第47回吉祥寺寄席「夏は怪談!琵琶「耳なし芳一」と落語「皿屋敷」」

落語: 桂春雨 春風亭朝也 春風亭一猿
ゲストコーナー: 水藤桜子「錦琵琶で語る耳なし芳一」

今回の吉祥寺寄席は、夏らしく怪談特集ですが、怪談と言っても、 そこは吉祥寺寄席らしく、琵琶の演奏による「耳なし芳一」と落語の「皿屋敷」 他です。

ゲストは、琵琶演奏家で、錦琵琶宗家の水藤桜子さんです。
女流琵琶演奏家の声にふさわしい柔らかなで繊細な琵琶の音色を 昭和初期に探求されて、琵琶界の一線で大変な人気を集められた先々代の 宗家水藤錦穣さんによって作曲された「耳なし芳一」を演奏してくださいます。


落語は、桂春雨さんと、春風亭朝也さん、春風亭一猿さんです。
桂春雨さんは、上方落語四天王の故三代目桂春団治さんのお弟子さんです。
元々東京のご出身ですが、春団治さんの美しい落語に惚れ込んで、 はるばると上方の春団治さんに入門されました。

今では師匠譲りの上品な落語に加え、 東京では谷崎潤一郎の小説「細雪」で知られている船場言葉にも馴染まれ、 多くの上方落語家さんに稽古をつけていらっしゃいます。
今回は、師匠の春団治さんが得意とされた、姫路(播州)を舞台とする「皿屋敷」 を演じてくださいます。
上方落語らしく太鼓や弦、笛などのはめものの演奏も入る予定です。

春風亭朝也さんは、NHK新人落語大賞を受賞され、来年春の真打ち昇進も決ま り、一層風格も感じられるようになってきました。

前座は、吉祥寺寄席5代目若旦那役のスタッフだった春風亭一猿さんです。
まだまだ新米ですが、精進を重ねて、よい落語家さんになっていただきたいと願 います。

今回の吉祥寺寄席は、上記の方々の出演を得て、
怪談で夏の一夜を涼しく楽しみます。

日時: 2016年7月20日(水)19:30-21:30前後
出演: 落語: 桂春雨 春風亭朝也 春風亭一猿
  ゲストコーナー: 水藤桜子「錦琵琶で語る耳なし芳一」
会場: 光専寺
(サンロード突き当たりを左に曲がり数軒目。吉祥寺本町1-10-21 吉祥寺駅徒歩5分。 )
会費: 1800円 要予約


クリックで拡大します。
席数が限られていますので、お早めにご予約くださいませ。
ご予約はこちら
電話 080-5000-8874
メール kichijojiyose@gmail.com



地元吉祥寺に毎月開かれる落語会がないのが寂しくて2006年2月に「吉祥寺寄席」を始めました。
普段は落語になじみのない、お勤め帰りの人や近所のご夫婦などが気軽に寄って、毎月楽しみつつ好奇心を満たしてもらえるような会を目指しています。

実力派の落語家さんによる落語と、虚無僧尺八やお囃子、文楽の方、紙飛行機全日本チャンピオンなど普段接する機会の少ない世界のゲストによるコーナーの二部構成が吉祥寺寄席の特色です。まんべんなく楽しんでいただけるように毎回工夫を重ねています。席数が限られているので、お越しの際はできるだけご予約ください。吉祥寺近辺の皆さまのお越しをお待ちしています。



当サイトで提供される全ての情報に関する権利及び文章、画像などの著作権並びに肖像権は全て「吉祥寺寄席」および、出演者に帰属するものとします