BB-1

 

Board Bot                                   
 これまで 多くの方々に動くメカ二ズムの面白さや楽しさを知っていただけないかということで、MPMとしてペーパーロボットのキットを販売してきましたが、紙で機械要素を作る難しさがあり、製作が難しいというお話を多く聞きました。そこでより容易に、動くメカ二ズムの面白さやその楽しさを知っていただく方法はないかと考え、思いついたのがBoard Botです。
 ではBoard Botとは?ということですが、以前MPMにおいて、ギアをレーザーカットで試作した際、手作りのギアよりも製作の精度が高い分、組立のマージン等も大きくなることを経験しました。そこで各部品をレーザーカットで製作すれば、かなり容易に組み立てられるものになるのではないかと思い、レーザーカットした部品だけで構成できるように、数ミリ厚のA4サイズの薄板で部品を構成するというコンセプトで設計してみました。当初は材料として厚紙、アクリル板、木材等も考えていたのですが、まずは最も扱いやすいと思えるMDFで作ってみることにしました。MDFとは、中密度繊維板ということで木質繊維を原料とする成形板(ファイバーボード)の一種とありますが、まあ木材を細かく砕いて樹脂接着剤で板状に固めたものということです。木目等の方向性のない木材として使えるので扱いは楽だろうと考えました。またMDFはレーザーカットに適した材料としてもよく使われているようです。そこで板状の材料から作るロボットという意味で、Board Botという名称にしました。
 メカ的にはMPMのPRシリーズを引き継いだもので、BB−1はPR−垢鬘贈錚瓧鬘筺。贈錚化して製作したものです。実際組み立ててみると、ほとんどそのまま組むだけで動くようになり、調整が必要なのは歯車間のバックラッシュと、ガンギ車と天賦の爪の掛り外れの調製ぐらいで、部品の加工精度が高いためもあり、MPMと比べれば製作はかなり容易だと思えます。また一応MDFも木材扱いと言うことで、コンセプトの「朽ちてゆく機械」の範疇にあると考えました。しかしMPMに含めるにはさすがに無理があるので、Decaying Machineとしてキット化することにしました。

 Mechanism
 上記のように、BB-1はPR-垢離瓮ニズムを踏襲したものになっており、
動力は、腕部に取り付けた糸ゴムのねじりによる弾性力を利用し、2段のギアを介して減速して脚部を動かすクランクを駆動しています。一方ロボットが歩くスピードは、駆動軸から取り出した回転をギアで増速させてガンギ車を回転させ、天符のかかりはずれ動作により天符の慣性で調速する脱進式の調速機構で一定のスピードにしています。
 
このクランク機構により平行リンクで構成した脚部を前後に振り、同時に平行リンクと相対的にリンク方向のストローク差を作りだす新たなスライドリンクを設けることにより足首を曲げる動作を行います。この動きにより、足首を曲げると接地している足部にロボットの重心が移動して体が傾き、この傾きにより他方の足が持ち上げられ、上がった足を前方に振り出し、また足首が元に戻ることで接地するという動作を繰り返して、静的二足歩行が行われます。 
 
材料がMDFのため天候等(特に湿度)によっての影響は、雨天時の屋外等を除けばほぼ問題はないと思われますが、紙ほどではないにしても影響がゼロではないということも製作していただくにあたっては、留意していただく必要があります。 

 

 

 

 

 

 Photo (画像をクリックすると拡大画像が見られます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Movie (画像をクリックすると動画が見られます)

 

 

 

 

 

 試作機

 

 量産機&製作過程

 

 

 

 

 

 Goods

 

 

  BB−1は、このサイトでの直接販売は行っておりません。購入にあたっては、コバアニ模型工房(http://cobaanii.com/)にお問い合わせください。

 

 

 Kit
 CD-Rには、組立説明書(47ページ)をpdf化したデーターと、組立動作確認参考用の7つの動画データーとなっています。
 
 キットには、上記CD−Rに加え、本体部品(レーザーによるプレカット済のMDFボード)、ワッシャー部品(レーザーによるプレカット済のケンラン紙)、部品表、動力用糸ゴム、回転軸用丸棒φ2mmとφ3mm、をセットしたものとなります。ただし組立説明書は、pdfデータのみとなりますので、pdfデータを閲覧するためのPC環境が必要となります。また動画を見る際には、Windows Media Player等の動画ソフトが必要です。
 

 

 

 

 

 

 

 

購入希望の方はMENUEへ。