつの日か」、そして第3ステージは、団のオリジナル組曲として前々回の定期演奏会で演奏した「鴻の巣物語」の再演となっています。どの曲もこれまでよりさらに磨きのかかった波佐見混声の歌声でお送りいたしますので、合唱の魅力や歌の魅力、音楽の素晴らしさを充分にご堪能していただけることと思います。
チケットは団員にお声をかけていただくか、または波佐見町総合文化会館内の波佐見町文化協会でも取り扱っていますので、ぜひ聴きにいらしてください。
衣装
1,2ステ=女性は赤のドレスに白ブラウス、赤コサージュ 男性は白ブレザー
3ステ=女性はグレーのドレス、男性はタキシード
H24.6.10(日) 第15回東彼合唱祭
今年は東彼杵町の混声合唱団コスモスが担当で、東彼杵町総合会館グリーンハートホールで13時30分から開催されます。波佐見混声合唱団は、2月に波佐見町で開催された町民音楽祭にて披露した「ふるさとメドレー」を演奏する予定です。
H24.5.27(日) 鴻の巣物語再演にあたって隠れキリシタンの地を訪ねるツアー
今年11月24日に予定されている第10回記念定期演奏会では、節目にふさわしい内容にしようとあれこれアイディアを練った結果、前々回の定期演奏会で好評を博した「鴻の巣物語」はぜひまた披露したいということになり、そのためのツアーを組むことになりました。前回は町内にあるキリスト教関連史跡を廻りましたが、今回は県内の隠れキリシタンの痕跡を訪ねるツアーとして、横瀬浦や外海、大村などを廻りました。黒崎教会の案内をお願いしたガイドの山田さんは、事前にお渡ししていた波佐見混声合唱団のCDで「鴻の巣物語」を聴かれ、たいへん心を動かされたとのことで、特別に隠れキリシタンゆかりの枯松神社を見せてくださいました。旅の最後には大村純忠終焉の地を訪れ、たいへん充実した旅でした。
横瀬浦沖に浮かぶ八ノ子島 公園の陶板画 中浦ジュリアン像 ガイドの山田さん 二十六聖人記念館も見学
H24.4.13(金) 平成24年度定期総会&花見(三角屋本店)
3月中は姉妹団である波佐見児童合唱団定期演奏会のためにほとんど練習が休みとなり、4月6日が平成24年度最初の練習でしたが、年度始めということもあってか参加者が少なく、「歌を忘れたカナリヤ」状態。しかしながら今年度は2年に一度の定期演奏会もひかえていますから、そろそろ気合を入れなければなりません。テナーとメゾに新しいメンバーも加わって、決意を新たにした総会でした。
H24.2.26(日) 第24回町民音楽祭(総合文化会館大ホール)
町内の音楽団体と地域の子どもたちの演奏会です。今年は町内3つの小学校、中学校と高校の吹奏楽部に加え、アナンダ幼稚園のマーチングバンドも参加することになって、幅広い年齢層による楽しい演奏会になりそうです。
波佐見混声合唱団では「ふるさと」をテーマに、波佐見で生まれた曲を綴ったメドレーをご披露する予定です。衣装は女性がブルーのドレスに白のボレロ、男性が白のスーツにブルーのチーフです。
H24.1.13(金) 新年会
担当=Tenor,Alto 恒例の新年会、今年はなんとも微妙な13日の金曜日の開催となりました。場所は韓国料理店「おんや」。ここはいつもの練習場所からほんの20歩ほどのところにあるため、飲んだり食べたりはお店、初歌いはこの練習場を借りておこないました。
今回の担当はアルトとテナーで、出し物はまず「Toi,toi,toi」をダンス付きでご披露、そのあとは「はさみカルタ」を皆で楽しみ、最後は持ち寄ってもらったプレゼントを皆でToi,toi,toiの歌に合わせて回しました。今年は節目の第10回定期演奏会を11月に控えていますので、指導者からプログラムの構想などを伺いながら気の引き締まる思いの新年会でした。
とりあえず2月26日の町民音楽祭に向けて練習頑張りましょう!
