2004/01/26作成 ききょう咲く 花の里HOME
陰陽道 ◆陰陽道と五行説
◆陰陽寮と陰陽師
◆安倍晴明説話集
◆晴明ゆかりの地
◆写真でみる晴明縁の地
◆葛乃葉伝説
◆式神の正体
◆式占について
◆霊符について
◆五行説色体表
◆補足ページ
◆ご挨拶
■桔梗の育て方
アゲハ幼虫の育て方 ■アゲハ幼虫の探し方
■幼虫の成長
■さなぎへの準備
■さなぎの姿へ変化
■越冬するさなぎ達へ
■羽化
■ナガサキアゲハ成長記録
卵からの成長記録2009

■アゲハの幼虫の飼育と観察■

蝶は幻想的で美しいですね。
幼虫の愛らしさにも飼い始めると夢中になりますよ。
飼育〜羽化への道、秋の幼虫の冬越しについてを
ここでは記しています。
2003/06/24作成
2010/01/02更新

■アゲハの幼虫の探しかた■
飼育してみよう!アゲハの小さな幼虫はどこにいるのかな?
食草

チョウの幼虫は、
その種類によって好んで食べる植物(食草)が決まっています。
葉なら何でもいい!ってワケにはいきません。
タマゴ(幼虫)がついていた木の種類の葉だけを、
たくさんあげてください。

自宅の庭以外の場所で見つけたひとは、
どの場所の、どの木で見つけたか
しっかり覚えておいてくださいね。

おなかを空かせたりしないように、
常に新鮮な葉を用意して与えてあげてください。
しおれたり水分の無くなった葉は食べません。

クロアゲハ

ナガサキアゲハ
ミカン カラタチ サンショウ イヌザンショウ カラスザンショウ ユズ 八朔 檸檬
備考:柑橘系の木に大抵います!柚子、檸檬、八朔などなど。ナガサキアゲハの幼虫(1令〜4令)は独特のツヤのある青緑色の体色です。ユズ・サンショウの枝にはトゲがあるから気をつけて。

モンキアゲハ - - サンショウ イヌザンショウ カラスザンショウ
備考:サンショウの葉はス-パ-でも売ってます。飼い始めたはいいけど終令近くの幼虫の食欲は旺盛です!身近に自然がなくて与える食草も少なくなってきて不安な人はス-パ-にダッシュ。

カラスアゲハ - - サンショウ イヌザンショウ カラスザンショウ
備考:終令時代、顔のように見える模様がクロアゲハより地味なように思います。

キアゲハ パセリ 人参 - - -
備考:食草パセリはス-パ-に必ずあるので飼いやすさは一番かも。ただ幼虫の姿を少しこわく感じてしまう方もいるかも?(とてもハデな模様なんです)そんな時は体でなく顔を見てあげてくださいね。割箸&パセリの組み合わせで置いておくと割箸を常に寝床とし→割箸でさなぎに→羽化へ の道を歩んだ子もいました。
とにかく飼いやすさはNO.1だと思います。ここの管理人が小学生時代初めて飼ったのもキアゲハの幼虫でした。

アオスジアゲハ クスノキ - - - - -

  大きな写真はコチラ
ユズ            サンショウ 

食べたアトなどがあれば幼虫のいる可能性大です。
たいてい葉の先端から、かじって食べます。

※こんな感じです。
葉の真ん中に穴をあけるような食べ方はしません。
さて、幼虫は見つかりましたか?

☆アゲハの2令幼虫の姿
おりしもこの方、脱皮中!
頭が小さくお面のようにズレているので
脱皮中だとわかります。
皮と一緒に、お顔もお面を外すように
ホロリと脱皮します。


みかんの花咲く中ひっそりと眠る3令幼虫 2005年5月20日


庭に食草を植えると成虫が飛んできて
タマゴを生んでくれるかも知れません!
(マンションの8階に住んでいた時も鉢植えのミカンに
アゲハが飛んできて、タマゴを生んだ事があります。)
連れ帰る時は体をつかんだりせず、枝ごと持ち帰ります。
体をつかむと、幼虫の気門に人間の手の脂分などが付着して
育っていけなくなることもありますので、絶対にやめましょう。
どんなにかわいくても体をつかんだり、撫でたりはよくないです。
(手につたわせて、観察するのはOKでした!)


飼育ポイント【1】

※←他のアゲハ幼虫のかじったあとスレスレにタマゴが生んであります

黄色くまんまるの小さなタマゴを見つけたひとは…
(アゲハは葉の裏側に一粒ずつ、産み付けていきます、
1ヵ所にまとめてドッサリ産んであるのは違いますよ)

虫かごで育てると隙間から小さな幼虫は出て行ってしまいます。
虫かごの上部をたくさん穴を開けた(←空気穴)ラップで覆い、
フタ(普通は 隙間のあるアミ状のフタですね)をかぶせます。
隙間から出て行かない大きさに育つまではこの方法がよいでしょう。

飼育ポイント【2】

食草がしおれないように、と水を入れたコップやビンに入れて
幼虫を飼うと水の中に落ちてしまう幼虫がいるんです!
必ず脱脂綿やラップなどでカバーして水面が出ないようにしよう。
水に一度でも落ちた子はすぐに発見して救っても死んでしまうんです。
幼虫にとっては危険がいっぱいです。せめて家で飼われる幼虫だけは
危険な目にあわせないように気遣ってあげましょう。

私は、ミカンやサンショウの枝の切り口を、
水をたっぷり吸わせた脱脂綿(カット綿)でくるんで
そこを小さく切ったラップで包み、輪ゴムで止めて
おイモ達に与えていました。
葉がなくなるまで しおれないまま新鮮でした。


1993年〜管理人の母がこうやって育てていました

現在は、マスカットとか買ったとき付いてる、
小さな水筒みたいなのがありますよね(根元に水分供給の為に付けてある)
あれを取っておいて、みかんの枝をさして使っています。
あのミニ水筒が一番清潔で新鮮さを保てると思います

☆次のページへ⇒


前のページに戻る


Copyright (C) 2002-2014 ききょう咲く 花の里 All Rights Reserved.