鹿児島総合車両所 475,457系

鹿児島総合車両所の475,457系は、日豊本線大分ー鹿児島間と鹿児島本線川内ー鹿児島間、宮崎空港線で運用されています。
宮崎では、朝夕に数運用あります。
国鉄時代は、「日南」「かいもん」「錦江」「ゆのか」「ぎんなん」「玄海」「つくし」などの急行列車で活躍し、交直流の機器を生かして名古屋まで行く列車もありました。
急行運用廃止後は、普通電車として南九州、北陸を走っていますが 鹿児島の475は03年10月改正、2004年3月改正で何編成も保留車になりました。
この中には、GK37編成のクハ455-401やGK38編成のクハ455-603など特徴のある改造クハがいました。
現在も残った編成に改造クハがいます。
2005年10月改正では、大分と鹿児島の急行型電車運用が一本化され、大分にいた457系が2編成(Jk9,15)鹿児島に転入しました。
それにより国鉄色編成を含む475系、457系Jk2編成も大分まで乗り入れるようになり、佐土原ー大分間では久しぶりの鹿児島車運用復活となりました。
デビューから40年近くを経た475,457系ですが、これからも頑張ってほしいものです。

475系
GK5編成(クモハ475,モハ474-5+クハ455-16) ※2000年国鉄色リバイバル編成!

GK20編成(クモハ475,モハ474-20+クハ455-8)

GK24編成(クモハ475,モハ474-24+クハ455-602) ※サロ改造クハ組み込み編成

GK29編成(クモハ475,モハ474-29+クハ455-22)

GK30編成(クモハ475,モハ474-30+クハ455-25)

GK31編成(クモハ475,モハ474-31+クハ455-604)※サロ改造、座席そのまんま(リクライニング撤去)クハ組み込み!

GK35編成(クモハ475,モハ474-35+クハ455-24)

GK36編成(クモハ475,モハ474-36+クハ455-605)※サロ改造クハ組み込み!

Jk2編成(クモハ457-2+モハ456-2+クハ455-301)※直流急行型改造クハ組み込み!

Jk9編成(クモハ457,モハ456-9+クハ455-70)※本カコ唯一のデカ目車!2005年10月、大分から転属の上方転。

Jk15編成(クモハ457,モハ456-15+クハ455-403)※改造クハ込み、2005年10月改正で大分から転入。
退役車両
GK9編成(クモハ475,モハ474-9+クハ455-607)※サロ165改造クハ組み込み!03年10月改正で運用落ち。

GK27編成(クモハ475,モハ474-27+クハ455-501)※サハ165改造クハ組み込み!2004年3月改正で運用落ち、9月初頭に鹿総車に入場、塗装の手直しがなされた上大分に貸し出され、2005年3月改正の運用見直しにより、再び保留車へ。(現在大分留置)