H23.11〜 練習曜日について
昨年までは、金曜日の練習に出づらいといった意見があったことから、11月から4月までの期間の練習を水曜日に変更していましたが、改めてアンケートをとってみたところ、金曜日で支障がないといった意見が多くありましたので、引き続き練習は金曜日の午後8時からということになりました。
なお、11月は指導者がオールドダックスの定演でご多忙なことから、混声の練習はお休みとなります。
H23.10.23(日) 波佐見再発見塾2011出演
昨年の「第6回日本再発見塾in長崎県波佐見町」に引き続き、今年は波佐見町の自主運営で企画・開催され、今回、波佐見混声合唱団は2日目の昼食後に出番をいただきました。場所が鬼木ですから、当然プログラムは「福田清人の世界」。昨年はこの中から抜粋してご披露しましたが、今回は全曲演奏となります。衣装はジーンズか黒っぽいズボンにトレーナーで、現地集合が11時、出演は12:40ですが、鬼木の皆さんの心づくしの昼食も出されます。

当日はお天気も何とか持ちこたえ、参加者の皆さんは案山子の立つ棚田の風景を眺めながら、棚田のイメージから作られた波佐見焼の特製プレートに盛り合わせられた、手づくりのお豆腐やコンニャク、野菜などを中心にした、たいへんおいしい昼食が提供され、私たち合唱団もお相伴にあずかりました。特に棚田米を使ったおにぎりや粽は何よりのご馳走!
合唱参加者は28名で、いつものようにスクリーンに映像を流しながらの演奏。俳句集はピアノの間奏部分に、アルトの原さんにお願いして句の朗読を入れていただきました。最後の「春の目玉」の演奏が終わると客席から「ブラボー!」の声がかかり、行事が終わったあとも何人もの方からお褒めの言葉をいただきました。
H23.9.11(日) 湯無田老人会行事参加
定期演奏会の無い今年度は、地域の皆様に波佐見混声合唱団を知っていただき、より親しみを持っていただくための活動の一環として、町内の行事に積極的に参加することとなりました。老人会の行事への参加は初めてのことですが、我々よりほんの少し(!)先輩の皆様に楽しんでいただけるよう、童謡や唱歌メドレーを練習しています。小川先生のヴォイストレーニングも行っていますので、団員の皆さんも気を抜かず(?)しっかり練習に参加しましょう!
H23.6.12(日) 第14回東彼合唱祭
東彼3町にある8つの合唱団の合同演奏会、これまでは秋の開催でしたが、さまざまな行事と重なってしまうために、今年度から6月の開催となりました。また、H21年度は新型インフルエンザの流行のために中止を余儀なくされました。今回も開催費用をそのまま東日本大震災へというお話もあったのですが、何もかも自粛では日本全体が萎縮し、援助する元気まで無くなってしまうとのことで、あえて開催に踏み切ったという経緯があります。現在まだまだ復旧への道のりは遠く、加えて原子力発電所事故の影響もあって立ち入ることさえできない地域もありますが、義援金やボランティア活動だけでなく、西から元気を届けるためにも、皆で力いっぱい歌いましょう!
今回担当が波佐見混声合唱団で、場所は波佐見町総合文化会館(ウェイブホール)日時は6月12日の午後2時開場、2時30分開演、もちろん入場は無料です。


〈団員の皆様へ〉
春の長い休みがあったせいか、練習が進んでいません。今回はすべて新曲「いつの日か」からの選曲ですので、ぜひ練習にご参加下さい。
ちなみに練習日は5月から毎週金曜日となっていますのでお間違えの無いように!
