見出し

主催コンジャクより謝辞

机上展3、凄まじいイレギュラーを内包して何とか開催いたしました。
「パンフが無い」という状態で開場せねばならないために不規則な手法が多かったのですが、参加者の皆様に多大なるご協力をいただいて閉場までこぎつけました。
ご協力大変ありがとうございました。

特殊紙販売、物々交換所、ともに予想以上に多くの方に利用いただきました。
「机使う何かしないと机が出せなくて荷物置き場と更衣室が確保できない」
という必要に迫られた事情でひねり出された催事内企画でしたが、企画自体にも意義が生まれて良かったです。
ものすごい大量のプレゼント出品をしてくださった方もおり、とてもありがたい事でした。

「今まで20年以上開催され続けてきた帯広イベントが無くなる」のが惜しくて、同人活動を辞めた人間が出しゃばって次の主催のための猶予期間として一年限定で起ち上げたイベントでしたが、最終回まで新たな主催のお話しはいただけませんでした。
一度消えたものを復活させるのは続けることよりもずっと大変です。
ここで途切れてしまうのが惜しいのですが、今後どなたかが主催される日は来るかもしれません。
それを知る機会さえ狭められてしまいますが、もし開催を知ったら皆様どうか参加してほしく願います。