お茶の水女子大学 徽音祭2008 公式ホームページ
徽音祭とは 企画紹介 特集   昨年の様子 アクセス リンク 企業の方へ


 著名人3名による夢の対談!
「わたしはこう生き、こう書いている」

  お茶大の人気教授・土屋賢二先生と、『東京ラブストーリー』の作者・柴門ふみさん、
  『センセイの鞄』等で知られる川上弘美さんをお招きし、徽音祭での3名による夢の
  対談が実現しました

  「女性の生き方」というテーマを軸としながら、学生時代のお話も交えつつ恋愛観や
  結婚観、3名に共通している表現者としての立場からの仕事観等幅広く対談していた
  だく予定です。


  開催日時:2008年11月8日(土)
       開場12:00〜/講演13:00〜14:30
  場所:共通講義棟2号館 201教室

  
入場無料
※当日整理券配布!
配布場所: 8日(土)11:30〜 共通講義棟2号館201教室前

PROFILE
 
Name: 土屋賢二[Kenji Tsuchiya]
  東京大学 文学部哲学科卒業
  現在、お茶の水女子大学 文教育学部 人文科学科教授

Birthday: 1944年11月26日 岡山県生まれ
Hobby: ジャズピアノ
HP:
http://www008.upp.so-net.ne.jp/kenji/

“笑う哲学者”というあだ名をもつユーモアな教授。
数多くのエッセイを出版している。
主な著作は 『われ笑う、ゆえにわれあり』 『哲学者かく笑えり』、
哲学論文集『猫とロボットとモーツァルト』、対談集『ツチケンモモコラーゲン』など。
PROFILE
 
Name: 柴門ふみ[Humi Saimon]
  お茶の水女子大学 文教育学部 哲学科卒業
Birthday: 1957年1月19日 徳島県生まれ

女性に人気の恋愛漫画家・エッセイスト。
1979年、少年マガジン増刊号『クモ男フンばる!』で漫画家デビュー。
『P.S.元気です、俊平』で人気作家に。
漫画 『東京ラブストーリー』のドラマ化は大ヒットを生み、
エッセイ『恋愛論』 は恋愛の教科書と絶賛された。
PROFILE
 
Name: 川上弘美[Hiromi Kawakami]
  お茶の水女子大学 理学部 生物学科卒業

Birthday: 1958年4月1日 東京都生まれ

独特の表現を用いる小説家。
『蛇を踏む』で芥川賞を受賞して以来、数々の賞を受賞している。
中でも『センセイの鞄』はベストセラーになり、WOWOWでドラマ化された。
その他代表作として、 『溺レる』 『真鶴(まなづる)』等がある。
2008年4月より、新書『風花(かざはな)』出版中。



                                 


〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-1
お茶の水女子大学 学生会館内 徽音祭実行委員会室
TEL:03-3943-3418 (12:15〜13:15の時間帯ですと委員が在室しています。)
Copyright 2008 第59回徽音祭実行委員会 - All Rights Reserved