H23.4.16(土) 波佐見混声合唱団平成23年度総会
午後6時半〜
H23.2月27日(日) 第23回町民音楽祭(波佐見町総合文化会館ウェイブホール)
3月の練習は9日のみ、4月の練習は13日(水)から再開
H23.1月21日(金) 混声新年会
担当=Bass,Sop 午後7時から町内の飲食店Uで開催された恒例の新年会は、新団員もお迎えして、昨年暮れの定演の余韻を楽しみ、新しい年に向かってまた元気良く歌いましょうとおおいに飲んで食べて歌いました。今回の担当、ベースとソプラノの皆さんの準備により、歌ありゲームあり寸劇ありの楽しい宴会となりました。
H22.12月25日(土) 第9回波佐見混声合唱団定期演奏会
2年に一度の定期演奏会、今回は年末ぎりぎり、クリスマス当日に開催です。
第1ステージは「世界一周歌の旅」と題して、15カ国16曲をメドレーで綴ります。
第2ステージは「私たちの歌声、天まで届け!」。6月1日に急逝されたテナー団員である宮ア浩郁校長先生との思い出深い曲を歌います。
第3ステージは「ふるさとを詠む〜福田清人の世界」と題し、波佐見出身の福田先生が故郷を詠まれた俳句を合唱曲にしてご披露します。
当日の衣装は
1ステ・女性=グレーのドレスにオレンジのコサージュ、男性=白ブレザー
2ステ・女性=グレーに黒ロングスカート、男性=白ブレザー
3ステ・女性=赤ドレスに赤のコサージュ、男性=タキシード
11月21日(日) 日本再発見塾プログラム「波佐見のうた」出演
九州初の開催となる「第六回日本再発見塾in波佐見」2日目の朝8時半から、波佐見児童合唱団と共に出演し、「ふるさとを詠む〜福田清人の世界」より四季を詠んだ4曲と「春の目玉」を披露する予定です。
当日は声出しのため7時半集合。服装は女性はグレーのドレス、男性は・・・
10月17日(日) N家結婚披露宴に出演
団員のベースとアルト所属Nご夫妻のご長男の結婚式に合唱でお祝いをしました。
曲目は「おひれをどうぞ」で幕開け、次に明るい「かわいいあの娘」、最後はN氏のリクエストで混声のオリジナル曲「春の目玉」。
H22.9月20日(月・祝) 東彼合唱祭in川棚
昨年残念ながら新型インフルエンザ流行のために中止となった東彼合唱祭、今年は何とか開催できそうです。会場は川棚町公会堂、入場は無料です。開場は15:00、開演が15:30で、東彼杵郡内の子どもから大人までの合唱団9団体が一堂に会して合唱を披露します。なお波佐見混声合唱団の出番は一番最後ということです。
7月9日(金) 七夕会
場所 陶農レストラン「清旬の郷」
時間 19:00〜
会費 飲む人・¥2,500
飲まない人・¥1,500
7月9日(金)は通常の練習はお休みにして、午後7時から陶農レストラン「清旬の郷」にて七夕会を開催します。第9回定期演奏会へ向けてのスタートの会ともなりますのでぜひ多くのご参加をお願いします。なお、事前に配布した短冊には定期演奏会に向けて皆さんの決意や目標などをお書きのうえ、当日会場に準備した笹竹に飾り付けてください。女性の方は他に色紙を使った飾りなども準備していただければなおいっそう会場が賑わうことと思いますのでご協力のほどよろしくお願いします。
「笹の葉さらさら 軒端に揺れて・・・」団員たちの願いを込めた色とりどりの短冊が涼やかな川風にやさしく揺れています。
★6月11日(金)ウェイブホールにて「愛と光のバトン」の録音を行ないます。集合は午後7時です。
★4月21日(水)はH22年度総会、28日(水)は練習休み、そして5月から練習日が金曜に戻ります。ご注意ください。
光と愛のコンサート
4月18日(日)波佐見町総合文化会館大ホールにおいてライオンズクラブ国際協会主催、波佐見混声合唱団はじめ、波佐見児童合唱団とオールドダックスも加わり、盛大に開催される予定です。このため4月11日(日)13時〜と14日(水)20時〜同ホールでリハーサル、また前日の17日(土)は19時から小ホールにて合同リハーサルとなっています。当日の服装、女性はグレーのドレスです。
3月21日の式典では角膜提供者の遺族や関係者などが「光と愛」のモニュメントに顕花をする間、「愛と光のバトン」をハミングで流し、その後あらためて4声のコーラスでこの曲のお披露目をしました。
角膜提供者への感謝の会 3月21日(日)10:30から鴻巣公園モニュメント前で開催される角膜提供者の慰霊祭の折に、4月に開催される「光と愛のコンサート」に向けて作詞作曲されたオリジナル曲「愛と光のバトン」を初演する予定です。当日は10時に井手先生宅に集合し、声出しの後服装を整えて出演という手順です。服装は、男性はダークスーツ、女性は黒のスカートとタンクトップに白のボレロです。
町民音楽祭リハーサル 2月26日(金)男性団員は町民音楽祭のステージ設営作業のため、午後7時半にウェイブホールに集合してください。そのあと8時からステージでリハーサル、そのあと引き続き小ホールで練習となりますので、女性団員も8時には集合をお願いします。
当日(28日)は11時半集合、声出しの後、控室にてお弁当が出ます。
なお、予定していた曲に加え、「虹と雪のバラード」と「再会たい」が追加となりました。また、当日の服装は女性が黒のロングスカートにグレーのブラウス、コサージュは赤です。
2月の練習会場 2月から福祉会館の改修工事が始まるため、3日、17日、24日は波佐見町総合文化会館(ウェイブホール)の小ホールで、10日だけは福祉会館の軽運動室での練習となります。
町民音楽祭 2月28日(日)午後から波佐見町総合文化会館(ウェイブホール)で開催される、第21回町民音楽祭、曲目は「懐かしの我がケンタッキーの家」「夢路より」「峠の我が家」「椰子の実」の予定です。
2010新年会について 1月8日(金)午後7時〜 場所は下湯無田会館、参加費は¥2,000です。今回はテナーとアルトが担当です。
講堂ライブについて 12月23日(水・祝)講堂おめでとう!コンサートは準備に参加できる方は午前9時、出演だけの方は午後1時集合です。服装は男性は白ジャケット、黒の蝶ネクタイ、女性は黒の上下に白のボレロです。また25日午後8時からクリスマスソングのミニライブは午後7時半集合、こちらは私服でけっこうです。
★練習日変更のお知らせ 練習日は通常金曜日となっていますが、年末年始や年度末などに会合が増えることなどから、11月から来年4月までは水曜日に変更することになりました。
30日の観月会のあと11月4日から水曜日の練習となりますのでご注意ください。
10月30日(金) 観月会
場所 陶農レストラン「清旬の郷」
時間 19:00〜
会費 飲む人・¥2,500
飲まない人・¥1,500
不可抗力があったとはいえ、いくつかの行事が予定通りにいかなかった事は残念ですが、今回一気にリベンジ!陶農レストラン貸し切りでの観月会で月にまつわる歌を歌いつつ、食べたり飲んだりしながら、合唱団の絆を深めましょう。参加申込みは10月23日の練習時にパートリーダーが取りまとめます。ぜひ万障繰り合わせご参加ください。
10月25日(日) 第43回波佐見文化祭
場所 波佐見町ウェイブホール
時間 開演:9:00
終演:16:00
団員集合
波佐見町文化協会に所属する団体の日頃の活動を発表し、町の文化向上を図る目的で開催され、今年が43回目です。美術や陶芸、写真、書道などの作品はウェイブホールの小ホールを中心に全館で展示され、音楽や舞踊など舞台発表の可能なジャンルの団体は大ホールを使って終日町民の皆さんに日頃の成果をご披露します。これまで混声合唱団は裏方のお手伝いが中心だったのですが、今年はステージに参加できることとなりました。
★当日のメンバーが揃わず、残念ながら文化祭発表はキャンセルとなりました。
混声合唱団では「懐かしの我がケンタッキーの家」「夢路より」「峠の我が家」「椰子の実」の4曲を予定しています。しっかり暗譜しましょう!
9月26日(土) 第13回東彼合唱祭(川棚公会堂)
場所 川棚公会堂
時間 開場:18:00
開演:18:30
東彼3町で活躍する合唱団が一堂に集う恒例の東彼合唱祭、今年の担当は川棚町です。波佐見混声合唱団では発表曲を中心に練習を重ねています。入場は無料ですのでできるだけ多くの皆さんにお聴きいただけたらと思います。
★第13回東彼合唱祭は新型インフルエンザ流行のため、来年に延期となりました。
混声合唱団では「懐かしの我がケンタッキーの家」「夢路より」「峠の我が家」「Climb ev'ry mountain」の4曲を予定しています。しっかり暗譜しましょう!
H21年8月29日(日) 混声納涼会
場所 のんのこの郷
(有田ポーセリンパーク内)
時間 午後7時〜9時
参加費 男性:¥3,150
(70上:¥2,835)
女性:¥2,625
(70上:¥2,310
飲まない人¥1,365
(70上:¥1,050)
小学生:¥840
幼児:¥525
*団員には一人¥1,000の援助あり
夏の終わりに暑さを納め、楽しかった夏の思い出を語り合う納涼会を左の要領で行います。残念ながら送迎バスは予約が取れなかったので、各自現地集合となりますが、たとえ少しの距離でも飲酒運転は厳禁ですので、必ず飲まない人に頼んで乗り合わせて行くか代行運転を使ってください。
また、パートリーダーは8月21日の練習時までに出欠の人数を確認してください。
★8月14日(金)はお盆のため、28日(金)ははさみ夏まつりのため練習はお休みです。
★7月24日(金)は先生のご都合により練習はお休みです。
H21年7月19日(日) べんざらツアー(下見)実施
雨の予報に反して好天に恵まれ、I先生を先頭に、文化財保護の学芸員N氏をオブザーバーにお迎えし、「べんざら委員会」の総勢6名で伊万里、有田の水唐臼や波佐見の窯跡を中心に稗木場、畑ノ原、皿山、永尾、三股、中尾などを夕方までじっくり見学しました。大川内山や有田天狗谷の水唐臼、波佐見陶器の発祥の地・下稗木場や富永治助の墓、皿山の福田安兵衛の家、陶石の発掘場所、窯跡などの地に立つと、先人たちのやきものに込めた熱い想いが伝わってくるようでした。いい作品が生まれることを期待し、夕方からは「あたりや」で乾杯、最後は工業組合横にある森正洋氏のモニュメントにちりばめられたべんざらたちの声に耳を澄ませ、完成のあかつきにはこの場で初演することを誓って別れました。
なお、秋には団員とともにあらためてツアーを実施する予定ですので、お楽しみに!
H21年4月19日(日 ライオンズクラブ ガバナーエレクト就任式に出演
4月19日(日)佐賀県有田町にある炎の博記念堂のコンベンションホールにおいて開催された長崎・佐賀のライオンズクラブ大会の式典で、波佐見混声合唱団と波佐見児童合唱団が、八波信氏のガバナーエレクト就任を祝い、合同演奏を行いました。曲目は「Sing!」「ふるさと」「小さな世界」「Climb ev'ry Mountain」の4曲です。児童合唱団のC団員たちは風船で新しいガバナーに花を添えたり、演奏終了後に会場の上方からいっせいに紙飛行機を飛ばすなど、ほほえましい演出をして、緊張した雰囲気の式典を華やかに盛りたててくれました。